Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

爆笑問題 東国原英夫

ばくしょうもんだい
爆笑問題
爆笑問題(ばくしょうもんだい)は、タイタンに所属する太田光と田中裕二からなる日本のお笑いコンビ、司会者。略称は爆問、爆笑(さん)など。



その一方で、たけしの弟子である浅草キッドとは仲が悪く、特に太田と水道橋博士は犬猿の仲として知られていた。
原因として『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)代理時に太田が本人曰く「たけしイズム」を出そうとして発したボケ発言が影響しているという なお、東国原英夫はこのボケ発言を聞いて爆笑問題を絶賛している。
上記の通り、萩原正人(キリングセンス)が肝硬変で入院していた際、病院で爆笑とキッドが鉢合わせ(この時期、キッドも萩原の入院生活をサポートしていた)してしまい、萩原が寝ている病室で太田と博士が取っ組み合いの喧嘩を始め、病気で苦しんでいるはずの萩原がギャグでその場を取りなそうとしたこともあった。
その後、萩原の妻が一席を設けて、2人を一緒に酒を飲みに行き仲直りした。
ただしサブカルチャー系雑誌『Quick Japan』76号(太田出版)に収録された、フリーライターの吉田豪による「爆笑問題ロングインタビュー」によると、活動初期は別として、後の「抗争」はお笑い芸人的な予定調和を崩すための「ネタ」であり、実際は不仲ではないと語っている。
太田は玉袋筋太郎とはお互いの著書を交換してはラジオで評価しており、水道橋博士とは手紙で連絡を取っている。
2022/11/2(水)
その一方で、たけしの弟子である浅草キッドとは仲が悪く、特に太田と水道橋博士は犬猿の仲として知られていた。原因として『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)代理時に太田が本人曰く「たけしイズム」を出そうとして発したボケ発言が影響しているという なお、東国原英夫はこのボケ発言を聞いて爆笑問題を絶賛している 上記の通り、萩原正人(キリングセンス)が肝硬変で入院していた際、病院で爆笑とキッドが鉢合わせ(この時期、キッドも萩原の入院生活をサポートしていた)してしまい、萩原が寝ている病室で太田と博士が取っ組み合いの喧嘩を始め、病気で苦しんでいるはずの萩原がギャグでその場を取りなそうとしたこともあった その後、萩原の妻が一席を設けて、2人を一緒に酒を飲みに行き仲直りした ただしサブカルチャー系雑誌『Quick Japan』76号(太田出版)に収録された、フリーライターの吉田豪による「爆笑問題ロングインタビュー」によると、活動初期は別として、後の「抗争」はお笑い芸人的な予定調和を崩すための「ネタ」であり、実際は不仲ではないと語っている。
太田は玉袋筋太郎とはお互いの著書を交換してはラジオで評価しており、水道橋博士とは手紙で連絡を取っている。
その一方で、たけしの弟子である浅草キッドとは仲が悪く、特に太田と水道橋博士は犬猿の仲として知られていた。原因として『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)代理時に太田が本人曰く「たけしイズム」を出そうとして発したボケ発言が影響しているという なお、東国原英夫はこのボケ発言を聞いて爆笑問題を絶賛している 上記の通り、萩原正人(キリングセンス)が肝硬変で入院していた際、病院で爆笑とキッドが鉢合わせ(この時期、キッドも萩原の入院生活をサポートしていた)してしまい、萩原が寝ている病室で太田と博士が取っ組み合いの喧嘩を始め、病気で苦しんでいるはずの萩原がギャグでその場を取りなそうとしたこともあった その後、萩原の妻が一席を設けて、2人を一緒に酒を飲みに行き仲直りした ただしサブカルチャー系雑誌『Quick Japan』76号(太田出版)に収録された、フリーライターの吉田豪による「爆笑問題ロングインタビュー」によると、活動初期は別として、後の「抗争」はお笑い芸人的な予定調和を崩すための「ネタ」であり、実際は不仲ではないと語っている。
太田は玉袋筋太郎とはお互いの著書を交換してはラジオで評価しており、水道橋博士とは手紙で連絡を取っている。
その一方で、たけしの弟子である浅草キッドとは仲が悪く、特に太田と水道橋博士は犬猿の仲として知られていた。原因として『ビートたけしのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)代理時に太田が本人曰く「たけしイズム」を出そうとして発したボケ発言が影響しているという なお、東国原英夫はこのボケ発言を聞いて爆笑問題を絶賛している 上記の通り、萩原正人(キリングセンス)が肝硬変で入院していた際、病院で爆笑とキッドが鉢合わせ(この時期、キッドも萩原の入院生活をサポートしていた)してしまい、萩原が寝ている病室で太田と博士が取っ組み合いの喧嘩を始め、病気で苦しんでいるはずの萩原がギャグでその場を取りなそうとしたこともあった その後、萩原の妻が一席を設けて、2人を一緒に酒を飲みに行き仲直りした ただしサブカルチャー系雑誌『Quick Japan』76号(太田出版)に収録された、フリーライターの吉田豪による「爆笑問題ロングインタビュー」によると、活動初期は別として、後の「抗争」はお笑い芸人的な予定調和を崩すための「ネタ」であり、実際は不仲ではないと語っている。
太田は玉袋筋太郎とはお互いの著書を交換してはラジオで評価しており、水道橋博士とは手紙で連絡を取っている。
爆笑問題のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
爆笑問題 肝硬変
爆笑問題 爆笑問題カーボーイ
爆笑問題 たけし
爆笑問題 笑っていいとも!
爆笑問題 インタビュー
爆笑問題 タモリ
爆笑問題 ビートたけし
爆笑問題 SMAP
爆笑問題のつながりをもっと見る