Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

上戸彩


アントニオ猪木


新山千春


藤崎奈々子


朝倉未来


水道橋博士


田中裕二_(お笑い芸人)


HIKAKIN


>>もっと見る

UNICORN ユニコーン

ユニコーン
UNICORN
UNICORN(ユニコーン)は、日本のロックバンド。1986年に広島県広島市にて結成し、1987年、アルバム『BOOM』でデビュー。1993年に解散。2009年に再結成し活動を再開した。



1986年に広島県広島市にて結成。
バンド名は、イギリスのロックバンドT・レックスのアルバム『ユニコーン』に由来している。
1993年、アルバム「スプリングマン」レコーディング中に、音楽的姿勢の相違を理由に脱退。
2009年、ユニコーン再結成発表にてバンドメンバーに復帰。
上記は基本編成であり、レコーディングやライブでは各メンバーが状況に応じてさまざまな楽器を担当している。
1986年3月、川西、手島が中心となって「ユニコーン」を結成。
手島が、ライブハウスの演奏で目をつけていたEBI(堀内)を勧誘し加入。
2度の勧誘を経て最後に奥田が加入。
12月、CBSソニーオーディション決勝にて合格。
1987年10月21日、1stアルバム『BOOM』でデビュー。
1990年、4thアルバム『ケダモノの嵐』が第32回日本レコード大賞アルバム賞を受賞する。
1991年8月23日、 EBIがアルバム「MUSE`E」でソロデビュー 10月22日、ユニコーンでは最長のツアー「舞監無き戦い」ツアー開始(1992年3月19日まで)。
1992年 8月から10月にかけて、EBI、奥田、阿部、川西(西川)、手島の順で5人がそれぞれソロシングルをリリース。
阿部、誕生40周年記念ツアー「阿部義晴音楽祭〜仲間とノリノリ40祭〜」開催。
ゲスト出演の奥田民生と、川西が在籍していたジェット機らが、アンコールセッションではユニコーンの楽曲を披露。
2007年7月15日、 ユニコーン時代からのスタッフ(通称:Jメン)の結婚パーティーの余興では、川西を除いたメンバー4人が揃って数曲を演奏(川西は仕事のため披露宴欠席、ドラムは川西脱退後のライヴと同様、古田たかしが担当)。
12月、阿部がイベントでの共演などから、『今現在の自分たちでやるユニコーンで曲をつくるのはどうか?』と感じたことで、川西に「5人での新曲作り」をもちかけたことにより承諾 以前より再結成に関しては、阿部は『過去にとらわれるのは嫌だ 』、川西は『"一夜限り"とか記念ごとでの再結成はしたくない 』等、インタビューで答えていた。
2008年1月、阿部の提案により、当時のスタッフを含めたメンバー5人による新年会を開き、全員が再結成を快諾した。
5月、一部の関係者以外には完全シークレットによる新曲のレコーディングを開始。
実際には12月末の公式サイト告知までマスコミにバレることはなかった。
バンドを止めサラリーマンとなった川西だったが、当時奥田の所属していたバンド「READY!」の解散ライヴのサポートドラマーを頼まれ参加 バンド熱が戻った川西は新たなバンドを結成すべく手島に声をかけたが「サラリーマンと組む気は無い」と言われたため脱サラし、勧誘に成功した。
次に手島が目をつけていたベーシスト堀内(EBI)を勧誘。
実は川西、手島の大学の後輩だった。
READY!を解散した奥田は、友人のベーシストである山中真一と新たなバンドを作ることを約束していた。
そのため、川西からの最初のオファーを断ったのだが、山中が勝手に別のバンド(後のレプリカ)をやり始めたため、2度目のオファーでユニコーンへの加入を決意した。
その後のロックバンド、ミュージシャンに与えた影響は大きく、ゆず、角川書店、2009年6月、199頁や小渕健太郎、ASIAN KUNG-FU GENERATION、2009年5月号、FACT、28-31頁、BEAT CRUSADERS、角川書店、2009年6月、153頁、Janne Da Arc、レミオロメン、角川書店、2009年6月、58-61頁、SEAMO、志村正彦(フジファブリック)、和田唱(TRICERATOPS)、おのまきこ(花*花)、キンモクセイ、aiko、THE BACK HORN、スキマスイッチ、角川書店、2009年6月、54-57、134-139頁、MONGOL800、マキシマムザホルモン、ファンキー加藤(FUNKY MONKEY BABYS)、POLYSICS、DOES、髭(HiGE)、SPECIAL OTHERS、monobright、アナログフィッシュ、西村晋弥(元シュノーケル)、チャットモンチー、角川書店、2009年6月、204頁、サカナクション、リヴァース・クオモ(スコット&リバース)、OKAMOTO'S等、近年活躍している多くのミュージシャンがその影響を公言している。
Mr.Childrenの桜井和寿は、アマチュア時代(THE WALLS)にCBSソニーのオーディションを受けた時、ゲストで出演したユニコーンを観て「ああ、俺ら今みたいなことやってたら、売れないんだなぁ」と「ユニコーンの"華"を自分なりに研究した」「それまでの暗い音楽から、明るい音楽に方向転換した」等、特にアレンジ面で大きな影響を受けた話している、角川書店、2004年10月、119頁。
Yahoo!のではメンバーはユニコーンを存続させる旨の発言をしている。
テレビ朝日「ドスペ2・復活記念特番 蘇えるユニコーン」(2月15日放送)では「もはや解散なんてことはないと思う やったりやらなかったりしていいわけだから(奥田)」との発言があり、また、フジテレビ「僕らの音楽」2009年2月20日放送分では「誰かが『やってくれ』といったらやる(奥田)」とも発言している。
これらの発言から、今後は各々のソロ活動と並行してユニコーンとしての活動を行っていくものと思われる。
新たに完成したMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に1年間限定で「ユニコーーーーーーン」とかかれた40メートルの巨大看板を設置、それに伴って4月26日の広島対阪神戦にてユニコーンのメンバーが始球式をすることが決定。
広島東洋カープ公式サイト 2009年4月1日 始球式をEBIが担当したが、EBIの投げたボールが当時、腰痛であった阪神・赤星憲広の腰に直撃、EBI・奥田が謝罪するという事態となった。
JUN SKY WALKER(S) - メンバー同士が仲が良く音楽誌で度々合同取材を行ったり、プライベートでも良く遊んだ。
井上陽水 - 陽水の長男がユニコーンの大ファンであり、陽水の長男が聴いていた『雪が降る町』を気に入った事から、奥田と陽水の交流が始まった。
ダウンタウン - 『夢で逢えたら』など、ダウンタウンの番組にたびたび出演。
奥田とは現在も交友があり、1997年には浜田雅功に「春はまだか」を提供している。
2016/5/17(火)
1986年に広島県広島市にて結成。バンド名は、イギリスのロックバンドT・レックスのアルバム『ユニコーン』に由来している。

