Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

おさる


西村博之


きゃりーぱみゅぱみゅ


勝野洋


アントニオ猪木


横山由依


乃木坂46


渡辺徹_(俳優)


>>もっと見る

千葉真一 眞栄田郷敦

ちば しんいち
千葉真一
千葉 真一(ちば しんいち、JJ Sonny Chiba, 1939年1月22日 - 2021年8月19日)は、日本の俳優・体操選手・空手家・歌手・芸能プロモーター・アクション監督・映画監督・映画プロデューサー・作詞家・作曲家・ナレーター・声優。愛称:千葉ちゃん。本名:前田 禎穂(まえだ さだほ)。 日本を代表する映画スターとして海外ではSonny Chiba(サニー ちば)の名で知られている。特技の器械体操や極真カラテ四段・少林寺拳法弐段・乗馬・スキーを活かした、アクロバティックなスタント・擬斗・殺陣には定評がある。吹き替えに任せず、自ら演じるアクションスターの元祖ともいえる存在で、これまで映画・テレビドラマ・演劇など、計1,500本以上の作品に出演。芸能生活は半世紀以上の60年を越え、ジャパンアクションクラブ (JAC) を設立して俳優・スタントマンを育成し、監督・プロデュースと幅広く活躍していた。



2010年10月22日には東京・グランドプリンスホテル赤坂で、結婚披露宴を兼ねた芸能生活50周年記念式典を開いた。
もともとはアントニオ猪木・池谷幸雄・石田純一・市川亀治郎・今井雅之・内野聖陽・梅宮辰夫・岡崎二朗・ガッツ石松・川地民夫・神取忍・樹木希林・北の湖敏満・京本政樹・具志堅用高・郷田勇三・小林幸子・コロッケ・高橋英樹・竹本直一・田中好子・谷村新司・津川雅彦・十朱幸代・夏八木勲・白竜・張本勲・布施明・風吹ジュン・松井章圭・松坂慶子・美川憲一・三田佳子・やまさき十三・山本KID徳郁・横峯良郎・ラモス瑠偉ら計60名を発起人とした芸能生活50周年記念式典が先に決まっていたところ、現妻と挙式や披露宴をしていなかったため、千葉の要望で記念式典と合わせて企画された。
前半の披露宴には家族でキャンドル点灯のほか、長女・真瀬樹里は父への尊敬とお祝いの挨拶が行われ(⇒ #人柄)、芸能界にまだ入っていなかった長男・新田真剣佑と次男・眞栄田郷敦の二人も登壇し、手紙を読み上げる形で両親を祝福した。
後半の記念式典では出演した260本の映画・テレビドラマなどが順に紹介され、千葉は樹里と殺陣、真剣佑・郷敦とは空手道の演武で型と杉板の試割りを、家族皆で披露した。
勝野洋・小堺一機・夏樹陽子らは花環を贈呈し、出席者に上記発起人ほか、太田昭宏・北島三郎・関根勤・高岡早紀・高橋和也、デヴィ・スカルノ、南部虎弾、ビリー・ブランクス、堀田眞三・魔裟斗・松木安太郎ら、多数の芸能人を含む各界から約600人がお祝いに集まった。
千葉は「あっという間の50年だった。
まだまだ、やり残したことがあるので精進したいと思う ハリウッドで日本の俳優を育てたい」と新たな目標を掲げた。
7月末に感染。
せきなどの症状はあったが、元気だったので、そのまま自宅療養を続けていた。
しかし8月4日に38.8度の熱を発し、PCR検査の数値も悪く、肺炎が悪化。
救急車で搬送され、8日に入院した。
酸素吸入などの治療を受け、一時は回復する兆しがあったものの、容体は急変。
18日あたりから意識がなくなり、そのまま息を引き取った。
新田真剣佑はハリウッド映画の撮影で米国に滞在しており、長女・真瀬樹里と次男・眞栄田郷敦は仕事後に駆けつけるも、3人は父親の最期を看取ることができなかった。
緊急事態宣言中のため、通夜は行われていない。
翌20日、眞栄田郷敦を喪主とし、葬儀が営まれた。
列席は限定されていたため、親戚5人のみが参列。
荼毘に付され、郷敦と前夫人が遺骨を拾った。
眞栄田郷敦は防護服を着て対面した日の夜に、所属事務所を通じて「一方的な約束をしてきました。
それを守るだけです」と発表した。
『寺子屋ゆめ指南』で父娘役を演じた西田尚美は、「千葉さん、信じられません 半年間、時代劇で私の父上様でした」と受け入れがたい心境を吐露した。
同ドラマは千葉と長女・真瀬樹里の初共演作でもあり、西田は「千葉さんと娘さんの樹里ちゃんと殺陣のお稽古とか…私がふらふらになっても、千葉さんと樹里ちゃんはとても楽しそうで なんて素晴らしい時間だったんだろう」と振り返りつつ、「ありがとうございました。
心よりご冥福をお祈り致します」と結び、西田が2014年3月2日にリツイートした千葉、真瀬、新田真剣佑。
