Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

NON_STYLE 島田紳助 オール巨人 オール阪神・巨人

ノン・スタイル
NON_STYLE
NON STYLE(ノン・スタイル)は、石田明と井上裕介による日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社所属。2000年5月14日にコンビ結成。NSC大阪校22期生と同期扱い。出囃子はKEMURIの『Prayer』。爆笑オンエアバトル第9代目チャンピオン。M-1グランプリ2008王者。



上述の漫才スタイルは完全に「M-1で優勝するために作られた」ものであったため、2018年現在は全く行われなくなっている。
また、石田はこのスタイルを嫌っており、2016年10月4日放送の『EXD44』(テレビ朝日)に出演した際には「M-1(で優勝した時)のネタなんて全然好きじゃない」「二度とやりたくない」などと本音を明かしていた。
審査員は高評価を下しており、大会終了後に島田紳助は「僕の中の圧勝でした」と述べ、上沼恵美子も「圧勝 私の中ではダントツでした」と述べるなど絶賛のコメントが相次いだ また、オール巨人オール阪神・巨人)は「2、3年前から決勝に来てもおかしくない奴らだった」と述べており、前々からNON STYLEの事を高く評価していた事を明かしている。
一方で松本人志(ダウンタウン)は「2人を全く知らなかった。
トークが苦手ということで『すべらない話』で会うことはないのかな」と冗談交じりに述べていた。
このように漫才は高く評価された一方で「フリートークは下手(苦手)」と審査員から厳しく評される場面も多く見られた。
NSC卒業生ではない、俗に言う「オーディション組」からの優勝者はNON STYLEが初であり、また彼らは優勝当時2人とも芸歴8年7ヶ月という、M-1グランプリで優勝を納めたコンビの中では最も芸歴が浅い芸人であった。
また、初めて東京吉本所属のコンビが優勝する事となった。
2022/11/20(日)
上述の漫才スタイルは完全に「M-1で優勝するために作られた」ものであったため、2018年現在は全く行われなくなっている また、石田はこのスタイルを嫌っており、2016年10月4日放送の『EXD44』(テレビ朝日)に出演した際には「M-1(で優勝した時)のネタなんて全然好きじゃない」「二度とやりたくない」などと本音を明かしていた。
審査員は高評価を下しており、大会終了後に島田紳助は「僕の中の圧勝でした」と述べ、上沼恵美子も「圧勝 私の中ではダントツでした」と述べるなど絶賛のコメントが相次いだ また、オール巨人(オール阪神・巨人)は「2、3年前から決勝に来てもおかしくない奴らだった」と述べており、前々からNON STYLEの事を高く評価していた事を明かしている 一方で松本人志(ダウンタウン)は「2人を全く知らなかった トークが苦手ということで『すべらない話』で会うことはないのかな」と冗談交じりに述べていた このように漫才は高く評価された一方で「フリートークは下手(苦手)」と審査員から厳しく評される場面も多く見られた。
NSC卒業生ではない、俗に言う「オーディション組」からの優勝者はNON STYLEが初であり、また彼らは優勝当時2人とも芸歴8年7ヶ月という、M-1グランプリで優勝を納めたコンビの中では最も芸歴が浅い芸人であった。また、初めて東京吉本所属のコンビが優勝する事となった。
上述の漫才スタイルは完全に「M-1で優勝するために作られた」ものであったため、2018年現在は全く行われなくなっている また、石田はこのスタイルを嫌っており、2016年10月4日放送の『EXD44』(テレビ朝日)に出演した際には「M-1(で優勝した時)のネタなんて全然好きじゃない」「二度とやりたくない」などと本音を明かしていた。
審査員は高評価を下しており、大会終了後に島田紳助は「僕の中の圧勝でした」と述べ、上沼恵美子も「圧勝 私の中ではダントツでした」と述べるなど絶賛のコメントが相次いだ また、オール巨人(オール阪神・巨人)は「2、3年前から決勝に来てもおかしくない奴らだった」と述べており、前々からNON STYLEの事を高く評価していた事を明かしている 一方で松本人志(ダウンタウン)は「2人を全く知らなかった トークが苦手ということで『すべらない話』で会うことはないのかな」と冗談交じりに述べていた このように漫才は高く評価された一方で「フリートークは下手(苦手)」と審査員から厳しく評される場面も多く見られた。
NSC卒業生ではない、俗に言う「オーディション組」からの優勝者はNON STYLEが初であり、また彼らは優勝当時2人とも芸歴8年7ヶ月という、M-1グランプリで優勝を納めたコンビの中では最も芸歴が浅い芸人であった。また、初めて東京吉本所属のコンビが優勝する事となった。
上述の漫才スタイルは完全に「M-1で優勝するために作られた」ものであったため、2018年現在は全く行われなくなっている また、石田はこのスタイルを嫌っており、2016年10月4日放送の『EXD44』(テレビ朝日)に出演した際には「M-1(で優勝した時)のネタなんて全然好きじゃない」「二度とやりたくない」などと本音を明かしていた。
審査員は高評価を下しており、大会終了後に島田紳助は「僕の中の圧勝でした」と述べ、上沼恵美子も「圧勝 私の中ではダントツでした」と述べるなど絶賛のコメントが相次いだ また、オール巨人(オール阪神・巨人)は「2、3年前から決勝に来てもおかしくない奴らだった」と述べており、前々からNON STYLEの事を高く評価していた事を明かしている 一方で松本人志(ダウンタウン)は「2人を全く知らなかった トークが苦手ということで『すべらない話』で会うことはないのかな」と冗談交じりに述べていた このように漫才は高く評価された一方で「フリートークは下手(苦手)」と審査員から厳しく評される場面も多く見られた。
NSC卒業生ではない、俗に言う「オーディション組」からの優勝者はNON STYLEが初であり、また彼らは優勝当時2人とも芸歴8年7ヶ月という、M-1グランプリで優勝を納めたコンビの中では最も芸歴が浅い芸人であった。また、初めて東京吉本所属のコンビが優勝する事となった。
NON_STYLEのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
NON_STYLE 上沼恵美子
NON_STYLE ブラックマヨネーズ
NON_STYLE オードリー
NON_STYLE フットボールアワー
NON_STYLE M-1グランプリ
NON_STYLE 爆笑オンエアバトル
NON_STYLE ますだおかだ
NON_STYLEのつながりをもっと見る