1993年、アルバム「スプリングマン」レコーディング中に、音楽的姿勢の相違を理由に脱退。2009年、ユニコーン再結成発表にてバンドメンバーに復帰。
上記は基本編成であり、レコーディングやライブでは各メンバーが状況に応じてさまざまな楽器を担当している。
1986年3月、川西、手島が中心となって「ユニコーン」を結成。手島が、ライブハウスの演奏で目をつけていたEBI(堀内)を勧誘し加入。2度の勧誘を経て最後に奥田が加入。12月、CBSソニーオーディション決勝にて合格。
 1987年10月21日、1stアルバム『BOOM』でデビュー。
1990年、4thアルバム『ケダモノの嵐』が第32回日本レコード大賞アルバム賞を受賞する。
1991年8月23日、 EBIがアルバム「MUSE`E」でソロデビュー 10月22日、ユニコーンでは最長のツアー「舞監無き戦い」ツアー開始(1992年3月19日まで)。
 1992年 8月から10月にかけて、EBI、奥田、阿部、川西(西川)、手島の順で5人がそれぞれソロシングルをリリース。
阿部、誕生40周年記念ツアー「阿部義晴音楽祭〜仲間とノリノリ40祭〜」開催。ゲスト出演の奥田民生と、川西が在籍していたジェット機らが、アンコールセッションではユニコーンの楽曲を披露。
2007年7月15日、 ユニコーン時代からのスタッフ(通称:Jメン)の結婚パーティーの余興では、川西を除いたメンバー4人が揃って数曲を演奏(川西は仕事のため披露宴欠席、ドラムは川西脱退後のライヴと同様、古田たかしが担当)。12月、阿部がイベントでの共演などから、『今現在の自分たちでやるユニコーンで曲をつくるのはどうか?』と感じたことで、川西に「5人での新曲作り」をもちかけたことにより承諾 以前より再結成に関しては、阿部は『過去にとらわれるのは嫌だ 』、川西は『一夜限りとか記念ごとでの再結成はしたくない 』等、インタビューで答えていた。
 2008年1月、阿部の提案により、当時のスタッフを含めたメンバー5人による新年会を開き、全員が再結成を快諾した。5月、一部の関係者以外には完全シークレットによる新曲のレコーディングを開始。実際には12月末の公式サイト告知までマスコミにバレることはなかった。
バンドを止めサラリーマンとなった川西だったが、当時奥田の所属していたバンド「READY!」の解散ライヴのサポートドラマーを頼まれ参加 バンド熱が戻った川西は新たなバンドを結成すべく手島に声をかけたが「サラリーマンと組む気は無い」と言われたため脱サラし、勧誘に成功した。次に手島が目をつけていたベーシスト堀内(EBI)を勧誘。実は川西、手島の大学の後輩だった。
READY!を解散した奥田は、友人のベーシストである山中真一と新たなバンドを作ることを約束していた。そのため、川西からの最初のオファーを断ったのだが、山中が勝手に別のバンド(後のレプリカ)をやり始めたため、2度目のオファーでユニコーンへの加入を決意した。

