Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

田代まさし 志村けん

たしろ まさし
田代まさし
田代 まさし(たしろ まさし、1956年(昭和31年)8月31日 - )は日本の元歌手、元タレント、元コメディアン、元司会者、元映画監督、元作詞家、元YouTuber。シャネルズ→ラッツ&スターの元メンバー。2021年12月現在は刑務所にて服役中(懲役受刑者)である(詳細は後述)。



志村らが田代の芸能活動復帰を働きかけ、翌年2001年(平成13年)6月頃に『ダウンタウンDX』、『めちゃ×2イケてるッ!』、『ぐるぐるナインティナイン』、『明石家マンション物語』、『志村けんのバカ殿様』などのテレビ番組に出演し、復帰を果たす また『HAMADA COMPANY 弾丸ヒーローズ』では、番組レギュラーを目指し出発点の東京から沖縄まで目撃されずにゴールするという企画に挑戦。
結果的には滞在先の京都にて写真100枚を撮られ失敗に終わったが、その後も連続してゴールデンタイムの番組に度々登場するようになった。
これを受け、芸能界復帰に手助けした志村や桑野は、「あいつは最低な事をしたのだから芸能界から消えてもらいたい」と田代を突き放すコメントをした。
2002年(平成14年)1月に放送された『新春かくし芸大会』や『志村けんのバカ殿様』の収録にも参加していたが、逮捕後の放送のため田代の収録分は全てカットされお蔵入りとなった。
フジテレビ側も「今後の彼の出演は考えられない」と語った。
また、これらの不祥事が2ちゃんねるで話題となり、一時的にアメリカの『タイム』誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる「田代祭」と呼ばれる騒動も起きた(最終的には、田代はパーソン・オブ・ザ・イヤーの対象外となっている)。
2009年(平成21年)9月24日、公式ブログ上で、冠番組『田代まさしのお久しブリーフ』の放送終了を報告とともに「リハビリ完了」を宣言した。
同年11月2日、志村けんが自身のブログ上にて楽屋に田代が訪れて土下座された事を報告し、同エントリーに田代へのエールを綴った。
更に同5日の田代のブログには志村とツーショットの写真がアップロードされ、両エントリーには500件以上のコメントが寄せられた。
この頃、テレビの取材などで、薬物検査を受けて結果が陰性だったことを公表したり、記者から「もう薬をやりたいとは思わない?」と質問された際には「全然思わない 目の前に出されてもすぐ捨てられる」と語るなど、完全に薬物から決別したように見えた。
2020年3月29日、タレントとしての田代を見出した志村が逝去。
自身のYouTubeチャンネルを通じて「志村さんより僕が逝くべきだった」「笑いに必要なこと、大切なことをたくさん教えていただいてありがとうございました」と追悼した。
4月18日より、志村の所属事務所で関連番組の権利を保有しているイザワオフィスより、志村けんのだいじょうぶだぁの編集映像が広告収益を寄付する目的で期間限定でYouTubeにて公開されており、田代の出演シーンも多く含まれている。
映像公開に当たり、イザワオフィスは、同作品が「諸事情」で公開できなくなっており、このまま闇に葬られるのに葛藤があったとしており「諸事情」は放送倫理の変化のほか、田代の現状も含まれるとされている。
2023/2/7(火)
志村らが田代の芸能活動復帰を働きかけ、翌年2001年(平成13年)6月頃に『ダウンタウンDX』、『めちゃ×2イケてるッ!』、『ぐるぐるナインティナイン』、『明石家マンション物語』、『志村けんのバカ殿様』などのテレビ番組に出演し、復帰を果たす また『HAMADA COMPANY 弾丸ヒーローズ』では、番組レギュラーを目指し出発点の東京から沖縄まで目撃されずにゴールするという企画に挑戦。結果的には滞在先の京都にて写真100枚を撮られ失敗に終わったが、その後も連続してゴールデンタイムの番組に度々登場するようになった。