眞栄田郷敦の写真を添えている。
誕生日の2022年1月22日、千葉が設立した「ジャパン・アクション・クラブ(JAC)」が中心となって組織された実行委員会(発起人はJAC一期生の栗原敏、七期生の関根大学、若山騎一郎)などによる、「お別れの会~さらば!千葉真一~」が東京都港区の増上寺・光摂殿で営まれた。
1979年公開映画『戦国自衛隊』のオフショットとして撮影された写真が遺影として飾られ、足元には映画『戦国自衛隊』の撮影で使用された日本刀とヘルメットが添えられた。
祭壇は千葉が生前に描いた油絵をもとにして約4000本の菊やキキョウを使って白い富士山をデザインされた。
BGMとして千葉のお気に入りだった「ララバイ・オブ・ユー」(映画『戦国自衛隊』エンディング曲)などが流された。
また、千葉の愛用の空手着や、主演を務めた時代劇『柳生十兵衛』の眼帯、刀など私物から撮影で使用された小道具まで幅広く展示された。
長男の新田真剣佑と次男の眞栄田郷敦は欠席し、手紙で連名のコメントを寄せた。
新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、午前の一般の部にファン150人、夕方から「共に闘った戦友達のお見送り」として関係者200人が参列した(関係者、ファン合わせ約500人との報道もあり)。
2022年8月19日、大願寺(東京・新宿区)で、長男 新田真剣佑と次男 眞栄田郷敦を願主に千葉真一一周忌法要が営まれた。
真剣佑と郷敦は仕事で欠席したが、連名で「またこうして故人の思いを皆さまと共に分かち合い、新たな絆が生まれました」とメッセージを寄せた。
祭壇には千葉真一主演映画『魔界転生』(1981年)で務めた柳生十兵衛役の写真などが遺影として飾られ、大村崑、山田隆夫、若山騎一郎ら約100人が参列した。
2023年1月22日、千葉の誕生日に長男 新田真剣佑と次男 眞栄田郷敦が共に一般女性と結婚したことを発表した。
テレビドラマ『キイハンター』で共演した野際陽子と1973年に結婚し、一人娘の真瀬樹里を儲ける。
おしどり夫婦として有名だったが、ハリウッドで仕事が増え始めて拠点を移したい千葉と、日本に居たい野際の意志不一致から、1994年に離婚 記者会見を野際と一緒に行うなど憎みあっての離婚ではないため、真瀬共々良好な関係を続けており、真瀬とはテレビ時代劇『寺子屋ゆめ指南』、『風林火山』で共演し、複数のトーク番組へ一緒に出演している。
1996年に28歳年下の一般女性と再婚。
長男・新田真剣佑と次男・眞栄田郷敦を授かり、アメリカ合衆国カリフォルニア州ビバリーヒルズに在住していた。
2015年に一般女性と離婚したが、その女性とは子供たちともども良好な関係を続けていた。
2023/1/27(金)
2010年10月22日には東京・グランドプリンスホテル赤坂で、結婚披露宴を兼ねた芸能生活50周年記念式典を開いた。もともとはアントニオ猪木・池谷幸雄・石田純一・市川亀治郎・今井雅之・内野聖陽・梅宮辰夫・岡崎二朗・ガッツ石松・川地民夫・神取忍・樹木希林・北の湖敏満・京本政樹・具志堅用高・郷田勇三・小林幸子・コロッケ・高橋英樹・竹本直一・田中好子・谷村新司・津川雅彦・十朱幸代・夏八木勲・白竜・張本勲・布施明・風吹ジュン・松井章圭・松坂慶子・美川憲一・三田佳子・やまさき十三・山本KID徳郁・横峯良郎・ラモス瑠偉ら計60名を発起人とした芸能生活50周年記念式典が先に決まっていたところ、現妻と挙式や披露宴をしていなかったため、千葉の要望で記念式典と合わせて企画された。前半の披露宴には家族でキャンドル点灯のほか、長女・真瀬樹里は父への尊敬とお祝いの挨拶が行われ(⇒ #人柄)、芸能界にまだ入っていなかった長男・新田真剣佑と次男・眞栄田郷敦の二人も登壇し、手紙を読み上げる形で両親を祝福した。後半の記念式典では出演した260本の映画・テレビドラマなどが順に紹介され、千葉は樹里と殺陣、真剣佑・郷敦とは空手道の演武で型と杉板の試割りを、家族皆で披露した。勝野洋・小堺一機・夏樹陽子らは花環を贈呈し、出席者に上記発起人ほか、太田昭宏・北島三郎・関根勤・高岡早紀・高橋和也、デヴィ・スカルノ、南部虎弾、ビリー・ブランクス、堀田眞三・魔裟斗・松木安太郎ら、多数の芸能人を含む各界から約600人がお祝いに集まった。千葉は「あっという間の50年だった まだまだ、やり残したことがあるので精進したいと思う ハリウッドで日本の俳優を育てたい」と新たな目標を掲げた。