その後のロックバンド、ミュージシャンに与えた影響は大きく、ゆず、角川書店、2009年6月、199頁や小渕健太郎、ASIAN KUNG-FU GENERATION、2009年5月号、FACT、28-31頁、BEAT CRUSADERS、角川書店、2009年6月、153頁、Janne Da Arc、レミオロメン、角川書店、2009年6月、58-61頁、SEAMO、志村正彦(フジファブリック)、和田唱(TRICERATOPS)、おのまきこ(花*花)、キンモクセイ、aiko、THE BACK HORN、スキマスイッチ、角川書店、2009年6月、54-57、134-139頁、MONGOL800、マキシマムザホルモン、ファンキー加藤(FUNKY MONKEY BABYS)、POLYSICS、DOES、髭(HiGE)、SPECIAL OTHERS、monobright、アナログフィッシュ、西村晋弥(元シュノーケル)、チャットモンチー、角川書店、2009年6月、204頁、サカナクション、リヴァース・クオモ(スコット&リバース)、OKAMOTO'S等、近年活躍している多くのミュージシャンがその影響を公言している。Mr.Childrenの桜井和寿は、アマチュア時代(THE WALLS)にCBSソニーのオーディションを受けた時、ゲストで出演したユニコーンを観て「ああ、俺ら今みたいなことやってたら、売れないんだなぁ」と「ユニコーンの華を自分なりに研究した」「それまでの暗い音楽から、明るい音楽に方向転換した」等、特にアレンジ面で大きな影響を受けた話している、角川書店、2004年10月、119頁。

Yahoo!のではメンバーはユニコーンを存続させる旨の発言をしている。テレビ朝日「ドスペ2・復活記念特番 蘇えるユニコーン」(2月15日放送)では「もはや解散なんてことはないと思う やったりやらなかったりしていいわけだから(奥田)」との発言があり、また、フジテレビ「僕らの音楽」2009年2月20日放送分では「誰かが『やってくれ』といったらやる(奥田)」とも発言している。これらの発言から、今後は各々のソロ活動と並行してユニコーンとしての活動を行っていくものと思われる。
新たに完成したMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に1年間限定で「ユニコーーーーーーン」とかかれた40メートルの巨大看板を設置、それに伴って4月26日の広島対阪神戦にてユニコーンのメンバーが始球式をすることが決定。広島東洋カープ公式サイト 2009年4月1日 始球式をEBIが担当したが、EBIの投げたボールが当時、腰痛であった阪神・赤星憲広の腰に直撃、EBI・奥田が謝罪するという事態となった。

JUN SKY WALKER(S) - メンバー同士が仲が良く音楽誌で度々合同取材を行ったり、プライベートでも良く遊んだ。
井上陽水 - 陽水の長男がユニコーンの大ファンであり、陽水の長男が聴いていた『雪が降る町』を気に入った事から、奥田と陽水の交流が始まった。
 ダウンタウン - 『夢で逢えたら』など、ダウンタウンの番組にたびたび出演。奥田とは現在も交友があり、1997年には浜田雅功に「春はまだか」を提供している。
1986年に広島県広島市にて結成。バンド名は、イギリスのロックバンドT・レックスのアルバム『ユニコーン』に由来している。

