Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

草刈民代


千秋_(タレント)


村上虹郎


南野陽子


岸部四郎


岸部一徳


りんごちゃん_(ものまねタレント)


道端カレン


>>もっと見る

美川憲一 コロッケ

みかわ けんいち
美川憲一
美川 憲一(みかわ けんいち、1946年5月15日 - )は、日本の歌手、俳優、タレントである。本名は百瀬 由一(ももせ よしかず)。長野県諏訪市出身。血液型はA型。独身。



ものまねブームのさなか、ものまねタレントの第一人者であるコロッケによる美川のマネがうけ、1989年正月に放送された『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』でコロッケと初共演 これは曲の途中でサプライズで登場する「ご本人登場」の第1号であった。
この時の出演が大反響を呼び、人気が復活する契機となった。
なお、コロッケによる美川のものまねは、美川からコロッケに依頼したものであった。
なお、当時はまだ歌手が気軽にバラエティ番組に出る時代ではなく、本人も最初は「何でそんな所に出なきゃいけないのよ」という気持ちだったが、「ひょっとしたら化けるかも」と思い直して出ることにしたという 1990年、ちあきなおみと共演した金鳥「タンスにゴン」のCM中の「もっと端っこ歩きなさいよ」というセリフが話題となった。
そして、1991年『第42回NHK紅白歌合戦』で17年ぶりの再出場を果たし、コロッケとのデュエットで「さそり座の女」を披露した。
当時は奇跡のカムバックとして話題になり、さらに同年の第28回ゴールデン・アロー賞で特別賞を受賞し、『てんで話にならないわ』を歌唱した。
宮沢りえと貴花田の婚約破棄について、後年りえの母で所属事務所「エム・ツー企画」の代表取締役・宮沢光子に依頼され、貴花田との婚約を解消するようりえ本人に電話で説得したという 光子を懇意にしていた美川は光子から「りえが女将としてやっていけるとは思えない」と聞き、りえに対して「あんたは背負ってるものが重すぎる。
あんたも母一人子一人 私も2人の母(生みの母と育ての母)を背負ってきた。
そういう家庭に生まれたらしょうがない、運命だから おかみさんになったら、お母さんどうするの?ずっと面倒みていかないといけないのよ」と説得した。
コロッケには恩義を抱く。
コロッケが、2度の逮捕で業界を干されていた自身の再起の機会を、作ったからである。
美川本人も「どん底から自分を復活させてくれたコロッケには感謝している」と度々発言している。
大変仲が良く、その後も度々全国でジョイントコンサートを開催し、コロッケへ豪華なステージ衣装をプレゼントしている。
淡谷のり子については「身内のように可愛がってくれた」と話す。
前述の大麻の裁判の件で減刑の嘆願書を書いてくれたほどでもあり、何より前述の『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』への出演を決意したのは、淡谷が同番組で審査員として出演していたのが決め手でもあった。
17年ぶりの復帰。
後半コロッケとデュエット。
衣装は白色で金色の刺繍が施されている。
冠は赤色と金色。
2015年10月はコロッケと出演、2017年8月にも出演。
2018年、骨折を経験してから約一ヶ月後となる3月に車椅子で出演。
また8月にも出演し「愛の讃歌」を歌唱した。
2023/3/17(金)
ものまねブームのさなか、ものまねタレントの第一人者であるコロッケによる美川のマネがうけ、1989年正月に放送された『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』でコロッケと初共演 これは曲の途中でサプライズで登場する「ご本人登場」の第1号であった この時の出演が大反響を呼び、人気が復活する契機となった なお、コロッケによる美川のものまねは、美川からコロッケに依頼したものであった なお、当時はまだ歌手が気軽にバラエティ番組に出る時代ではなく、本人も最初は「何でそんな所に出なきゃいけないのよ」という気持ちだったが、「ひょっとしたら化けるかも」と思い直して出ることにしたという 1990年、ちあきなおみと共演した金鳥「タンスにゴン」のCM中の「もっと端っこ歩きなさいよ」というセリフが話題となった そして、1991年『第42回NHK紅白歌合戦』で17年ぶりの再出場を果たし、コロッケとのデュエットで「さそり座の女」を披露した 当時は奇跡のカムバックとして話題になり、さらに同年の第28回ゴールデン・アロー賞で特別賞を受賞し、『てんで話にならないわ』を歌唱した。