7月末に感染。せきなどの症状はあったが、元気だったので、そのまま自宅療養を続けていた。しかし8月4日に38.8度の熱を発し、PCR検査の数値も悪く、肺炎が悪化。救急車で搬送され、8日に入院した。酸素吸入などの治療を受け、一時は回復する兆しがあったものの、容体は急変。18日あたりから意識がなくなり、そのまま息を引き取った。新田真剣佑はハリウッド映画の撮影で米国に滞在しており、長女・真瀬樹里と次男・眞栄田郷敦は仕事後に駆けつけるも、3人は父親の最期を看取ることができなかった。

緊急事態宣言中のため、通夜は行われていない。翌20日、眞栄田郷敦を喪主とし、葬儀が営まれた。列席は限定されていたため、親戚5人のみが参列。荼毘に付され、郷敦と前夫人が遺骨を拾った。

眞栄田郷敦は防護服を着て対面した日の夜に、所属事務所を通じて「一方的な約束をしてきました それを守るだけです」と発表した。

『寺子屋ゆめ指南』で父娘役を演じた西田尚美は、「千葉さん、信じられません 半年間、時代劇で私の父上様でした」と受け入れがたい心境を吐露した 同ドラマは千葉と長女・真瀬樹里の初共演作でもあり、西田は「千葉さんと娘さんの樹里ちゃんと殺陣のお稽古とか…私がふらふらになっても、千葉さんと樹里ちゃんはとても楽しそうで なんて素晴らしい時間だったんだろう」と振り返りつつ、「ありがとうございました 心よりご冥福をお祈り致します」と結び、西田が2014年3月2日にリツイートした千葉、真瀬、新田真剣佑。眞栄田郷敦の写真を添えている。

