Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

おさる


西村博之


きゃりーぱみゅぱみゅ


勝野洋


アントニオ猪木


横山由依


乃木坂46


渡辺徹_(俳優)


>>もっと見る

田代まさし シャネルズ

たしろ まさし
田代まさし
田代 まさし(たしろ まさし、1956年(昭和31年)8月31日 - )は日本の元歌手、元タレント、元コメディアン、元司会者、元映画監督、元作詞家、元YouTuber。シャネルズ→ラッツ&スターの元メンバー。2021年12月現在は刑務所にて服役中(懲役受刑者)である(詳細は後述)。



1975年(昭和50年)3月、高校卒業。
この時期から田代は車に凝りだし、サニー、グロリア、カマロ、フォード、プレリュード、ベンツなど、次々と車を乗り換える。
同年の6月、父と大喧嘩をして家を飛び出す。
その後シャネルズのメンバー・久保木博之の誘いで同じガソリンスタンドに就職し、会社の寮で暮らす事になる。
この頃に大型自動車免許を取得し、3年後の1978年(昭和53年)にトラックの運転手に転職。
シャネルズデビュー後もしばらく運転手を続けていた。
この頃、眠気覚ましという名目で先輩トラック運転手から覚醒剤を勧められたと明かしている。
1980年(昭和55年)、鈴木や桑野信義らと共に、ドゥーワップグループの「シャネルズ」の一員としてメジャーデビュー。
デビューシングル『ランナウェイ』は110万枚のミリオンセラーとなった。
しかし同年7月、メンバー10人のうち5人(久保木・桑野・新保・山崎・須川)が埼玉県青少年保護育成条例違反(わいせつ行為)の疑いで書類送検され、シャネルズは半年間謹慎する。
なお、この件に関しては田代は関与していない。
フランスの高級ブランド、シャネルから物言いがついたことで(化粧品会社のCMソングを担当することになり、シャネルズというグループ名を使うことが不適切になったためという説あり)、1983年(昭和58年)に同グループが「ラッツ&スター」と改称された。
その後も多数のヒット曲に関わり、『ザ・ベストテン』などの歌謡番組を通じ日本のお茶の間のお馴染みの顔となる。
また、ソロデビューとしてシングル『新島の伝説』をリリースし、作詞家としても小泉今日子の楽曲を手がけるなどの活動を行う。
1985年(昭和60年)4月、一般女性と結婚した。
この事件の公判で裁判長から職業を質問された際に「元タレント」と答えたことから、その後「元タレント」とテレビなどで表記される様になった。
また、シャネルズ・ラッツ&スター時代も含めた田代の過去のVTRや写真が地上波で放送・公開が不可能になり、田代のVTRや写真などがテレビで放送される際は田代の音声が薄らかであるか全体を修正されたり、顔を隠されたり、身体の一部しか映らない程度の映像になることが多くなった。
またCSの有料チャンネルなどでは、過去の出演作品がそのまま放送されていたが、これらも終了となっている。
なお田代は後日、お蔵入りになった番組など8,000万円の損害賠償請求をされ、7年経過した2009年(平成21年)になっても返済していることを公表した。
後年になって田代は、この8,000万円という賠償額に関して「事務所との折半でこの金額だった」と語っている。
2011年(平成23年)7月1日、横浜地方裁判所で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収容された。
公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。
2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。
シャネルズ、ラッツ&スター名義でリリースされた作品はラッツ&スターを参照のこと。
2023/1/25(水)
1975年(昭和50年)3月、高校卒業。この時期から田代は車に凝りだし、サニー、グロリア、カマロ、フォード、プレリュード、ベンツなど、次々と車を乗り換える。同年の6月、父と大喧嘩をして家を飛び出す。その後シャネルズのメンバー・久保木博之の誘いで同じガソリンスタンドに就職し、会社の寮で暮らす事になる。この頃に大型自動車免許を取得し、3年後の1978年(昭和53年)にトラックの運転手に転職。シャネルズデビュー後もしばらく運転手を続けていた。この頃、眠気覚ましという名目で先輩トラック運転手から覚醒剤を勧められたと明かしている。