宮沢りえと貴花田の婚約破棄について、後年りえの母で所属事務所「エム・ツー企画」の代表取締役・宮沢光子に依頼され、貴花田との婚約を解消するようりえ本人に電話で説得したという 光子を懇意にしていた美川は光子から「りえが女将としてやっていけるとは思えない」と聞き、りえに対して「あんたは背負ってるものが重すぎる あんたも母一人子一人 私も2人の母(生みの母と育ての母)を背負ってきた そういう家庭に生まれたらしょうがない、運命だから おかみさんになったら、お母さんどうするの?ずっと面倒みていかないといけないのよ」と説得した。
コロッケには恩義を抱く。コロッケが、2度の逮捕で業界を干されていた自身の再起の機会を、作ったからである。美川本人も「どん底から自分を復活させてくれたコロッケには感謝している」と度々発言している。大変仲が良く、その後も度々全国でジョイントコンサートを開催し、コロッケへ豪華なステージ衣装をプレゼントしている。
淡谷のり子については「身内のように可愛がってくれた」と話す。前述の大麻の裁判の件で減刑の嘆願書を書いてくれたほどでもあり、何より前述の『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』への出演を決意したのは、淡谷が同番組で審査員として出演していたのが決め手でもあった。
17年ぶりの復帰。後半コロッケとデュエット。衣装は白色で金色の刺繍が施されている。冠は赤色と金色。

2015年10月はコロッケと出演、2017年8月にも出演。
2018年、骨折を経験してから約一ヶ月後となる3月に車椅子で出演。また8月にも出演し「愛の讃歌」を歌唱した。
ものまねブームのさなか、ものまねタレントの第一人者であるコロッケによる美川のマネがうけ、1989年正月に放送された『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』でコロッケと初共演 これは曲の途中でサプライズで登場する「ご本人登場」の第1号であった この時の出演が大反響を呼び、人気が復活する契機となった なお、コロッケによる美川のものまねは、美川からコロッケに依頼したものであった なお、当時はまだ歌手が気軽にバラエティ番組に出る時代ではなく、本人も最初は「何でそんな所に出なきゃいけないのよ」という気持ちだったが、「ひょっとしたら化けるかも」と思い直して出ることにしたという 1990年、ちあきなおみと共演した金鳥「タンスにゴン」のCM中の「もっと端っこ歩きなさいよ」というセリフが話題となった そして、1991年『第42回NHK紅白歌合戦』で17年ぶりの再出場を果たし、コロッケとのデュエットで「さそり座の女」を披露した 当時は奇跡のカムバックとして話題になり、さらに同年の第28回ゴールデン・アロー賞で特別賞を受賞し、『てんで話にならないわ』を歌唱した。

宮沢りえと貴花田の婚約破棄について、後年りえの母で所属事務所「エム・ツー企画」の代表取締役・宮沢光子に依頼され、貴花田との婚約を解消するようりえ本人に電話で説得したという 光子を懇意にしていた美川は光子から「りえが女将としてやっていけるとは思えない」と聞き、りえに対して「あんたは背負ってるものが重すぎる あんたも母一人子一人 私も2人の母(生みの母と育ての母)を背負ってきた そういう家庭に生まれたらしょうがない、運命だから おかみさんになったら、お母さんどうするの?ずっと面倒みていかないといけないのよ」と説得した。
コロッケには恩義を抱く。コロッケが、2度の逮捕で業界を干されていた自身の再起の機会を、作ったからである。美川本人も「どん底から自分を復活させてくれたコロッケには感謝している」と度々発言している。大変仲が良く、その後も度々全国でジョイントコンサートを開催し、コロッケへ豪華なステージ衣装をプレゼントしている。
淡谷のり子については「身内のように可愛がってくれた」と話す。前述の大麻の裁判の件で減刑の嘆願書を書いてくれたほどでもあり、何より前述の『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』への出演を決意したのは、淡谷が同番組で審査員として出演していたのが決め手でもあった。
17年ぶりの復帰。後半コロッケとデュエット。衣装は白色で金色の刺繍が施されている。冠は赤色と金色。

