Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

DJ_KOO ミキシング マルチトラック・レコーダー

ディージェイ・コー
DJ_KOO
DJ KOO(ディージェイ・コー 、本名:髙瀨 浩一(たかせ こういち)、1961年(昭和36年)8月8日 - )は、日本のDJ、ミュージシャン、サウンドクリエーター、バラエティタレント。東京都出身。TRFのメンバーでDJ担当のリーダー。日本のダンスミュージックを黎明期から知る。他、The JG's、WEST 87、Phal、シュウマイDJ、WILLとしても活動。年間1000個以上食べるパン好きとしても有名である。自称パンDJ。



元々は、BLACK SABBATHのコピーバンドなどをやるロック少年だった。
横浜ベイサイドクラブのイベント「TK RAVE FACTORY」を開催する際に、横浜ベイサイドクラブからDJ KOOにオファーが舞い込み、主催者の小室哲哉の音楽への造詣の深さに感動し、「押しかけ付き人」と称して小室の作業を見ながらリハーサル・レコーディング作業・雑用等をこなした。
「EZ DO DANCE」から事実上の共同プロデューサーとしても関わるようになり、主に小室から仮歌が入ったデモテープと簡単なイメージワードをもらい、その意図をくみ取る形でYU-KIのボーカルのディレクション・ピッチ修正・リズム修正・ノイズ処理等のミキシング作業をDJ KOOとYU-KIの主導で行っていき、出来上がったボーカル音源を小室と2人でチェックするという流れが基本として出来上がった。
その他にも小室の色々なセッションにクレジットの有無に関わらず必ずスタッフとして付くようになり、マルチトラック・レコーダーが回る前からレコーディング作業に関わるようになる。
小室とサウンド関連のコンセプトのミーティングを行い、マニピュレーターとして既に存在しているプリセット音源のデータを元にダンサーが踊りやすいリズムを開発・修正していた。
ハイハットの音色が1個入る所からプロモーションまで密着し、マルチトラック・レコーダーを抱えて次のスタジオに走ることもあった。
テレビ・ライブ等の表舞台に出る際は「1時間半のワンパートでフロアを盛り上げる」という本来のDJの仕事から外れ、「平均3分・1曲の間を盛り上げて」という小室の指示に応えるために、公演毎にグルーヴをその場でボタン1つで変えたり、観客を普段のDJのノウハウ通りにアクションで煽り、自分のブースやビジュアルにインパクトを持たせることで対応した。
最も当時は「盛り上げる」というより「何とか3分持たせる」ことができるように努めていた。
2022/11/26(土)
元々は、BLACK SABBATHのコピーバンドなどをやるロック少年だった。
横浜ベイサイドクラブのイベント「TK RAVE FACTORY」を開催する際に、横浜ベイサイドクラブからDJ KOOにオファーが舞い込み、主催者の小室哲哉の音楽への造詣の深さに感動し、「押しかけ付き人」と称して小室の作業を見ながらリハーサル・レコーディング作業・雑用等をこなした 「EZ DO DANCE」から事実上の共同プロデューサーとしても関わるようになり、主に小室から仮歌が入ったデモテープと簡単なイメージワードをもらい、その意図をくみ取る形でYU-KIのボーカルのディレクション・ピッチ修正・リズム修正・ノイズ処理等のミキシング作業をDJ KOOとYU-KIの主導で行っていき、出来上がったボーカル音源を小室と2人でチェックするという流れが基本として出来上がった。その他にも小室の色々なセッションにクレジットの有無に関わらず必ずスタッフとして付くようになり、マルチトラック・レコーダーが回る前からレコーディング作業に関わるようになる。小室とサウンド関連のコンセプトのミーティングを行い、マニピュレーターとして既に存在しているプリセット音源のデータを元にダンサーが踊りやすいリズムを開発・修正していた。ハイハットの音色が1個入る所からプロモーションまで密着し、マルチトラック・レコーダーを抱えて次のスタジオに走ることもあった。
