Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) 東北地方

サンドウィッチマン
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ)
サンドウィッチマンは、グレープカンパニーに所属する伊達みきおと富澤たけしからなる日本のお笑いコンビ、司会者。1998年9月コンビ結成。愛称及び略称は「サンド」。M-1グランプリ2007王者、キングオブコント2009準優勝。みやぎ絆大使、東北楽天ゴールデンイーグルス応援大使、ベガルタ仙台市民後援会名誉会員、喜久福親善大使、宮城ラグビー親善大使、松島町観光親善大使、伊達美味PR大使、伊達なふるさと大使。



2011年3月11日、宮城県気仙沼市の漁港にて、『サンドのぼんやり〜ぬTV』(TBCテレビ)のロケの最中に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生し被災したが、すぐにスタッフと出演者が全員無事である旨をブログで報告(後述)。
M-1・2009終了直後のよしもとオンラインでは「あくまで敗者復活枠からの優勝であり、本当は決勝8組に入って優勝したかった」と述べている。
また、前述の「キンタ漫才」が原因で決勝に行けなかったかもしれない」と富澤はコメントした。
関西出身者が有利と言われている漫才の賞レースにおいて、「お笑い不毛の地」とも言われる東北地方の出身者として初めて優勝を果たした。
M-1での優勝後、休止期間を挟んでM-1が再開された際は富澤が2015年と2018年〜2021年大会の審査員として出演した。
2011年3月11日、気仙沼港市場で『サンドのぼんやり〜ぬTV』(TBCテレビ)のロケ中に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生し被災した。
東北放送のスタッフの指示で安波山に避難したが、津波で町が浸水した上に火災が発生して街中が火の海と化し、下山できない状況になった。
その後、気仙沼市内のホテルのロビーに避難した。
TBCスタッフが避難時の車内の様子や、大津波や火災の模様を撮影した映像は4月14日放送の『芸人記者 体当たりスクープSP』(TBSテレビ)にて放送された。
翌朝、無事である旨をブログで報告 TBC社屋へ向かう最中『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)、テレビ東京とフジテレビの災害特番に電話出演した。
その日は双方の実家へ寄り肉親の無事を確認後、翌日10時間かけて東京へ戻った。
なお、ブログのコメント欄は安否情報の連絡掲示板として開放されている。
2011年3月12日、伊達は公式ブログを更新。
エントリー『みんな頑張れ!』に『戦後、俺たちのじいちゃんやばぁちゃんは日本を復活させた。
世界には奇跡と言われた日本の復興 必ず復興します! 日本をナメるな! 東北をナメるな!』という一文を掲載した。
イギリスの新聞『インデペンデント』のジョン・マリン編集長は、編集部スタッフから「日本人の妻が感動的なブログを読んだ」と聞き、「震災の悲惨さを伝えるのも大切だが、人々を勇気づけるメッセージ発信も新聞の役割」と考えて、2011年3月13日の日曜版に「がんばれ、日本!(Don't give up Japan!)」「がんばれ、東北!(Don't give up Tohoku!)」の文字に日の丸を遇らった一面記事を掲載した。
なお上記の一文は英語に翻訳され、インデペンデント電子版に紹介されている。
2011年3月15日、『DON!』(日本テレビ)に親族が罹災したフリーアナウンサーの生島ヒロシと共に出演。
気仙沼市を襲った津波の様子などについて語った上で避難所の映像などを積極的に放送し、安否情報を得られるようにして欲しいと訴えた。
2011年3月16日、記者会見で「“東北魂”東北地方太平洋沖地震義援金口座」と銘打った銀行口座を開設と募金活動の開始を発表 2人で1,000万円を寄付する。
東北魂のロゴ入りチャリティグッズも販売を開始した。
富澤によれば和田アキ子からも電話がかかって来て、「何をしたらいいか教えてくれ、テレビ見てて辛い」と涙声だったという(これがホリプロ「あの鐘を鳴らすのはあなた基金」の開設へと繋がった) また、M-1で審査委員長及び大会実行委員長を務めていた紳助などから「お前らが先頭切って動けばみんなも協力する」との激励があったことも明かしている。