2015年10月はコロッケと出演、2017年8月にも出演。
2018年、骨折を経験してから約一ヶ月後となる3月に車椅子で出演。また8月にも出演し「愛の讃歌」を歌唱した。
ものまねブームのさなか、ものまねタレントの第一人者であるコロッケによる美川のマネがうけ、1989年正月に放送された『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』でコロッケと初共演 これは曲の途中でサプライズで登場する「ご本人登場」の第1号であった この時の出演が大反響を呼び、人気が復活する契機となった なお、コロッケによる美川のものまねは、美川からコロッケに依頼したものであった なお、当時はまだ歌手が気軽にバラエティ番組に出る時代ではなく、本人も最初は「何でそんな所に出なきゃいけないのよ」という気持ちだったが、「ひょっとしたら化けるかも」と思い直して出ることにしたという 1990年、ちあきなおみと共演した金鳥「タンスにゴン」のCM中の「もっと端っこ歩きなさいよ」というセリフが話題となった そして、1991年『第42回NHK紅白歌合戦』で17年ぶりの再出場を果たし、コロッケとのデュエットで「さそり座の女」を披露した 当時は奇跡のカムバックとして話題になり、さらに同年の第28回ゴールデン・アロー賞で特別賞を受賞し、『てんで話にならないわ』を歌唱した。

宮沢りえと貴花田の婚約破棄について、後年りえの母で所属事務所「エム・ツー企画」の代表取締役・宮沢光子に依頼され、貴花田との婚約を解消するようりえ本人に電話で説得したという 光子を懇意にしていた美川は光子から「りえが女将としてやっていけるとは思えない」と聞き、りえに対して「あんたは背負ってるものが重すぎる あんたも母一人子一人 私も2人の母(生みの母と育ての母)を背負ってきた そういう家庭に生まれたらしょうがない、運命だから おかみさんになったら、お母さんどうするの?ずっと面倒みていかないといけないのよ」と説得した。
コロッケには恩義を抱く。コロッケが、2度の逮捕で業界を干されていた自身の再起の機会を、作ったからである。美川本人も「どん底から自分を復活させてくれたコロッケには感謝している」と度々発言している。大変仲が良く、その後も度々全国でジョイントコンサートを開催し、コロッケへ豪華なステージ衣装をプレゼントしている。
淡谷のり子については「身内のように可愛がってくれた」と話す。前述の大麻の裁判の件で減刑の嘆願書を書いてくれたほどでもあり、何より前述の『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!!』への出演を決意したのは、淡谷が同番組で審査員として出演していたのが決め手でもあった。
17年ぶりの復帰。後半コロッケとデュエット。衣装は白色で金色の刺繍が施されている。冠は赤色と金色。

2015年10月はコロッケと出演、2017年8月にも出演。
2018年、骨折を経験してから約一ヶ月後となる3月に車椅子で出演。また8月にも出演し「愛の讃歌」を歌唱した。
美川憲一のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
美川憲一 アイドルグループ
美川憲一 ジーユー
美川憲一 サンパウロ
美川憲一 アームストロング
美川憲一 美空ひばり
美川憲一 うつみ宮土理 須永慶 吉野寿雄
美川憲一 渥美二郎
美川憲一 淡谷のり子
美川憲一 第19回NHK紅白歌合戦
美川憲一 長崎ランタンフェスティバル
美川憲一のつながりをもっと見る