これを受け、芸能界復帰に手助けした志村や桑野は、「あいつは最低な事をしたのだから芸能界から消えてもらいたい」と田代を突き放すコメントをした 2002年(平成14年)1月に放送された『新春かくし芸大会』や『志村けんのバカ殿様』の収録にも参加していたが、逮捕後の放送のため田代の収録分は全てカットされお蔵入りとなった フジテレビ側も「今後の彼の出演は考えられない」と語った また、これらの不祥事が2ちゃんねるで話題となり、一時的にアメリカの『タイム』誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる「田代祭」と呼ばれる騒動も起きた(最終的には、田代はパーソン・オブ・ザ・イヤーの対象外となっている)。

2009年(平成21年)9月24日、公式ブログ上で、冠番組『田代まさしのお久しブリーフ』の放送終了を報告とともに「リハビリ完了」を宣言した 同年11月2日、志村けんが自身のブログ上にて楽屋に田代が訪れて土下座された事を報告し、同エントリーに田代へのエールを綴った 更に同5日の田代のブログには志村とツーショットの写真がアップロードされ、両エントリーには500件以上のコメントが寄せられた この頃、テレビの取材などで、薬物検査を受けて結果が陰性だったことを公表したり、記者から「もう薬をやりたいとは思わない?」と質問された際には「全然思わない 目の前に出されてもすぐ捨てられる」と語るなど、完全に薬物から決別したように見えた。

2020年3月29日、タレントとしての田代を見出した志村が逝去。自身のYouTubeチャンネルを通じて「志村さんより僕が逝くべきだった」「笑いに必要なこと、大切なことをたくさん教えていただいてありがとうございました」と追悼した 4月18日より、志村の所属事務所で関連番組の権利を保有しているイザワオフィスより、志村けんのだいじょうぶだぁの編集映像が広告収益を寄付する目的で期間限定でYouTubeにて公開されており、田代の出演シーンも多く含まれている 映像公開に当たり、イザワオフィスは、同作品が「諸事情」で公開できなくなっており、このまま闇に葬られるのに葛藤があったとしており「諸事情」は放送倫理の変化のほか、田代の現状も含まれるとされている。
志村らが田代の芸能活動復帰を働きかけ、翌年2001年(平成13年)6月頃に『ダウンタウンDX』、『めちゃ×2イケてるッ!』、『ぐるぐるナインティナイン』、『明石家マンション物語』、『志村けんのバカ殿様』などのテレビ番組に出演し、復帰を果たす また『HAMADA COMPANY 弾丸ヒーローズ』では、番組レギュラーを目指し出発点の東京から沖縄まで目撃されずにゴールするという企画に挑戦。結果的には滞在先の京都にて写真100枚を撮られ失敗に終わったが、その後も連続してゴールデンタイムの番組に度々登場するようになった。

これを受け、芸能界復帰に手助けした志村や桑野は、「あいつは最低な事をしたのだから芸能界から消えてもらいたい」と田代を突き放すコメントをした 2002年(平成14年)1月に放送された『新春かくし芸大会』や『志村けんのバカ殿様』の収録にも参加していたが、逮捕後の放送のため田代の収録分は全てカットされお蔵入りとなった フジテレビ側も「今後の彼の出演は考えられない」と語った また、これらの不祥事が2ちゃんねるで話題となり、一時的にアメリカの『タイム』誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる「田代祭」と呼ばれる騒動も起きた(最終的には、田代はパーソン・オブ・ザ・イヤーの対象外となっている)。

2009年(平成21年)9月24日、公式ブログ上で、冠番組『田代まさしのお久しブリーフ』の放送終了を報告とともに「リハビリ完了」を宣言した 同年11月2日、志村けんが自身のブログ上にて楽屋に田代が訪れて土下座された事を報告し、同エントリーに田代へのエールを綴った 更に同5日の田代のブログには志村とツーショットの写真がアップロードされ、両エントリーには500件以上のコメントが寄せられた この頃、テレビの取材などで、薬物検査を受けて結果が陰性だったことを公表したり、記者から「もう薬をやりたいとは思わない?」と質問された際には「全然思わない 目の前に出されてもすぐ捨てられる」と語るなど、完全に薬物から決別したように見えた。