1993年、アルバム「スプリングマン」レコーディング中に、音楽的姿勢の相違を理由に脱退。2009年、ユニコーン再結成発表にてバンドメンバーに復帰。
上記は基本編成であり、レコーディングやライブでは各メンバーが状況に応じてさまざまな楽器を担当している。
1986年3月、川西、手島が中心となって「ユニコーン」を結成。手島が、ライブハウスの演奏で目をつけていたEBI(堀内)を勧誘し加入。2度の勧誘を経て最後に奥田が加入。12月、CBSソニーオーディション決勝にて合格。
 1987年10月21日、1stアルバム『BOOM』でデビュー。
1990年、4thアルバム『ケダモノの嵐』が第32回日本レコード大賞アルバム賞を受賞する。
1991年8月23日、 EBIがアルバム「MUSE`E」でソロデビュー 10月22日、ユニコーンでは最長のツアー「舞監無き戦い」ツアー開始(1992年3月19日まで)。
 1992年 8月から10月にかけて、EBI、奥田、阿部、川西(西川)、手島の順で5人がそれぞれソロシングルをリリース。
阿部、誕生40周年記念ツアー「阿部義晴音楽祭〜仲間とノリノリ40祭〜」開催。ゲスト出演の奥田民生と、川西が在籍していたジェット機らが、アンコールセッションではユニコーンの楽曲を披露。
2007年7月15日、 ユニコーン時代からのスタッフ(通称:Jメン)の結婚パーティーの余興では、川西を除いたメンバー4人が揃って数曲を演奏(川西は仕事のため披露宴欠席、ドラムは川西脱退後のライヴと同様、古田たかしが担当)。12月、阿部がイベントでの共演などから、『今現在の自分たちでやるユニコーンで曲をつくるのはどうか?』と感じたことで、川西に「5人での新曲作り」をもちかけたことにより承諾 以前より再結成に関しては、阿部は『過去にとらわれるのは嫌だ 』、川西は『一夜限りとか記念ごとでの再結成はしたくない 』等、インタビューで答えていた。
 2008年1月、阿部の提案により、当時のスタッフを含めたメンバー5人による新年会を開き、全員が再結成を快諾した。5月、一部の関係者以外には完全シークレットによる新曲のレコーディングを開始。実際には12月末の公式サイト告知までマスコミにバレることはなかった。
バンドを止めサラリーマンとなった川西だったが、当時奥田の所属していたバンド「READY!」の解散ライヴのサポートドラマーを頼まれ参加 バンド熱が戻った川西は新たなバンドを結成すべく手島に声をかけたが「サラリーマンと組む気は無い」と言われたため脱サラし、勧誘に成功した。次に手島が目をつけていたベーシスト堀内(EBI)を勧誘。実は川西、手島の大学の後輩だった。
READY!を解散した奥田は、友人のベーシストである山中真一と新たなバンドを作ることを約束していた。そのため、川西からの最初のオファーを断ったのだが、山中が勝手に別のバンド(後のレプリカ)をやり始めたため、2度目のオファーでユニコーンへの加入を決意した。

その後のロックバンド、ミュージシャンに与えた影響は大きく、ゆず、角川書店、2009年6月、199頁や小渕健太郎、ASIAN KUNG-FU GENERATION、2009年5月号、FACT、28-31頁、BEAT CRUSADERS、角川書店、2009年6月、153頁、Janne Da Arc、レミオロメン、角川書店、2009年6月、58-61頁、SEAMO、志村正彦(フジファブリック)、和田唱(TRICERATOPS)、おのまきこ(花*花)、キンモクセイ、aiko、THE BACK HORN、スキマスイッチ、角川書店、2009年6月、54-57、134-139頁、MONGOL800、マキシマムザホルモン、ファンキー加藤(FUNKY MONKEY BABYS)、POLYSICS、DOES、髭(HiGE)、SPECIAL OTHERS、monobright、アナログフィッシュ、西村晋弥(元シュノーケル)、チャットモンチー、角川書店、2009年6月、204頁、サカナクション、リヴァース・クオモ(スコット&リバース)、OKAMOTO'S等、近年活躍している多くのミュージシャンがその影響を公言している。Mr.Childrenの桜井和寿は、アマチュア時代(THE WALLS)にCBSソニーのオーディションを受けた時、ゲストで出演したユニコーンを観て「ああ、俺ら今みたいなことやってたら、売れないんだなぁ」と「ユニコーンの華を自分なりに研究した」「それまでの暗い音楽から、明るい音楽に方向転換した」等、特にアレンジ面で大きな影響を受けた話している、角川書店、2004年10月、119頁。

