Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

フットボールアワー 大竹まこと

フットボールアワー
フットボールアワー
フットボールアワーは、岩尾望と後藤輝基からなる日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社(東京吉本)に所属。M-1グランプリ2003優勝者。略称は「フット」。



ネタ後の批評にて島田紳助は「去年僕低い点数つけたんですよ 1年間で見違えました。
びっくりしました」とコメントし、中田カウス(中田カウス・ボタン)は「コンビのコントラストもいいし、照れながらなんでもやってしまうという味があるでしょう 中々面白いコンビですね」と高評価した。
また、島田洋七は「ボケながらまた普通の人間に戻るという所がすごく(面白い)ね 相当奥深いですよ彼は」と岩尾のボケに賛辞を送った。
その後ファーストラウンドを1位で通過。
最終決戦では1番手で「披露宴の司会」を披露 最終審査では大竹まことと松本人志(ダウンタウン)から2票を得るが、5票を獲得したますだおかだに及ばず準優勝となる。
フット自身も優勝を逃したことが腑に落ちなかった様子で、紳助からは表彰式で「差は無かった」「負けてない」と高評価を受けている。
翌年の『放送室』(TOKYO FM)にて松本が「あの回はフットボールアワーが優勝だった。
ますだおかだはパンチがない オレと大竹さんしか投票していないことに驚いた。
審査した先輩に文句をつける訳ではないけど吉本の芸人だけ優勝させるとかコンビ歴10年(当時のラストイヤー)とか情が動いて投票しているようにしか思えない」と当時の結果を酷評した。
2022/11/24(木)
ネタ後の批評にて島田紳助は「去年僕低い点数つけたんですよ 1年間で見違えました びっくりしました」とコメントし、中田カウス(中田カウス・ボタン)は「コンビのコントラストもいいし、照れながらなんでもやってしまうという味があるでしょう 中々面白いコンビですね」と高評価した また、島田洋七は「ボケながらまた普通の人間に戻るという所がすごく(面白い)ね 相当奥深いですよ彼は」と岩尾のボケに賛辞を送った。
その後ファーストラウンドを1位で通過。最終決戦では1番手で「披露宴の司会」を披露 最終審査では大竹まことと松本人志(ダウンタウン)から2票を得るが、5票を獲得したますだおかだに及ばず準優勝となる フット自身も優勝を逃したことが腑に落ちなかった様子で、紳助からは表彰式で「差は無かった」「負けてない」と高評価を受けている 翌年の『放送室』(TOKYO FM)にて松本が「あの回はフットボールアワーが優勝だった ますだおかだはパンチがない オレと大竹さんしか投票していないことに驚いた 審査した先輩に文句をつける訳ではないけど吉本の芸人だけ優勝させるとかコンビ歴10年(当時のラストイヤー)とか情が動いて投票しているようにしか思えない」と当時の結果を酷評した。
ネタ後の批評にて島田紳助は「去年僕低い点数つけたんですよ 1年間で見違えました びっくりしました」とコメントし、中田カウス(中田カウス・ボタン)は「コンビのコントラストもいいし、照れながらなんでもやってしまうという味があるでしょう 中々面白いコンビですね」と高評価した また、島田洋七は「ボケながらまた普通の人間に戻るという所がすごく(面白い)ね 相当奥深いですよ彼は」と岩尾のボケに賛辞を送った。
その後ファーストラウンドを1位で通過。最終決戦では1番手で「披露宴の司会」を披露 最終審査では大竹まことと松本人志(ダウンタウン)から2票を得るが、5票を獲得したますだおかだに及ばず準優勝となる フット自身も優勝を逃したことが腑に落ちなかった様子で、紳助からは表彰式で「差は無かった」「負けてない」と高評価を受けている 翌年の『放送室』(TOKYO FM)にて松本が「あの回はフットボールアワーが優勝だった ますだおかだはパンチがない オレと大竹さんしか投票していないことに驚いた 審査した先輩に文句をつける訳ではないけど吉本の芸人だけ優勝させるとかコンビ歴10年(当時のラストイヤー)とか情が動いて投票しているようにしか思えない」と当時の結果を酷評した。
ネタ後の批評にて島田紳助は「去年僕低い点数つけたんですよ 1年間で見違えました びっくりしました」とコメントし、中田カウス(中田カウス・ボタン)は「コンビのコントラストもいいし、照れながらなんでもやってしまうという味があるでしょう 中々面白いコンビですね」と高評価した また、島田洋七は「ボケながらまた普通の人間に戻るという所がすごく(面白い)ね 相当奥深いですよ彼は」と岩尾のボケに賛辞を送った。
その後ファーストラウンドを1位で通過。最終決戦では1番手で「披露宴の司会」を披露 最終審査では大竹まことと松本人志(ダウンタウン)から2票を得るが、5票を獲得したますだおかだに及ばず準優勝となる フット自身も優勝を逃したことが腑に落ちなかった様子で、紳助からは表彰式で「差は無かった」「負けてない」と高評価を受けている 翌年の『放送室』(TOKYO FM)にて松本が「あの回はフットボールアワーが優勝だった ますだおかだはパンチがない オレと大竹さんしか投票していないことに驚いた 審査した先輩に文句をつける訳ではないけど吉本の芸人だけ優勝させるとかコンビ歴10年(当時のラストイヤー)とか情が動いて投票しているようにしか思えない」と当時の結果を酷評した。
フットボールアワーのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
フットボールアワー ルミネtheよしもと
フットボールアワー M-1グランプリ
フットボールアワー コントラスト
フットボールアワー 陣内智則
フットボールアワーのつながりをもっと見る