5月27日、2人は宮城県庁を訪れ、義援金9,000万円の小切手とチャリティグッズのTシャツを、村井嘉浩宮城県知事に手渡した。
26日までのわずか10日間で義援金口座には2万6297人から振込みがあり、チャリティーライブとチャリティグッズの収益を含め2億9,722万円が集まった。
義援金は岩手県や福島県、宮城県など計6県に渡して回った。
2011年3月18日、以前からの目標であった『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティを、ニッポン放送のオファーに応える形で初めて担当した。
金曜パーソナリティはAKB48だったが、放送前日に一日限定での変更が発表されている。
昼夜安否情報を流していたTBCも「サンドウィッチマンが担当するのなら」と急遽2時間ではあるがオールナイトニッポンを放送することを決定 番組に届けられたメール数は通常放送時の約5倍にあたる1万通であり、被災地からのメールが半数に上った。
この放送については、ライバル局であるTBSラジオでパーソナリティを務めていたバナナマンからも宣伝され、この様子を生放送中にリスナーからのFAXで伝えられた2人は「涙が出そうなほど嬉しい」と語った。
またこの番組の後、『サンドウィッチマンの10分もらえたぜ!』(TBSラジオ)を担当する運びとなった。
2022/11/28(月)
2011年3月11日、宮城県気仙沼市の漁港にて、『サンドのぼんやり〜ぬTV』(TBCテレビ)のロケの最中に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生し被災したが、すぐにスタッフと出演者が全員無事である旨をブログで報告(後述)。

M-1・2009終了直後のよしもとオンラインでは「あくまで敗者復活枠からの優勝であり、本当は決勝8組に入って優勝したかった」と述べている また、前述の「キンタ漫才」が原因で決勝に行けなかったかもしれない」と富澤はコメントした。
関西出身者が有利と言われている漫才の賞レースにおいて、「お笑い不毛の地」とも言われる東北地方の出身者として初めて優勝を果たした。
M-1での優勝後、休止期間を挟んでM-1が再開された際は富澤が2015年と2018年〜2021年大会の審査員として出演した。
2011年3月11日、気仙沼港市場で『サンドのぼんやり〜ぬTV』(TBCテレビ)のロケ中に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生し被災した 東北放送のスタッフの指示で安波山に避難したが、津波で町が浸水した上に火災が発生して街中が火の海と化し、下山できない状況になった その後、気仙沼市内のホテルのロビーに避難した TBCスタッフが避難時の車内の様子や、大津波や火災の模様を撮影した映像は4月14日放送の『芸人記者 体当たりスクープSP』(TBSテレビ)にて放送された 翌朝、無事である旨をブログで報告 TBC社屋へ向かう最中『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)、テレビ東京とフジテレビの災害特番に電話出演した。その日は双方の実家へ寄り肉親の無事を確認後、翌日10時間かけて東京へ戻った。なお、ブログのコメント欄は安否情報の連絡掲示板として開放されている。
2011年3月12日、伊達は公式ブログを更新。エントリー『みんな頑張れ!』に『戦後、俺たちのじいちゃんやばぁちゃんは日本を復活させた 世界には奇跡と言われた日本の復興 必ず復興します! 日本をナメるな! 東北をナメるな!』という一文を掲載した イギリスの新聞『インデペンデント』のジョン・マリン編集長は、編集部スタッフから「日本人の妻が感動的なブログを読んだ」と聞き、「震災の悲惨さを伝えるのも大切だが、人々を勇気づけるメッセージ発信も新聞の役割」と考えて、2011年3月13日の日曜版に「がんばれ、日本!(Don't give up Japan!)」「がんばれ、東北!(Don't give up Tohoku!)」の文字に日の丸を遇らった一面記事を掲載した。なお上記の一文は英語に翻訳され、インデペンデント電子版に紹介されている。
2011年3月15日、『DON!』(日本テレビ)に親族が罹災したフリーアナウンサーの生島ヒロシと共に出演。気仙沼市を襲った津波の様子などについて語った上で避難所の映像などを積極的に放送し、安否情報を得られるようにして欲しいと訴えた。