Yahoo!のではメンバーはユニコーンを存続させる旨の発言をしている。テレビ朝日「ドスペ2・復活記念特番 蘇えるユニコーン」(2月15日放送)では「もはや解散なんてことはないと思う やったりやらなかったりしていいわけだから(奥田)」との発言があり、また、フジテレビ「僕らの音楽」2009年2月20日放送分では「誰かが『やってくれ』といったらやる(奥田)」とも発言している。これらの発言から、今後は各々のソロ活動と並行してユニコーンとしての活動を行っていくものと思われる。
新たに完成したMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に1年間限定で「ユニコーーーーーーン」とかかれた40メートルの巨大看板を設置、それに伴って4月26日の広島対阪神戦にてユニコーンのメンバーが始球式をすることが決定。広島東洋カープ公式サイト 2009年4月1日 始球式をEBIが担当したが、EBIの投げたボールが当時、腰痛であった阪神・赤星憲広の腰に直撃、EBI・奥田が謝罪するという事態となった。

JUN SKY WALKER(S) - メンバー同士が仲が良く音楽誌で度々合同取材を行ったり、プライベートでも良く遊んだ。
井上陽水 - 陽水の長男がユニコーンの大ファンであり、陽水の長男が聴いていた『雪が降る町』を気に入った事から、奥田と陽水の交流が始まった。
 ダウンタウン - 『夢で逢えたら』など、ダウンタウンの番組にたびたび出演。奥田とは現在も交友があり、1997年には浜田雅功に「春はまだか」を提供している。
1986年に広島県広島市にて結成。バンド名は、イギリスのロックバンドT・レックスのアルバム『ユニコーン』に由来している。

1993年、アルバム「スプリングマン」レコーディング中に、音楽的姿勢の相違を理由に脱退。2009年、ユニコーン再結成発表にてバンドメンバーに復帰。
上記は基本編成であり、レコーディングやライブでは各メンバーが状況に応じてさまざまな楽器を担当している。
1986年3月、川西、手島が中心となって「ユニコーン」を結成。手島が、ライブハウスの演奏で目をつけていたEBI(堀内)を勧誘し加入。2度の勧誘を経て最後に奥田が加入。12月、CBSソニーオーディション決勝にて合格。
 1987年10月21日、1stアルバム『BOOM』でデビュー。
1990年、4thアルバム『ケダモノの嵐』が第32回日本レコード大賞アルバム賞を受賞する。
1991年8月23日、 EBIがアルバム「MUSE`E」でソロデビュー 10月22日、ユニコーンでは最長のツアー「舞監無き戦い」ツアー開始(1992年3月19日まで)。
 1992年 8月から10月にかけて、EBI、奥田、阿部、川西(西川)、手島の順で5人がそれぞれソロシングルをリリース。
阿部、誕生40周年記念ツアー「阿部義晴音楽祭〜仲間とノリノリ40祭〜」開催。ゲスト出演の奥田民生と、川西が在籍していたジェット機らが、アンコールセッションではユニコーンの楽曲を披露。
2007年7月15日、 ユニコーン時代からのスタッフ(通称:Jメン)の結婚パーティーの余興では、川西を除いたメンバー4人が揃って数曲を演奏(川西は仕事のため披露宴欠席、ドラムは川西脱退後のライヴと同様、古田たかしが担当)。12月、阿部がイベントでの共演などから、『今現在の自分たちでやるユニコーンで曲をつくるのはどうか?』と感じたことで、川西に「5人での新曲作り」をもちかけたことにより承諾 以前より再結成に関しては、阿部は『過去にとらわれるのは嫌だ 』、川西は『一夜限りとか記念ごとでの再結成はしたくない 』等、インタビューで答えていた。
 2008年1月、阿部の提案により、当時のスタッフを含めたメンバー5人による新年会を開き、全員が再結成を快諾した。5月、一部の関係者以外には完全シークレットによる新曲のレコーディングを開始。実際には12月末の公式サイト告知までマスコミにバレることはなかった。
バンドを止めサラリーマンとなった川西だったが、当時奥田の所属していたバンド「READY!」の解散ライヴのサポートドラマーを頼まれ参加 バンド熱が戻った川西は新たなバンドを結成すべく手島に声をかけたが「サラリーマンと組む気は無い」と言われたため脱サラし、勧誘に成功した。次に手島が目をつけていたベーシスト堀内(EBI)を勧誘。実は川西、手島の大学の後輩だった。
READY!を解散した奥田は、友人のベーシストである山中真一と新たなバンドを作ることを約束していた。そのため、川西からの最初のオファーを断ったのだが、山中が勝手に別のバンド(後のレプリカ)をやり始めたため、2度目のオファーでユニコーンへの加入を決意した。