誕生日の2022年1月22日、千葉が設立した「ジャパン・アクション・クラブ(JAC)」が中心となって組織された実行委員会(発起人はJAC一期生の栗原敏、七期生の関根大学、若山騎一郎)などによる、「お別れの会~さらば!千葉真一~」が東京都港区の増上寺・光摂殿で営まれた 1979年公開映画『戦国自衛隊』のオフショットとして撮影された写真が遺影として飾られ、足元には映画『戦国自衛隊』の撮影で使用された日本刀とヘルメットが添えられた 祭壇は千葉が生前に描いた油絵をもとにして約4000本の菊やキキョウを使って白い富士山をデザインされた BGMとして千葉のお気に入りだった「ララバイ・オブ・ユー」(映画『戦国自衛隊』エンディング曲)などが流された また、千葉の愛用の空手着や、主演を務めた時代劇『柳生十兵衛』の眼帯、刀など私物から撮影で使用された小道具まで幅広く展示された 長男の新田真剣佑と次男の眞栄田郷敦は欠席し、手紙で連名のコメントを寄せた 新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、午前の一般の部にファン150人、夕方から「共に闘った戦友達のお見送り」として関係者200人が参列した(関係者、ファン合わせ約500人との報道もあり)。

2022年8月19日、大願寺(東京・新宿区)で、長男 新田真剣佑と次男 眞栄田郷敦を願主に千葉真一一周忌法要が営まれた。真剣佑と郷敦は仕事で欠席したが、連名で「またこうして故人の思いを皆さまと共に分かち合い、新たな絆が生まれました」とメッセージを寄せた。祭壇には千葉真一主演映画『魔界転生』(1981年)で務めた柳生十兵衛役の写真などが遺影として飾られ、大村崑、山田隆夫、若山騎一郎ら約100人が参列した。

2023年1月22日、千葉の誕生日に長男 新田真剣佑と次男 眞栄田郷敦が共に一般女性と結婚したことを発表した。

テレビドラマ『キイハンター』で共演した野際陽子と1973年に結婚し、一人娘の真瀬樹里を儲ける おしどり夫婦として有名だったが、ハリウッドで仕事が増え始めて拠点を移したい千葉と、日本に居たい野際の意志不一致から、1994年に離婚 記者会見を野際と一緒に行うなど憎みあっての離婚ではないため、真瀬共々良好な関係を続けており、真瀬とはテレビ時代劇『寺子屋ゆめ指南』、『風林火山』で共演し、複数のトーク番組へ一緒に出演している。1996年に28歳年下の一般女性と再婚。長男・新田真剣佑と次男・眞栄田郷敦を授かり、アメリカ合衆国カリフォルニア州ビバリーヒルズに在住していた。2015年に一般女性と離婚したが、その女性とは子供たちともども良好な関係を続けていた。
2010年10月22日には東京・グランドプリンスホテル赤坂で、結婚披露宴を兼ねた芸能生活50周年記念式典を開いた。もともとはアントニオ猪木・池谷幸雄・石田純一・市川亀治郎・今井雅之・内野聖陽・梅宮辰夫・岡崎二朗・ガッツ石松・川地民夫・神取忍・樹木希林・北の湖敏満・京本政樹・具志堅用高・郷田勇三・小林幸子・コロッケ・高橋英樹・竹本直一・田中好子・谷村新司・津川雅彦・十朱幸代・夏八木勲・白竜・張本勲・布施明・風吹ジュン・松井章圭・松坂慶子・美川憲一・三田佳子・やまさき十三・山本KID徳郁・横峯良郎・ラモス瑠偉ら計60名を発起人とした芸能生活50周年記念式典が先に決まっていたところ、現妻と挙式や披露宴をしていなかったため、千葉の要望で記念式典と合わせて企画された。前半の披露宴には家族でキャンドル点灯のほか、長女・真瀬樹里は父への尊敬とお祝いの挨拶が行われ(⇒ #人柄)、芸能界にまだ入っていなかった長男・新田真剣佑と次男・眞栄田郷敦の二人も登壇し、手紙を読み上げる形で両親を祝福した。後半の記念式典では出演した260本の映画・テレビドラマなどが順に紹介され、千葉は樹里と殺陣、真剣佑・郷敦とは空手道の演武で型と杉板の試割りを、家族皆で披露した。勝野洋・小堺一機・夏樹陽子らは花環を贈呈し、出席者に上記発起人ほか、太田昭宏・北島三郎・関根勤・高岡早紀・高橋和也、デヴィ・スカルノ、南部虎弾、ビリー・ブランクス、堀田眞三・魔裟斗・松木安太郎ら、多数の芸能人を含む各界から約600人がお祝いに集まった。千葉は「あっという間の50年だった まだまだ、やり残したことがあるので精進したいと思う ハリウッドで日本の俳優を育てたい」と新たな目標を掲げた。