2011年3月16日、記者会見で「“東北魂”東北地方太平洋沖地震義援金口座」と銘打った銀行口座を開設と募金活動の開始を発表 2人で1,000万円を寄付する 東北魂のロゴ入りチャリティグッズも販売を開始した 富澤によれば和田アキ子からも電話がかかって来て、「何をしたらいいか教えてくれ、テレビ見てて辛い」と涙声だったという(これがホリプロ「あの鐘を鳴らすのはあなた基金」の開設へと繋がった) また、M-1で審査委員長及び大会実行委員長を務めていた紳助などから「お前らが先頭切って動けばみんなも協力する」との激励があったことも明かしている。5月27日、2人は宮城県庁を訪れ、義援金9,000万円の小切手とチャリティグッズのTシャツを、村井嘉浩宮城県知事に手渡した。26日までのわずか10日間で義援金口座には2万6297人から振込みがあり、チャリティーライブとチャリティグッズの収益を含め2億9,722万円が集まった。義援金は岩手県や福島県、宮城県など計6県に渡して回った。
2011年3月18日、以前からの目標であった『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティを、ニッポン放送のオファーに応える形で初めて担当した 金曜パーソナリティはAKB48だったが、放送前日に一日限定での変更が発表されている 昼夜安否情報を流していたTBCも「サンドウィッチマンが担当するのなら」と急遽2時間ではあるがオールナイトニッポンを放送することを決定 番組に届けられたメール数は通常放送時の約5倍にあたる1万通であり、被災地からのメールが半数に上った この放送については、ライバル局であるTBSラジオでパーソナリティを務めていたバナナマンからも宣伝され、この様子を生放送中にリスナーからのFAXで伝えられた2人は「涙が出そうなほど嬉しい」と語った またこの番組の後、『サンドウィッチマンの10分もらえたぜ!』(TBSラジオ)を担当する運びとなった。
2011年3月11日、宮城県気仙沼市の漁港にて、『サンドのぼんやり〜ぬTV』(TBCテレビ)のロケの最中に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生し被災したが、すぐにスタッフと出演者が全員無事である旨をブログで報告(後述)。

M-1・2009終了直後のよしもとオンラインでは「あくまで敗者復活枠からの優勝であり、本当は決勝8組に入って優勝したかった」と述べている また、前述の「キンタ漫才」が原因で決勝に行けなかったかもしれない」と富澤はコメントした。
関西出身者が有利と言われている漫才の賞レースにおいて、「お笑い不毛の地」とも言われる東北地方の出身者として初めて優勝を果たした。
M-1での優勝後、休止期間を挟んでM-1が再開された際は富澤が2015年と2018年〜2021年大会の審査員として出演した。
2011年3月11日、気仙沼港市場で『サンドのぼんやり〜ぬTV』(TBCテレビ)のロケ中に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生し被災した 東北放送のスタッフの指示で安波山に避難したが、津波で町が浸水した上に火災が発生して街中が火の海と化し、下山できない状況になった その後、気仙沼市内のホテルのロビーに避難した TBCスタッフが避難時の車内の様子や、大津波や火災の模様を撮影した映像は4月14日放送の『芸人記者 体当たりスクープSP』(TBSテレビ)にて放送された 翌朝、無事である旨をブログで報告 TBC社屋へ向かう最中『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)、テレビ東京とフジテレビの災害特番に電話出演した。その日は双方の実家へ寄り肉親の無事を確認後、翌日10時間かけて東京へ戻った。なお、ブログのコメント欄は安否情報の連絡掲示板として開放されている。
2011年3月12日、伊達は公式ブログを更新。エントリー『みんな頑張れ!』に『戦後、俺たちのじいちゃんやばぁちゃんは日本を復活させた 世界には奇跡と言われた日本の復興 必ず復興します! 日本をナメるな! 東北をナメるな!』という一文を掲載した イギリスの新聞『インデペンデント』のジョン・マリン編集長は、編集部スタッフから「日本人の妻が感動的なブログを読んだ」と聞き、「震災の悲惨さを伝えるのも大切だが、人々を勇気づけるメッセージ発信も新聞の役割」と考えて、2011年3月13日の日曜版に「がんばれ、日本!(Don't give up Japan!)」「がんばれ、東北!(Don't give up Tohoku!)」の文字に日の丸を遇らった一面記事を掲載した。なお上記の一文は英語に翻訳され、インデペンデント電子版に紹介されている。
