Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

上戸彩


アントニオ猪木


新山千春


藤崎奈々子


朝倉未来


水道橋博士


田中裕二_(お笑い芸人)


HIKAKIN


>>もっと見る

千鳥_(お笑いコンビ) 日の丸

ちどり
千鳥_(お笑いコンビ)
千鳥(ちどり)は、吉本興業(東京本部)に所属する大悟とノブからなる日本のお笑いコンビ。2000年7月結成で、NSCにおいて大阪校21期および東京校4期と同期扱い。キャッチフレーズは『岡山の漫才番長』。2人とも岡山県出身。



大悟とノブの嫁同士も仲がよく、お互いの子供が同い年でしかも同じ幼稚園に通っている。
大悟の出身地の北木島は、笠岡市瀬戸内海沖合の笠岡諸島の中では最も広い面積を有する。
漫才中に島の田舎ぶりをネタにすることがあるが、本土である笠岡市内とはややギャップがあり、島独自の文化も多い。
北木島にある大悟の実家には「山本大悟 生誕の地」という看板がある。
大悟が島に帰郷した際はフェリー乗り場に島民が集まり、日の丸の小旗を振りながら大悟を出迎えたこともあった。
笑い飯の2人とはインディーズ時代から親交が深く、共にワッハ上方などでライブを行っていた。
ピン芸人だった大悟は、笑い飯の2人が1日中ボケ合戦を繰り返すのを聴かされ続けノイローゼ気味になり、そのためノブを誘った。
吉本興業のオーディションを受けたのも同時。
しかしなかなかオーディションには受からず金がないからバイトをしていた。
この時期はほとんど4人で暮らしていた。
毎日24時間大喜利を笑い飯がし始めたため大悟もかぶせに必死でノブはツッコミを必死にしていた。
その大喜利の答えを大悟の家の壁に貼っていた。
たこ焼き屋でバイトをしていた大悟に余った冷えたたこ焼きを持って帰ってきてもらいそれを食べるという生活を送っていた。
夜中公園へ行き、お互いが公園の端と端でネタ合わせをし朝になるとお互いのネタを見せ合い評価し合うということをしていた。
これによって2組の漫才のスタイルが確立されていった。
2016/3/11(金)
大悟とノブの嫁同士も仲がよく、お互いの子供が同い年でしかも同じ幼稚園に通っている。
大悟の出身地の北木島は、笠岡市瀬戸内海沖合の笠岡諸島の中では最も広い面積を有する。漫才中に島の田舎ぶりをネタにすることがあるが、本土である笠岡市内とはややギャップがあり、島独自の文化も多い。北木島にある大悟の実家には「山本大悟 生誕の地」という看板がある。大悟が島に帰郷した際はフェリー乗り場に島民が集まり、日の丸の小旗を振りながら大悟を出迎えたこともあった。
 笑い飯の2人とはインディーズ時代から親交が深く、共にワッハ上方などでライブを行っていた。ピン芸人だった大悟は、笑い飯の2人が1日中ボケ合戦を繰り返すのを聴かされ続けノイローゼ気味になり、そのためノブを誘った。吉本興業のオーディションを受けたのも同時。しかしなかなかオーディションには受からず金がないからバイトをしていた。この時期はほとんど4人で暮らしていた。毎日24時間大喜利を笑い飯がし始めたため大悟もかぶせに必死でノブはツッコミを必死にしていた。その大喜利の答えを大悟の家の壁に貼っていた。たこ焼き屋でバイトをしていた大悟に余った冷えたたこ焼きを持って帰ってきてもらいそれを食べるという生活を送っていた。夜中公園へ行き、お互いが公園の端と端でネタ合わせをし朝になるとお互いのネタを見せ合い評価し合うということをしていた。これによって2組の漫才のスタイルが確立されていった。。
大悟とノブの嫁同士も仲がよく、お互いの子供が同い年でしかも同じ幼稚園に通っている。
大悟の出身地の北木島は、笠岡市瀬戸内海沖合の笠岡諸島の中では最も広い面積を有する。漫才中に島の田舎ぶりをネタにすることがあるが、本土である笠岡市内とはややギャップがあり、島独自の文化も多い。北木島にある大悟の実家には「山本大悟 生誕の地」という看板がある。大悟が島に帰郷した際はフェリー乗り場に島民が集まり、日の丸の小旗を振りながら大悟を出迎えたこともあった。
 笑い飯の2人とはインディーズ時代から親交が深く、共にワッハ上方などでライブを行っていた。ピン芸人だった大悟は、笑い飯の2人が1日中ボケ合戦を繰り返すのを聴かされ続けノイローゼ気味になり、そのためノブを誘った。吉本興業のオーディションを受けたのも同時。しかしなかなかオーディションには受からず金がないからバイトをしていた。この時期はほとんど4人で暮らしていた。毎日24時間大喜利を笑い飯がし始めたため大悟もかぶせに必死でノブはツッコミを必死にしていた。その大喜利の答えを大悟の家の壁に貼っていた。たこ焼き屋でバイトをしていた大悟に余った冷えたたこ焼きを持って帰ってきてもらいそれを食べるという生活を送っていた。夜中公園へ行き、お互いが公園の端と端でネタ合わせをし朝になるとお互いのネタを見せ合い評価し合うということをしていた。これによって2組の漫才のスタイルが確立されていった。。
大悟とノブの嫁同士も仲がよく、お互いの子供が同い年でしかも同じ幼稚園に通っている。
大悟の出身地の北木島は、笠岡市瀬戸内海沖合の笠岡諸島の中では最も広い面積を有する。漫才中に島の田舎ぶりをネタにすることがあるが、本土である笠岡市内とはややギャップがあり、島独自の文化も多い。北木島にある大悟の実家には「山本大悟 生誕の地」という看板がある。大悟が島に帰郷した際はフェリー乗り場に島民が集まり、日の丸の小旗を振りながら大悟を出迎えたこともあった。
 笑い飯の2人とはインディーズ時代から親交が深く、共にワッハ上方などでライブを行っていた。ピン芸人だった大悟は、笑い飯の2人が1日中ボケ合戦を繰り返すのを聴かされ続けノイローゼ気味になり、そのためノブを誘った。吉本興業のオーディションを受けたのも同時。しかしなかなかオーディションには受からず金がないからバイトをしていた。この時期はほとんど4人で暮らしていた。毎日24時間大喜利を笑い飯がし始めたため大悟もかぶせに必死でノブはツッコミを必死にしていた。その大喜利の答えを大悟の家の壁に貼っていた。たこ焼き屋でバイトをしていた大悟に余った冷えたたこ焼きを持って帰ってきてもらいそれを食べるという生活を送っていた。夜中公園へ行き、お互いが公園の端と端でネタ合わせをし朝になるとお互いのネタを見せ合い評価し合うということをしていた。これによって2組の漫才のスタイルが確立されていった。。
千鳥_(お笑いコンビ)のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
千鳥_(お笑いコンビ) ざっくりハイタッチ
千鳥_(お笑いコンビ) 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!
千鳥_(お笑いコンビ) THE MANZAI 2011
千鳥_(お笑いコンビ) 今田耕司
千鳥_(お笑いコンビ) 岡山弁
千鳥_(お笑いコンビ) ロンドンハーツ
千鳥_(お笑いコンビ) 東野幸治
千鳥_(お笑いコンビ) 小籔千豊
千鳥_(お笑いコンビ) 東京ダイナマイト ザ・パンチ
千鳥_(お笑いコンビ) プーさん
千鳥_(お笑いコンビ)のつながりをもっと見る