2020年3月29日、タレントとしての田代を見出した志村が逝去。自身のYouTubeチャンネルを通じて「志村さんより僕が逝くべきだった」「笑いに必要なこと、大切なことをたくさん教えていただいてありがとうございました」と追悼した 4月18日より、志村の所属事務所で関連番組の権利を保有しているイザワオフィスより、志村けんのだいじょうぶだぁの編集映像が広告収益を寄付する目的で期間限定でYouTubeにて公開されており、田代の出演シーンも多く含まれている 映像公開に当たり、イザワオフィスは、同作品が「諸事情」で公開できなくなっており、このまま闇に葬られるのに葛藤があったとしており「諸事情」は放送倫理の変化のほか、田代の現状も含まれるとされている。
志村らが田代の芸能活動復帰を働きかけ、翌年2001年(平成13年)6月頃に『ダウンタウンDX』、『めちゃ×2イケてるッ!』、『ぐるぐるナインティナイン』、『明石家マンション物語』、『志村けんのバカ殿様』などのテレビ番組に出演し、復帰を果たす また『HAMADA COMPANY 弾丸ヒーローズ』では、番組レギュラーを目指し出発点の東京から沖縄まで目撃されずにゴールするという企画に挑戦。結果的には滞在先の京都にて写真100枚を撮られ失敗に終わったが、その後も連続してゴールデンタイムの番組に度々登場するようになった。

これを受け、芸能界復帰に手助けした志村や桑野は、「あいつは最低な事をしたのだから芸能界から消えてもらいたい」と田代を突き放すコメントをした 2002年(平成14年)1月に放送された『新春かくし芸大会』や『志村けんのバカ殿様』の収録にも参加していたが、逮捕後の放送のため田代の収録分は全てカットされお蔵入りとなった フジテレビ側も「今後の彼の出演は考えられない」と語った また、これらの不祥事が2ちゃんねるで話題となり、一時的にアメリカの『タイム』誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる「田代祭」と呼ばれる騒動も起きた(最終的には、田代はパーソン・オブ・ザ・イヤーの対象外となっている)。

2009年(平成21年)9月24日、公式ブログ上で、冠番組『田代まさしのお久しブリーフ』の放送終了を報告とともに「リハビリ完了」を宣言した 同年11月2日、志村けんが自身のブログ上にて楽屋に田代が訪れて土下座された事を報告し、同エントリーに田代へのエールを綴った 更に同5日の田代のブログには志村とツーショットの写真がアップロードされ、両エントリーには500件以上のコメントが寄せられた この頃、テレビの取材などで、薬物検査を受けて結果が陰性だったことを公表したり、記者から「もう薬をやりたいとは思わない?」と質問された際には「全然思わない 目の前に出されてもすぐ捨てられる」と語るなど、完全に薬物から決別したように見えた。

2020年3月29日、タレントとしての田代を見出した志村が逝去。自身のYouTubeチャンネルを通じて「志村さんより僕が逝くべきだった」「笑いに必要なこと、大切なことをたくさん教えていただいてありがとうございました」と追悼した 4月18日より、志村の所属事務所で関連番組の権利を保有しているイザワオフィスより、志村けんのだいじょうぶだぁの編集映像が広告収益を寄付する目的で期間限定でYouTubeにて公開されており、田代の出演シーンも多く含まれている 映像公開に当たり、イザワオフィスは、同作品が「諸事情」で公開できなくなっており、このまま闇に葬られるのに葛藤があったとしており「諸事情」は放送倫理の変化のほか、田代の現状も含まれるとされている。
田代まさしのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
田代まさし 府中刑務所
田代まさし 薬物依存
田代まさし 中村有志
田代まさし ダルク
田代まさし タイム
田代まさし シャネルズ
田代まさし リハビリ
田代まさし 田代まさしのお久しブリーフ
田代まさし 動画共有サイト
田代まさし 覚醒剤
田代まさしのつながりをもっと見る