Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

おさる


西村博之


きゃりーぱみゅぱみゅ


勝野洋


アントニオ猪木


横山由依


乃木坂46


渡辺徹_(俳優)


>>もっと見る

田代まさし ダルク

たしろ まさし
田代まさし
田代 まさし(たしろ まさし、1956年(昭和31年)8月31日 - )は日本の元歌手、元タレント、元コメディアン、元司会者、元映画監督、元作詞家、元YouTuber。シャネルズ→ラッツ&スターの元メンバー。2021年12月現在は刑務所にて服役中(懲役受刑者)である(詳細は後述)。



2011年(平成23年)7月1日、横浜地方裁判所で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収容された。
公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。
2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。
2015年(平成27年)3月18日には阿佐ヶ谷ロフトAで会見を開き、更には6年ぶりの著書『マーシーの薬物リハビリ日記』の発売イベントも行った。
逮捕前に見られた激やせ姿から健康的な姿になり、「ダルク」での活動を詳細に語ったが、「回復したら復帰というのはない」「本意ではない」と芸能界復帰は否定している。
ダルク」ではスタッフとして勤務し「芸能人専用のダルクを作りたい」と語っている。
また、同じく覚せい剤取締法違反などで有罪判決を受けたASKAに会っていたことも明かした。
当初は2020年8月6日に刑務所へ収容予定であったが、その2日前に意識を失い東京都内の病院に緊急入院したため収監が延期となった。
病院での検査で血糖値が670と異常値(血糖値の正常範囲は70〜100程度)であった事や、疲労が溜まると膝の下が痛みだしたり視力が突然悪くなったりするほど持病の糖尿病が悪化していたため、病状が落ち着いてからの収容になったという。
退院後に体調が落ち着いたため再度検察庁に出頭したが、コロナウイルス感染症対策のためPCR検査を受けてから来るように言われ再度収容延期となった。
その間、保釈中はダルクとは別の民間リハビリテーション施設に入り薬物依存症だけでなく、アルコール依存症やギャンブル依存症の患者と毎日ディスカッションを行っていたという。
その後の再出頭でようやく収監され、同年11月福島刑務所で服役開始となった。
2023/1/25(水)
2011年(平成23年)7月1日、横浜地方裁判所で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収容された。公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。

2015年(平成27年)3月18日には阿佐ヶ谷ロフトAで会見を開き、更には6年ぶりの著書『マーシーの薬物リハビリ日記』の発売イベントも行った。逮捕前に見られた激やせ姿から健康的な姿になり、「ダルク」での活動を詳細に語ったが、「回復したら復帰というのはない」「本意ではない」と芸能界復帰は否定している 「ダルク」ではスタッフとして勤務し「芸能人専用のダルクを作りたい」と語っている。また、同じく覚せい剤取締法違反などで有罪判決を受けたASKAに会っていたことも明かした。

当初は2020年8月6日に刑務所へ収容予定であったが、その2日前に意識を失い東京都内の病院に緊急入院したため収監が延期となった。病院での検査で血糖値が670と異常値(血糖値の正常範囲は70〜100程度)であった事や、疲労が溜まると膝の下が痛みだしたり視力が突然悪くなったりするほど持病の糖尿病が悪化していたため、病状が落ち着いてからの収容になったという。退院後に体調が落ち着いたため再度検察庁に出頭したが、コロナウイルス感染症対策のためPCR検査を受けてから来るように言われ再度収容延期となった。その間、保釈中はダルクとは別の民間リハビリテーション施設に入り薬物依存症だけでなく、アルコール依存症やギャンブル依存症の患者と毎日ディスカッションを行っていたという。その後の再出頭でようやく収監され、同年11月福島刑務所で服役開始となった。
2011年(平成23年)7月1日、横浜地方裁判所で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収容された。公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。

2015年(平成27年)3月18日には阿佐ヶ谷ロフトAで会見を開き、更には6年ぶりの著書『マーシーの薬物リハビリ日記』の発売イベントも行った。逮捕前に見られた激やせ姿から健康的な姿になり、「ダルク」での活動を詳細に語ったが、「回復したら復帰というのはない」「本意ではない」と芸能界復帰は否定している 「ダルク」ではスタッフとして勤務し「芸能人専用のダルクを作りたい」と語っている。また、同じく覚せい剤取締法違反などで有罪判決を受けたASKAに会っていたことも明かした。

当初は2020年8月6日に刑務所へ収容予定であったが、その2日前に意識を失い東京都内の病院に緊急入院したため収監が延期となった。病院での検査で血糖値が670と異常値(血糖値の正常範囲は70〜100程度)であった事や、疲労が溜まると膝の下が痛みだしたり視力が突然悪くなったりするほど持病の糖尿病が悪化していたため、病状が落ち着いてからの収容になったという。退院後に体調が落ち着いたため再度検察庁に出頭したが、コロナウイルス感染症対策のためPCR検査を受けてから来るように言われ再度収容延期となった。その間、保釈中はダルクとは別の民間リハビリテーション施設に入り薬物依存症だけでなく、アルコール依存症やギャンブル依存症の患者と毎日ディスカッションを行っていたという。その後の再出頭でようやく収監され、同年11月福島刑務所で服役開始となった。
2011年(平成23年)7月1日、横浜地方裁判所で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収容された。公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。

2015年(平成27年)3月18日には阿佐ヶ谷ロフトAで会見を開き、更には6年ぶりの著書『マーシーの薬物リハビリ日記』の発売イベントも行った。逮捕前に見られた激やせ姿から健康的な姿になり、「ダルク」での活動を詳細に語ったが、「回復したら復帰というのはない」「本意ではない」と芸能界復帰は否定している 「ダルク」ではスタッフとして勤務し「芸能人専用のダルクを作りたい」と語っている。また、同じく覚せい剤取締法違反などで有罪判決を受けたASKAに会っていたことも明かした。

当初は2020年8月6日に刑務所へ収容予定であったが、その2日前に意識を失い東京都内の病院に緊急入院したため収監が延期となった。病院での検査で血糖値が670と異常値(血糖値の正常範囲は70〜100程度)であった事や、疲労が溜まると膝の下が痛みだしたり視力が突然悪くなったりするほど持病の糖尿病が悪化していたため、病状が落ち着いてからの収容になったという。退院後に体調が落ち着いたため再度検察庁に出頭したが、コロナウイルス感染症対策のためPCR検査を受けてから来るように言われ再度収容延期となった。その間、保釈中はダルクとは別の民間リハビリテーション施設に入り薬物依存症だけでなく、アルコール依存症やギャンブル依存症の患者と毎日ディスカッションを行っていたという。その後の再出頭でようやく収監され、同年11月福島刑務所で服役開始となった。
田代まさしのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
田代まさし 府中刑務所
田代まさし 薬物依存
田代まさし 中村有志
田代まさし タイム
田代まさし シャネルズ
田代まさし リハビリ
田代まさし 田代まさしのお久しブリーフ
田代まさし 覚醒剤
田代まさし 仮釈放
田代まさし 刑務所
田代まさしのつながりをもっと見る