2011年3月15日、『DON!』(日本テレビ)に親族が罹災したフリーアナウンサーの生島ヒロシと共に出演。気仙沼市を襲った津波の様子などについて語った上で避難所の映像などを積極的に放送し、安否情報を得られるようにして欲しいと訴えた。
2011年3月16日、記者会見で「“東北魂”東北地方太平洋沖地震義援金口座」と銘打った銀行口座を開設と募金活動の開始を発表 2人で1,000万円を寄付する 東北魂のロゴ入りチャリティグッズも販売を開始した 富澤によれば和田アキ子からも電話がかかって来て、「何をしたらいいか教えてくれ、テレビ見てて辛い」と涙声だったという(これがホリプロ「あの鐘を鳴らすのはあなた基金」の開設へと繋がった) また、M-1で審査委員長及び大会実行委員長を務めていた紳助などから「お前らが先頭切って動けばみんなも協力する」との激励があったことも明かしている。5月27日、2人は宮城県庁を訪れ、義援金9,000万円の小切手とチャリティグッズのTシャツを、村井嘉浩宮城県知事に手渡した。26日までのわずか10日間で義援金口座には2万6297人から振込みがあり、チャリティーライブとチャリティグッズの収益を含め2億9,722万円が集まった。義援金は岩手県や福島県、宮城県など計6県に渡して回った。
2011年3月18日、以前からの目標であった『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティを、ニッポン放送のオファーに応える形で初めて担当した 金曜パーソナリティはAKB48だったが、放送前日に一日限定での変更が発表されている 昼夜安否情報を流していたTBCも「サンドウィッチマンが担当するのなら」と急遽2時間ではあるがオールナイトニッポンを放送することを決定 番組に届けられたメール数は通常放送時の約5倍にあたる1万通であり、被災地からのメールが半数に上った この放送については、ライバル局であるTBSラジオでパーソナリティを務めていたバナナマンからも宣伝され、この様子を生放送中にリスナーからのFAXで伝えられた2人は「涙が出そうなほど嬉しい」と語った またこの番組の後、『サンドウィッチマンの10分もらえたぜ!』(TBSラジオ)を担当する運びとなった。
2011年3月11日、宮城県気仙沼市の漁港にて、『サンドのぼんやり〜ぬTV』(TBCテレビ)のロケの最中に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生し被災したが、すぐにスタッフと出演者が全員無事である旨をブログで報告(後述)。

M-1・2009終了直後のよしもとオンラインでは「あくまで敗者復活枠からの優勝であり、本当は決勝8組に入って優勝したかった」と述べている また、前述の「キンタ漫才」が原因で決勝に行けなかったかもしれない」と富澤はコメントした。
関西出身者が有利と言われている漫才の賞レースにおいて、「お笑い不毛の地」とも言われる東北地方の出身者として初めて優勝を果たした。
M-1での優勝後、休止期間を挟んでM-1が再開された際は富澤が2015年と2018年〜2021年大会の審査員として出演した。
2011年3月11日、気仙沼港市場で『サンドのぼんやり〜ぬTV』(TBCテレビ)のロケ中に東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が発生し被災した 東北放送のスタッフの指示で安波山に避難したが、津波で町が浸水した上に火災が発生して街中が火の海と化し、下山できない状況になった その後、気仙沼市内のホテルのロビーに避難した TBCスタッフが避難時の車内の様子や、大津波や火災の模様を撮影した映像は4月14日放送の『芸人記者 体当たりスクープSP』(TBSテレビ)にて放送された 翌朝、無事である旨をブログで報告 TBC社屋へ向かう最中『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)、テレビ東京とフジテレビの災害特番に電話出演した。その日は双方の実家へ寄り肉親の無事を確認後、翌日10時間かけて東京へ戻った。なお、ブログのコメント欄は安否情報の連絡掲示板として開放されている。