7月末に感染。せきなどの症状はあったが、元気だったので、そのまま自宅療養を続けていた。しかし8月4日に38.8度の熱を発し、PCR検査の数値も悪く、肺炎が悪化。救急車で搬送され、8日に入院した。酸素吸入などの治療を受け、一時は回復する兆しがあったものの、容体は急変。18日あたりから意識がなくなり、そのまま息を引き取った。新田真剣佑はハリウッド映画の撮影で米国に滞在しており、長女・真瀬樹里と次男・眞栄田郷敦は仕事後に駆けつけるも、3人は父親の最期を看取ることができなかった。

緊急事態宣言中のため、通夜は行われていない。翌20日、眞栄田郷敦を喪主とし、葬儀が営まれた。列席は限定されていたため、親戚5人のみが参列。荼毘に付され、郷敦と前夫人が遺骨を拾った。

眞栄田郷敦は防護服を着て対面した日の夜に、所属事務所を通じて「一方的な約束をしてきました それを守るだけです」と発表した。

『寺子屋ゆめ指南』で父娘役を演じた西田尚美は、「千葉さん、信じられません 半年間、時代劇で私の父上様でした」と受け入れがたい心境を吐露した 同ドラマは千葉と長女・真瀬樹里の初共演作でもあり、西田は「千葉さんと娘さんの樹里ちゃんと殺陣のお稽古とか…私がふらふらになっても、千葉さんと樹里ちゃんはとても楽しそうで なんて素晴らしい時間だったんだろう」と振り返りつつ、「ありがとうございました 心よりご冥福をお祈り致します」と結び、西田が2014年3月2日にリツイートした千葉、真瀬、新田真剣佑。眞栄田郷敦の写真を添えている。

誕生日の2022年1月22日、千葉が設立した「ジャパン・アクション・クラブ(JAC)」が中心となって組織された実行委員会(発起人はJAC一期生の栗原敏、七期生の関根大学、若山騎一郎)などによる、「お別れの会~さらば!千葉真一~」が東京都港区の増上寺・光摂殿で営まれた 1979年公開映画『戦国自衛隊』のオフショットとして撮影された写真が遺影として飾られ、足元には映画『戦国自衛隊』の撮影で使用された日本刀とヘルメットが添えられた 祭壇は千葉が生前に描いた油絵をもとにして約4000本の菊やキキョウを使って白い富士山をデザインされた BGMとして千葉のお気に入りだった「ララバイ・オブ・ユー」(映画『戦国自衛隊』エンディング曲)などが流された また、千葉の愛用の空手着や、主演を務めた時代劇『柳生十兵衛』の眼帯、刀など私物から撮影で使用された小道具まで幅広く展示された 長男の新田真剣佑と次男の眞栄田郷敦は欠席し、手紙で連名のコメントを寄せた 新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、午前の一般の部にファン150人、夕方から「共に闘った戦友達のお見送り」として関係者200人が参列した(関係者、ファン合わせ約500人との報道もあり)。

2022年8月19日、大願寺(東京・新宿区)で、長男 新田真剣佑と次男 眞栄田郷敦を願主に千葉真一一周忌法要が営まれた。真剣佑と郷敦は仕事で欠席したが、連名で「またこうして故人の思いを皆さまと共に分かち合い、新たな絆が生まれました」とメッセージを寄せた。祭壇には千葉真一主演映画『魔界転生』(1981年)で務めた柳生十兵衛役の写真などが遺影として飾られ、大村崑、山田隆夫、若山騎一郎ら約100人が参列した。