1980年(昭和55年)、鈴木や桑野信義らと共に、ドゥーワップグループの「シャネルズ」の一員としてメジャーデビュー。デビューシングル『ランナウェイ』は110万枚のミリオンセラーとなった。しかし同年7月、メンバー10人のうち5人(久保木・桑野・新保・山崎・須川)が埼玉県青少年保護育成条例違反(わいせつ行為)の疑いで書類送検され、シャネルズは半年間謹慎する。なお、この件に関しては田代は関与していない。

フランスの高級ブランド、シャネルから物言いがついたことで(化粧品会社のCMソングを担当することになり、シャネルズというグループ名を使うことが不適切になったためという説あり)、1983年(昭和58年)に同グループが「ラッツ&スター」と改称された。その後も多数のヒット曲に関わり、『ザ・ベストテン』などの歌謡番組を通じ日本のお茶の間のお馴染みの顔となる また、ソロデビューとしてシングル『新島の伝説』をリリースし、作詞家としても小泉今日子の楽曲を手がけるなどの活動を行う。1985年(昭和60年)4月、一般女性と結婚した。

この事件の公判で裁判長から職業を質問された際に「元タレント」と答えたことから、その後「元タレント」とテレビなどで表記される様になった また、シャネルズ・ラッツ&スター時代も含めた田代の過去のVTRや写真が地上波で放送・公開が不可能になり、田代のVTRや写真などがテレビで放送される際は田代の音声が薄らかであるか全体を修正されたり、顔を隠されたり、身体の一部しか映らない程度の映像になることが多くなった またCSの有料チャンネルなどでは、過去の出演作品がそのまま放送されていたが、これらも終了となっている なお田代は後日、お蔵入りになった番組など8,000万円の損害賠償請求をされ、7年経過した2009年(平成21年)になっても返済していることを公表した 後年になって田代は、この8,000万円という賠償額に関して「事務所との折半でこの金額だった」と語っている。

2011年(平成23年)7月1日、横浜地方裁判所で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収容された。公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。

シャネルズ、ラッツ&スター名義でリリースされた作品はラッツ&スターを参照のこと。
1975年(昭和50年)3月、高校卒業。この時期から田代は車に凝りだし、サニー、グロリア、カマロ、フォード、プレリュード、ベンツなど、次々と車を乗り換える。同年の6月、父と大喧嘩をして家を飛び出す。その後シャネルズのメンバー・久保木博之の誘いで同じガソリンスタンドに就職し、会社の寮で暮らす事になる。この頃に大型自動車免許を取得し、3年後の1978年(昭和53年)にトラックの運転手に転職。シャネルズデビュー後もしばらく運転手を続けていた。この頃、眠気覚ましという名目で先輩トラック運転手から覚醒剤を勧められたと明かしている。

1980年(昭和55年)、鈴木や桑野信義らと共に、ドゥーワップグループの「シャネルズ」の一員としてメジャーデビュー。デビューシングル『ランナウェイ』は110万枚のミリオンセラーとなった。しかし同年7月、メンバー10人のうち5人(久保木・桑野・新保・山崎・須川)が埼玉県青少年保護育成条例違反(わいせつ行為)の疑いで書類送検され、シャネルズは半年間謹慎する。なお、この件に関しては田代は関与していない。

フランスの高級ブランド、シャネルから物言いがついたことで(化粧品会社のCMソングを担当することになり、シャネルズというグループ名を使うことが不適切になったためという説あり)、1983年(昭和58年)に同グループが「ラッツ&スター」と改称された。その後も多数のヒット曲に関わり、『ザ・ベストテン』などの歌謡番組を通じ日本のお茶の間のお馴染みの顔となる また、ソロデビューとしてシングル『新島の伝説』をリリースし、作詞家としても小泉今日子の楽曲を手がけるなどの活動を行う。1985年(昭和60年)4月、一般女性と結婚した。

この事件の公判で裁判長から職業を質問された際に「元タレント」と答えたことから、その後「元タレント」とテレビなどで表記される様になった また、シャネルズ・ラッツ&スター時代も含めた田代の過去のVTRや写真が地上波で放送・公開が不可能になり、田代のVTRや写真などがテレビで放送される際は田代の音声が薄らかであるか全体を修正されたり、顔を隠されたり、身体の一部しか映らない程度の映像になることが多くなった またCSの有料チャンネルなどでは、過去の出演作品がそのまま放送されていたが、これらも終了となっている なお田代は後日、お蔵入りになった番組など8,000万円の損害賠償請求をされ、7年経過した2009年(平成21年)になっても返済していることを公表した 後年になって田代は、この8,000万円という賠償額に関して「事務所との折半でこの金額だった」と語っている。