2011年3月12日、伊達は公式ブログを更新。エントリー『みんな頑張れ!』に『戦後、俺たちのじいちゃんやばぁちゃんは日本を復活させた 世界には奇跡と言われた日本の復興 必ず復興します! 日本をナメるな! 東北をナメるな!』という一文を掲載した イギリスの新聞『インデペンデント』のジョン・マリン編集長は、編集部スタッフから「日本人の妻が感動的なブログを読んだ」と聞き、「震災の悲惨さを伝えるのも大切だが、人々を勇気づけるメッセージ発信も新聞の役割」と考えて、2011年3月13日の日曜版に「がんばれ、日本!(Don't give up Japan!)」「がんばれ、東北!(Don't give up Tohoku!)」の文字に日の丸を遇らった一面記事を掲載した。なお上記の一文は英語に翻訳され、インデペンデント電子版に紹介されている。
2011年3月15日、『DON!』(日本テレビ)に親族が罹災したフリーアナウンサーの生島ヒロシと共に出演。気仙沼市を襲った津波の様子などについて語った上で避難所の映像などを積極的に放送し、安否情報を得られるようにして欲しいと訴えた。
2011年3月16日、記者会見で「“東北魂”東北地方太平洋沖地震義援金口座」と銘打った銀行口座を開設と募金活動の開始を発表 2人で1,000万円を寄付する 東北魂のロゴ入りチャリティグッズも販売を開始した 富澤によれば和田アキ子からも電話がかかって来て、「何をしたらいいか教えてくれ、テレビ見てて辛い」と涙声だったという(これがホリプロ「あの鐘を鳴らすのはあなた基金」の開設へと繋がった) また、M-1で審査委員長及び大会実行委員長を務めていた紳助などから「お前らが先頭切って動けばみんなも協力する」との激励があったことも明かしている。5月27日、2人は宮城県庁を訪れ、義援金9,000万円の小切手とチャリティグッズのTシャツを、村井嘉浩宮城県知事に手渡した。26日までのわずか10日間で義援金口座には2万6297人から振込みがあり、チャリティーライブとチャリティグッズの収益を含め2億9,722万円が集まった。義援金は岩手県や福島県、宮城県など計6県に渡して回った。
2011年3月18日、以前からの目標であった『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のパーソナリティを、ニッポン放送のオファーに応える形で初めて担当した 金曜パーソナリティはAKB48だったが、放送前日に一日限定での変更が発表されている 昼夜安否情報を流していたTBCも「サンドウィッチマンが担当するのなら」と急遽2時間ではあるがオールナイトニッポンを放送することを決定 番組に届けられたメール数は通常放送時の約5倍にあたる1万通であり、被災地からのメールが半数に上った この放送については、ライバル局であるTBSラジオでパーソナリティを務めていたバナナマンからも宣伝され、この様子を生放送中にリスナーからのFAXで伝えられた2人は「涙が出そうなほど嬉しい」と語った またこの番組の後、『サンドウィッチマンの10分もらえたぜ!』(TBSラジオ)を担当する運びとなった。
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ)のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) オールナイトニッポン AKB48 バナナマン サンドウィッチマンの10分もらえたぜ!
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) ホリプロ
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) 村井嘉浩
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) 東北地方太平洋沖地震
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) フリーアナウンサー
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) 宮城県知事
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) サンドウィッチマン
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) 敗者復活戦
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) ツッコミ
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ) M-1グランプリ
サンドウィッチマン_(お笑いコンビ)のつながりをもっと見る