2023年1月22日、千葉の誕生日に長男 新田真剣佑と次男 眞栄田郷敦が共に一般女性と結婚したことを発表した。

テレビドラマ『キイハンター』で共演した野際陽子と1973年に結婚し、一人娘の真瀬樹里を儲ける おしどり夫婦として有名だったが、ハリウッドで仕事が増え始めて拠点を移したい千葉と、日本に居たい野際の意志不一致から、1994年に離婚 記者会見を野際と一緒に行うなど憎みあっての離婚ではないため、真瀬共々良好な関係を続けており、真瀬とはテレビ時代劇『寺子屋ゆめ指南』、『風林火山』で共演し、複数のトーク番組へ一緒に出演している。1996年に28歳年下の一般女性と再婚。長男・新田真剣佑と次男・眞栄田郷敦を授かり、アメリカ合衆国カリフォルニア州ビバリーヒルズに在住していた。2015年に一般女性と離婚したが、その女性とは子供たちともども良好な関係を続けていた。
2010年10月22日には東京・グランドプリンスホテル赤坂で、結婚披露宴を兼ねた芸能生活50周年記念式典を開いた。もともとはアントニオ猪木・池谷幸雄・石田純一・市川亀治郎・今井雅之・内野聖陽・梅宮辰夫・岡崎二朗・ガッツ石松・川地民夫・神取忍・樹木希林・北の湖敏満・京本政樹・具志堅用高・郷田勇三・小林幸子・コロッケ・高橋英樹・竹本直一・田中好子・谷村新司・津川雅彦・十朱幸代・夏八木勲・白竜・張本勲・布施明・風吹ジュン・松井章圭・松坂慶子・美川憲一・三田佳子・やまさき十三・山本KID徳郁・横峯良郎・ラモス瑠偉ら計60名を発起人とした芸能生活50周年記念式典が先に決まっていたところ、現妻と挙式や披露宴をしていなかったため、千葉の要望で記念式典と合わせて企画された。前半の披露宴には家族でキャンドル点灯のほか、長女・真瀬樹里は父への尊敬とお祝いの挨拶が行われ(⇒ #人柄)、芸能界にまだ入っていなかった長男・新田真剣佑と次男・眞栄田郷敦の二人も登壇し、手紙を読み上げる形で両親を祝福した。後半の記念式典では出演した260本の映画・テレビドラマなどが順に紹介され、千葉は樹里と殺陣、真剣佑・郷敦とは空手道の演武で型と杉板の試割りを、家族皆で披露した。勝野洋・小堺一機・夏樹陽子らは花環を贈呈し、出席者に上記発起人ほか、太田昭宏・北島三郎・関根勤・高岡早紀・高橋和也、デヴィ・スカルノ、南部虎弾、ビリー・ブランクス、堀田眞三・魔裟斗・松木安太郎ら、多数の芸能人を含む各界から約600人がお祝いに集まった。千葉は「あっという間の50年だった まだまだ、やり残したことがあるので精進したいと思う ハリウッドで日本の俳優を育てたい」と新たな目標を掲げた。

7月末に感染。せきなどの症状はあったが、元気だったので、そのまま自宅療養を続けていた。しかし8月4日に38.8度の熱を発し、PCR検査の数値も悪く、肺炎が悪化。救急車で搬送され、8日に入院した。酸素吸入などの治療を受け、一時は回復する兆しがあったものの、容体は急変。18日あたりから意識がなくなり、そのまま息を引き取った。新田真剣佑はハリウッド映画の撮影で米国に滞在しており、長女・真瀬樹里と次男・眞栄田郷敦は仕事後に駆けつけるも、3人は父親の最期を看取ることができなかった。

緊急事態宣言中のため、通夜は行われていない。翌20日、眞栄田郷敦を喪主とし、葬儀が営まれた。列席は限定されていたため、親戚5人のみが参列。荼毘に付され、郷敦と前夫人が遺骨を拾った。