2011年(平成23年)7月1日、横浜地方裁判所で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収容された。公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。

シャネルズ、ラッツ&スター名義でリリースされた作品はラッツ&スターを参照のこと。
1975年(昭和50年)3月、高校卒業。この時期から田代は車に凝りだし、サニー、グロリア、カマロ、フォード、プレリュード、ベンツなど、次々と車を乗り換える。同年の6月、父と大喧嘩をして家を飛び出す。その後シャネルズのメンバー・久保木博之の誘いで同じガソリンスタンドに就職し、会社の寮で暮らす事になる。この頃に大型自動車免許を取得し、3年後の1978年(昭和53年)にトラックの運転手に転職。シャネルズデビュー後もしばらく運転手を続けていた。この頃、眠気覚ましという名目で先輩トラック運転手から覚醒剤を勧められたと明かしている。

1980年(昭和55年)、鈴木や桑野信義らと共に、ドゥーワップグループの「シャネルズ」の一員としてメジャーデビュー。デビューシングル『ランナウェイ』は110万枚のミリオンセラーとなった。しかし同年7月、メンバー10人のうち5人(久保木・桑野・新保・山崎・須川)が埼玉県青少年保護育成条例違反(わいせつ行為)の疑いで書類送検され、シャネルズは半年間謹慎する。なお、この件に関しては田代は関与していない。

フランスの高級ブランド、シャネルから物言いがついたことで(化粧品会社のCMソングを担当することになり、シャネルズというグループ名を使うことが不適切になったためという説あり)、1983年(昭和58年)に同グループが「ラッツ&スター」と改称された。その後も多数のヒット曲に関わり、『ザ・ベストテン』などの歌謡番組を通じ日本のお茶の間のお馴染みの顔となる また、ソロデビューとしてシングル『新島の伝説』をリリースし、作詞家としても小泉今日子の楽曲を手がけるなどの活動を行う。1985年(昭和60年)4月、一般女性と結婚した。

この事件の公判で裁判長から職業を質問された際に「元タレント」と答えたことから、その後「元タレント」とテレビなどで表記される様になった また、シャネルズ・ラッツ&スター時代も含めた田代の過去のVTRや写真が地上波で放送・公開が不可能になり、田代のVTRや写真などがテレビで放送される際は田代の音声が薄らかであるか全体を修正されたり、顔を隠されたり、身体の一部しか映らない程度の映像になることが多くなった またCSの有料チャンネルなどでは、過去の出演作品がそのまま放送されていたが、これらも終了となっている なお田代は後日、お蔵入りになった番組など8,000万円の損害賠償請求をされ、7年経過した2009年(平成21年)になっても返済していることを公表した 後年になって田代は、この8,000万円という賠償額に関して「事務所との折半でこの金額だった」と語っている。

2011年(平成23年)7月1日、横浜地方裁判所で開かれた判決公判で薬物の常習性が顕著であることなどをおもな理由とし、懲役3年6か月の実刑判決が下され、同年7月15日付で東京高裁への控訴を取り下げたため刑が確定し府中刑務所に収容された。公判では、シャネルズのデビュー30周年記念イベントの出演依頼があったもののレコード会社より前科を理由に出演を断られたことによるショックと、2010年(平成22年)3月の握手会で薬物の密売人から連絡先のメモを渡された時期が重なったことから、交際相手の被告人を通じ密売人から入手していたことを語っている。2014年(平成26年)7月2日に仮釈放され、2015年(平成27年)2月20日、4年6ヶ月ぶりに自身のブログを更新して、民間の薬物依存リハビリ施設「ダルク」のプログラムを受けていることを報告、謝罪の言葉を書き込むと共に「また、みなさんの前に姿をあらわす機会もあるかと思いますがよろしくお願い致します!」と心境を綴った。

シャネルズ、ラッツ&スター名義でリリースされた作品はラッツ&スターを参照のこと。
田代まさしのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
田代まさし 府中刑務所
田代まさし 薬物依存
田代まさし 中村有志
田代まさし ダルク
田代まさし タイム
田代まさし リハビリ
田代まさし 田代まさしのお久しブリーフ
田代まさし 覚醒剤
田代まさし 仮釈放
田代まさし 刑務所
田代まさしのつながりをもっと見る