Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

8.6秒バズーカー 本多正識 新語・流行語大賞

はってんろくびょうバズーカー
8.6秒バズーカー
8.6秒バズーカー(はってんろくびょうバズーカー)は、日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社所属。略して「ハチロク」とも言われる。2014年結成。NSC大阪校36期生。



元々は普通に漫才をしていた二人だが、はまやねんが口下手で、ネタを言うタイミングがうまく行かなかったことから「リズムに乗せればネタもタイミング良く言える」という発想でリズムネタを行うこととなった。
「ラッスンゴレライ」というフレーズは、ネタ作りに困った田中がはまやねんを笑わそうとした時に生まれたという 「ラッスンゴレライ」と言い出してから1時間でネタを完成させ、次の日がネタ見せだったのでこのネタを持っていく NSC講師の本多正識は、彼らの芸を面白いとは思わなかったが「(やるなら)衣装も揃えて、ベルトもサングラスも靴も揃えて、トータルで綺麗にしてオリエンタルラジオのように動きのキレをよくしてやり」とアドバイスした。
田中はこのフレーズを「自転車に乗ってる時に思い付いた」とも述べている。
ブレイクのきっかけは2014年11月4日深夜に放送された『オサレもん』(フジテレビ)、そして『ぐるナイおもしろ荘』(日本テレビ)への出演で、中高生を中心に人気を獲得するようになっていった。
またスマホで彼らの動画を手軽に見せ合える若い世代のコミュニケーション環境も、急速な流行に拍車をかけた。
年末の新語・流行語大賞で、「ラッスンゴレライ」はノミネート50語に選ばれたが、トップ10からは漏れた。
落選の報を聞いて田中は「悔しいですね 上半期に頑張りすぎました…」と下半期の失速を悔やんだ。
2022/11/5(土)
元々は普通に漫才をしていた二人だが、はまやねんが口下手で、ネタを言うタイミングがうまく行かなかったことから「リズムに乗せればネタもタイミング良く言える」という発想でリズムネタを行うこととなった 「ラッスンゴレライ」というフレーズは、ネタ作りに困った田中がはまやねんを笑わそうとした時に生まれたという 「ラッスンゴレライ」と言い出してから1時間でネタを完成させ、次の日がネタ見せだったのでこのネタを持っていく NSC講師の本多正識は、彼らの芸を面白いとは思わなかったが「(やるなら)衣装も揃えて、ベルトもサングラスも靴も揃えて、トータルで綺麗にしてオリエンタルラジオのように動きのキレをよくしてやり」とアドバイスした 田中はこのフレーズを「自転車に乗ってる時に思い付いた」とも述べている ブレイクのきっかけは2014年11月4日深夜に放送された『オサレもん』(フジテレビ)、そして『ぐるナイおもしろ荘』(日本テレビ)への出演で、中高生を中心に人気を獲得するようになっていった またスマホで彼らの動画を手軽に見せ合える若い世代のコミュニケーション環境も、急速な流行に拍車をかけた 年末の新語・流行語大賞で、「ラッスンゴレライ」はノミネート50語に選ばれたが、トップ10からは漏れた 落選の報を聞いて田中は「悔しいですね 上半期に頑張りすぎました…」と下半期の失速を悔やんだ。
元々は普通に漫才をしていた二人だが、はまやねんが口下手で、ネタを言うタイミングがうまく行かなかったことから「リズムに乗せればネタもタイミング良く言える」という発想でリズムネタを行うこととなった 「ラッスンゴレライ」というフレーズは、ネタ作りに困った田中がはまやねんを笑わそうとした時に生まれたという 「ラッスンゴレライ」と言い出してから1時間でネタを完成させ、次の日がネタ見せだったのでこのネタを持っていく NSC講師の本多正識は、彼らの芸を面白いとは思わなかったが「(やるなら)衣装も揃えて、ベルトもサングラスも靴も揃えて、トータルで綺麗にしてオリエンタルラジオのように動きのキレをよくしてやり」とアドバイスした 田中はこのフレーズを「自転車に乗ってる時に思い付いた」とも述べている ブレイクのきっかけは2014年11月4日深夜に放送された『オサレもん』(フジテレビ)、そして『ぐるナイおもしろ荘』(日本テレビ)への出演で、中高生を中心に人気を獲得するようになっていった またスマホで彼らの動画を手軽に見せ合える若い世代のコミュニケーション環境も、急速な流行に拍車をかけた 年末の新語・流行語大賞で、「ラッスンゴレライ」はノミネート50語に選ばれたが、トップ10からは漏れた 落選の報を聞いて田中は「悔しいですね 上半期に頑張りすぎました…」と下半期の失速を悔やんだ。
元々は普通に漫才をしていた二人だが、はまやねんが口下手で、ネタを言うタイミングがうまく行かなかったことから「リズムに乗せればネタもタイミング良く言える」という発想でリズムネタを行うこととなった 「ラッスンゴレライ」というフレーズは、ネタ作りに困った田中がはまやねんを笑わそうとした時に生まれたという 「ラッスンゴレライ」と言い出してから1時間でネタを完成させ、次の日がネタ見せだったのでこのネタを持っていく NSC講師の本多正識は、彼らの芸を面白いとは思わなかったが「(やるなら)衣装も揃えて、ベルトもサングラスも靴も揃えて、トータルで綺麗にしてオリエンタルラジオのように動きのキレをよくしてやり」とアドバイスした 田中はこのフレーズを「自転車に乗ってる時に思い付いた」とも述べている ブレイクのきっかけは2014年11月4日深夜に放送された『オサレもん』(フジテレビ)、そして『ぐるナイおもしろ荘』(日本テレビ)への出演で、中高生を中心に人気を獲得するようになっていった またスマホで彼らの動画を手軽に見せ合える若い世代のコミュニケーション環境も、急速な流行に拍車をかけた 年末の新語・流行語大賞で、「ラッスンゴレライ」はノミネート50語に選ばれたが、トップ10からは漏れた 落選の報を聞いて田中は「悔しいですね 上半期に頑張りすぎました…」と下半期の失速を悔やんだ。
8.6秒バズーカーのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
8.6秒バズーカーのつながりをもっと見る