眞栄田郷敦は防護服を着て対面した日の夜に、所属事務所を通じて「一方的な約束をしてきました それを守るだけです」と発表した。

『寺子屋ゆめ指南』で父娘役を演じた西田尚美は、「千葉さん、信じられません 半年間、時代劇で私の父上様でした」と受け入れがたい心境を吐露した 同ドラマは千葉と長女・真瀬樹里の初共演作でもあり、西田は「千葉さんと娘さんの樹里ちゃんと殺陣のお稽古とか…私がふらふらになっても、千葉さんと樹里ちゃんはとても楽しそうで なんて素晴らしい時間だったんだろう」と振り返りつつ、「ありがとうございました 心よりご冥福をお祈り致します」と結び、西田が2014年3月2日にリツイートした千葉、真瀬、新田真剣佑。眞栄田郷敦の写真を添えている。

誕生日の2022年1月22日、千葉が設立した「ジャパン・アクション・クラブ(JAC)」が中心となって組織された実行委員会(発起人はJAC一期生の栗原敏、七期生の関根大学、若山騎一郎)などによる、「お別れの会~さらば!千葉真一~」が東京都港区の増上寺・光摂殿で営まれた 1979年公開映画『戦国自衛隊』のオフショットとして撮影された写真が遺影として飾られ、足元には映画『戦国自衛隊』の撮影で使用された日本刀とヘルメットが添えられた 祭壇は千葉が生前に描いた油絵をもとにして約4000本の菊やキキョウを使って白い富士山をデザインされた BGMとして千葉のお気に入りだった「ララバイ・オブ・ユー」(映画『戦国自衛隊』エンディング曲)などが流された また、千葉の愛用の空手着や、主演を務めた時代劇『柳生十兵衛』の眼帯、刀など私物から撮影で使用された小道具まで幅広く展示された 長男の新田真剣佑と次男の眞栄田郷敦は欠席し、手紙で連名のコメントを寄せた 新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で、午前の一般の部にファン150人、夕方から「共に闘った戦友達のお見送り」として関係者200人が参列した(関係者、ファン合わせ約500人との報道もあり)。

2022年8月19日、大願寺(東京・新宿区)で、長男 新田真剣佑と次男 眞栄田郷敦を願主に千葉真一一周忌法要が営まれた。真剣佑と郷敦は仕事で欠席したが、連名で「またこうして故人の思いを皆さまと共に分かち合い、新たな絆が生まれました」とメッセージを寄せた。祭壇には千葉真一主演映画『魔界転生』(1981年)で務めた柳生十兵衛役の写真などが遺影として飾られ、大村崑、山田隆夫、若山騎一郎ら約100人が参列した。

2023年1月22日、千葉の誕生日に長男 新田真剣佑と次男 眞栄田郷敦が共に一般女性と結婚したことを発表した。

テレビドラマ『キイハンター』で共演した野際陽子と1973年に結婚し、一人娘の真瀬樹里を儲ける おしどり夫婦として有名だったが、ハリウッドで仕事が増え始めて拠点を移したい千葉と、日本に居たい野際の意志不一致から、1994年に離婚 記者会見を野際と一緒に行うなど憎みあっての離婚ではないため、真瀬共々良好な関係を続けており、真瀬とはテレビ時代劇『寺子屋ゆめ指南』、『風林火山』で共演し、複数のトーク番組へ一緒に出演している。1996年に28歳年下の一般女性と再婚。長男・新田真剣佑と次男・眞栄田郷敦を授かり、アメリカ合衆国カリフォルニア州ビバリーヒルズに在住していた。2015年に一般女性と離婚したが、その女性とは子供たちともども良好な関係を続けていた。
千葉真一のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
千葉真一 文化庁長官表彰
千葉真一 中島貞夫
千葉真一 日本刀
千葉真一 #空手道
千葉真一 東映ニューフェイス
千葉真一 千葉真一 改め 和千永倫道
千葉真一 小林幸子
千葉真一 ハリウッド
千葉真一 堀田眞三
千葉真一 新田真剣佑
千葉真一のつながりをもっと見る