Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

田代まさし 東京高裁

たしろ まさし
田代まさし
田代 まさし(たしろ まさし、1956年(昭和31年)8月31日 - )は日本の元歌手、元タレント、元コメディアン、元司会者、元映画監督、元作詞家、元YouTuber。シャネルズ→ラッツ&スターの元メンバー。2021年12月現在は刑務所にて服役中(懲役受刑者)である(詳細は後述)。



2005年(平成17年)2月7日、東京地裁で開かれた判決公判で懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年3月16日付で東京高裁への控訴を取り下げ刑が確定。
精神的に不安定なため、服役中に睡眠薬や精神安定剤を服用していた。
収監中、田代は障害者や老人、元政治家などが作業する工場で刑務作業に従事していたが、周りに障害者が多かったため与えられた作業が単純なものになってしまい辛かったと語っている。
2011年(平成23年)7月1日、横浜地裁で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収監された。
公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。
2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。
2021/4/24(土)
2005年(平成17年)2月7日、東京地裁で開かれた判決公判で懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年3月16日付で東京高裁への控訴を取り下げ刑が確定。精神的に不安定なため、服役中に睡眠薬や精神安定剤を服用していた。収監中、田代は障害者や老人、元政治家などが作業する工場で刑務作業に従事していたが、周りに障害者が多かったため与えられた作業が単純なものになってしまい辛かったと語っている。

2011年(平成23年)7月1日、横浜地裁で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収監された。公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。
2005年(平成17年)2月7日、東京地裁で開かれた判決公判で懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年3月16日付で東京高裁への控訴を取り下げ刑が確定。精神的に不安定なため、服役中に睡眠薬や精神安定剤を服用していた。収監中、田代は障害者や老人、元政治家などが作業する工場で刑務作業に従事していたが、周りに障害者が多かったため与えられた作業が単純なものになってしまい辛かったと語っている。

2011年(平成23年)7月1日、横浜地裁で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収監された。公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。
2005年(平成17年)2月7日、東京地裁で開かれた判決公判で懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年3月16日付で東京高裁への控訴を取り下げ刑が確定。精神的に不安定なため、服役中に睡眠薬や精神安定剤を服用していた。収監中、田代は障害者や老人、元政治家などが作業する工場で刑務作業に従事していたが、周りに障害者が多かったため与えられた作業が単純なものになってしまい辛かったと語っている。

2011年(平成23年)7月1日、横浜地裁で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収監された。公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。
田代まさしのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
田代まさし 府中刑務所
田代まさし 薬物依存
田代まさし 中村有志
田代まさし ダルク
田代まさし タイム
田代まさし シャネルズ
田代まさし リハビリ
田代まさし 田代まさしのお久しブリーフ
田代まさし 動画共有サイト
田代まさし 覚醒剤
田代まさしのつながりをもっと見る