その後のロックバンド、ミュージシャンに与えた影響は大きく、ゆず、角川書店、2009年6月、199頁や小渕健太郎、ASIAN KUNG-FU GENERATION、2009年5月号、FACT、28-31頁、BEAT CRUSADERS、角川書店、2009年6月、153頁、Janne Da Arc、レミオロメン、角川書店、2009年6月、58-61頁、SEAMO、志村正彦(フジファブリック)、和田唱(TRICERATOPS)、おのまきこ(花*花)、キンモクセイ、aiko、THE BACK HORN、スキマスイッチ、角川書店、2009年6月、54-57、134-139頁、MONGOL800、マキシマムザホルモン、ファンキー加藤(FUNKY MONKEY BABYS)、POLYSICS、DOES、髭(HiGE)、SPECIAL OTHERS、monobright、アナログフィッシュ、西村晋弥(元シュノーケル)、チャットモンチー、角川書店、2009年6月、204頁、サカナクション、リヴァース・クオモ(スコット&リバース)、OKAMOTO'S等、近年活躍している多くのミュージシャンがその影響を公言している。Mr.Childrenの桜井和寿は、アマチュア時代(THE WALLS)にCBSソニーのオーディションを受けた時、ゲストで出演したユニコーンを観て「ああ、俺ら今みたいなことやってたら、売れないんだなぁ」と「ユニコーンの華を自分なりに研究した」「それまでの暗い音楽から、明るい音楽に方向転換した」等、特にアレンジ面で大きな影響を受けた話している、角川書店、2004年10月、119頁。

Yahoo!のではメンバーはユニコーンを存続させる旨の発言をしている。テレビ朝日「ドスペ2・復活記念特番 蘇えるユニコーン」(2月15日放送)では「もはや解散なんてことはないと思う やったりやらなかったりしていいわけだから(奥田)」との発言があり、また、フジテレビ「僕らの音楽」2009年2月20日放送分では「誰かが『やってくれ』といったらやる(奥田)」とも発言している。これらの発言から、今後は各々のソロ活動と並行してユニコーンとしての活動を行っていくものと思われる。
新たに完成したMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に1年間限定で「ユニコーーーーーーン」とかかれた40メートルの巨大看板を設置、それに伴って4月26日の広島対阪神戦にてユニコーンのメンバーが始球式をすることが決定。広島東洋カープ公式サイト 2009年4月1日 始球式をEBIが担当したが、EBIの投げたボールが当時、腰痛であった阪神・赤星憲広の腰に直撃、EBI・奥田が謝罪するという事態となった。

JUN SKY WALKER(S) - メンバー同士が仲が良く音楽誌で度々合同取材を行ったり、プライベートでも良く遊んだ。
井上陽水 - 陽水の長男がユニコーンの大ファンであり、陽水の長男が聴いていた『雪が降る町』を気に入った事から、奥田と陽水の交流が始まった。
 ダウンタウン - 『夢で逢えたら』など、ダウンタウンの番組にたびたび出演。奥田とは現在も交友があり、1997年には浜田雅功に「春はまだか」を提供している。
UNICORNのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
UNICORN 南極料理人
UNICORN 島根県民会館
UNICORN フェニックスプラザ
UNICORN シャンブル
UNICORN 古田たかし
UNICORN スターな男
UNICORN ABEDON
UNICORN JUN SKY WALKER(S)
UNICORN 奥田民生
UNICORN MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
UNICORNのつながりをもっと見る