テレビ・ライブ等の表舞台に出る際は「1時間半のワンパートでフロアを盛り上げる」という本来のDJの仕事から外れ、「平均3分・1曲の間を盛り上げて」という小室の指示に応えるために、公演毎にグルーヴをその場でボタン1つで変えたり、観客を普段のDJのノウハウ通りにアクションで煽り、自分のブースやビジュアルにインパクトを持たせることで対応した 最も当時は「盛り上げる」というより「何とか3分持たせる」ことができるように努めていた。
元々は、BLACK SABBATHのコピーバンドなどをやるロック少年だった。
横浜ベイサイドクラブのイベント「TK RAVE FACTORY」を開催する際に、横浜ベイサイドクラブからDJ KOOにオファーが舞い込み、主催者の小室哲哉の音楽への造詣の深さに感動し、「押しかけ付き人」と称して小室の作業を見ながらリハーサル・レコーディング作業・雑用等をこなした 「EZ DO DANCE」から事実上の共同プロデューサーとしても関わるようになり、主に小室から仮歌が入ったデモテープと簡単なイメージワードをもらい、その意図をくみ取る形でYU-KIのボーカルのディレクション・ピッチ修正・リズム修正・ノイズ処理等のミキシング作業をDJ KOOとYU-KIの主導で行っていき、出来上がったボーカル音源を小室と2人でチェックするという流れが基本として出来上がった。その他にも小室の色々なセッションにクレジットの有無に関わらず必ずスタッフとして付くようになり、マルチトラック・レコーダーが回る前からレコーディング作業に関わるようになる。小室とサウンド関連のコンセプトのミーティングを行い、マニピュレーターとして既に存在しているプリセット音源のデータを元にダンサーが踊りやすいリズムを開発・修正していた。ハイハットの音色が1個入る所からプロモーションまで密着し、マルチトラック・レコーダーを抱えて次のスタジオに走ることもあった。
テレビ・ライブ等の表舞台に出る際は「1時間半のワンパートでフロアを盛り上げる」という本来のDJの仕事から外れ、「平均3分・1曲の間を盛り上げて」という小室の指示に応えるために、公演毎にグルーヴをその場でボタン1つで変えたり、観客を普段のDJのノウハウ通りにアクションで煽り、自分のブースやビジュアルにインパクトを持たせることで対応した 最も当時は「盛り上げる」というより「何とか3分持たせる」ことができるように努めていた。
元々は、BLACK SABBATHのコピーバンドなどをやるロック少年だった。
横浜ベイサイドクラブのイベント「TK RAVE FACTORY」を開催する際に、横浜ベイサイドクラブからDJ KOOにオファーが舞い込み、主催者の小室哲哉の音楽への造詣の深さに感動し、「押しかけ付き人」と称して小室の作業を見ながらリハーサル・レコーディング作業・雑用等をこなした 「EZ DO DANCE」から事実上の共同プロデューサーとしても関わるようになり、主に小室から仮歌が入ったデモテープと簡単なイメージワードをもらい、その意図をくみ取る形でYU-KIのボーカルのディレクション・ピッチ修正・リズム修正・ノイズ処理等のミキシング作業をDJ KOOとYU-KIの主導で行っていき、出来上がったボーカル音源を小室と2人でチェックするという流れが基本として出来上がった。その他にも小室の色々なセッションにクレジットの有無に関わらず必ずスタッフとして付くようになり、マルチトラック・レコーダーが回る前からレコーディング作業に関わるようになる。小室とサウンド関連のコンセプトのミーティングを行い、マニピュレーターとして既に存在しているプリセット音源のデータを元にダンサーが踊りやすいリズムを開発・修正していた。ハイハットの音色が1個入る所からプロモーションまで密着し、マルチトラック・レコーダーを抱えて次のスタジオに走ることもあった。
テレビ・ライブ等の表舞台に出る際は「1時間半のワンパートでフロアを盛り上げる」という本来のDJの仕事から外れ、「平均3分・1曲の間を盛り上げて」という小室の指示に応えるために、公演毎にグルーヴをその場でボタン1つで変えたり、観客を普段のDJのノウハウ通りにアクションで煽り、自分のブースやビジュアルにインパクトを持たせることで対応した 最も当時は「盛り上げる」というより「何とか3分持たせる」ことができるように努めていた。
DJ_KOOのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
DJ_KOO YU-KI
DJ_KOO TRF
DJ_KOOのつながりをもっと見る