Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

木村祐一 130R

きむら ゆういち
木村祐一
木村 祐一(きむら ゆういち、1963年(昭和38年)2月9日 - )は、日本の男性お笑いタレント、俳優、放送作家、料理愛好家、コラムニスト。 京都府京都市下京区出身。吉本興業所属。通称「キム兄」。



NSC5期生と同期扱い(デビューは5期生よりも僅かに早い)のため、ダウンタウン、今田耕司、130Rなど年下の先輩が多い。
浜田雅功(ダウンタウン)と初対面の際に浜田から「『木村さん』と呼ばせてください」と言われたが、木村は「後輩だから『さん付け』は止めてくださいよ」と断っている。
東野幸治とは正確には東野の方が先輩に当たるが、東野が同期扱いしたことから、木村も東野を同期として扱っている。
2001年には、板尾創路(130R)と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場、準々決勝まで勝ち進んだ また、2010年3月には約9年ぶりに2人きりの舞台であるトークライブ「ざっぱ」が開催され、木村流のゆるせない話や板尾が最近観た映画の感想など、気の向くままのフリートークが繰り広げられた。
この「ざっぱ」は、現在も定期的に下北沢で開催されている。
M-1グランプリでは、前述の通り第1回には板尾創路(130R)とのコンビ「イタキム」として出場し、第2回からは第10回までの9回に渡り決勝戦のリポーターを務めた。
また、M-1の後継大会であるTHE MANZAI 2011では審査員を務め、翌年のR-1ぐらんぷりでも審査員を務めている。
2022/11/23(水)
NSC5期生と同期扱い(デビューは5期生よりも僅かに早い)のため、ダウンタウン、今田耕司、130Rなど年下の先輩が多い。浜田雅功(ダウンタウン)と初対面の際に浜田から「『木村さん』と呼ばせてください」と言われたが、木村は「後輩だから『さん付け』は止めてくださいよ」と断っている。東野幸治とは正確には東野の方が先輩に当たるが、東野が同期扱いしたことから、木村も東野を同期として扱っている。

2001年には、板尾創路(130R)と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場、準々決勝まで勝ち進んだ また、2010年3月には約9年ぶりに2人きりの舞台であるトークライブ「ざっぱ」が開催され、木村流のゆるせない話や板尾が最近観た映画の感想など、気の向くままのフリートークが繰り広げられた この「ざっぱ」は、現在も定期的に下北沢で開催されている。

M-1グランプリでは、前述の通り第1回には板尾創路(130R)とのコンビ「イタキム」として出場し、第2回からは第10回までの9回に渡り決勝戦のリポーターを務めた。また、M-1の後継大会であるTHE MANZAI 2011では審査員を務め、翌年のR-1ぐらんぷりでも審査員を務めている。
NSC5期生と同期扱い(デビューは5期生よりも僅かに早い)のため、ダウンタウン、今田耕司、130Rなど年下の先輩が多い。浜田雅功(ダウンタウン)と初対面の際に浜田から「『木村さん』と呼ばせてください」と言われたが、木村は「後輩だから『さん付け』は止めてくださいよ」と断っている。東野幸治とは正確には東野の方が先輩に当たるが、東野が同期扱いしたことから、木村も東野を同期として扱っている。

2001年には、板尾創路(130R)と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場、準々決勝まで勝ち進んだ また、2010年3月には約9年ぶりに2人きりの舞台であるトークライブ「ざっぱ」が開催され、木村流のゆるせない話や板尾が最近観た映画の感想など、気の向くままのフリートークが繰り広げられた この「ざっぱ」は、現在も定期的に下北沢で開催されている。

M-1グランプリでは、前述の通り第1回には板尾創路(130R)とのコンビ「イタキム」として出場し、第2回からは第10回までの9回に渡り決勝戦のリポーターを務めた。また、M-1の後継大会であるTHE MANZAI 2011では審査員を務め、翌年のR-1ぐらんぷりでも審査員を務めている。
NSC5期生と同期扱い(デビューは5期生よりも僅かに早い)のため、ダウンタウン、今田耕司、130Rなど年下の先輩が多い。浜田雅功(ダウンタウン)と初対面の際に浜田から「『木村さん』と呼ばせてください」と言われたが、木村は「後輩だから『さん付け』は止めてくださいよ」と断っている。東野幸治とは正確には東野の方が先輩に当たるが、東野が同期扱いしたことから、木村も東野を同期として扱っている。

2001年には、板尾創路(130R)と漫才コンビ「イタキム」を結成してM-1グランプリに出場、準々決勝まで勝ち進んだ また、2010年3月には約9年ぶりに2人きりの舞台であるトークライブ「ざっぱ」が開催され、木村流のゆるせない話や板尾が最近観た映画の感想など、気の向くままのフリートークが繰り広げられた この「ざっぱ」は、現在も定期的に下北沢で開催されている。

M-1グランプリでは、前述の通り第1回には板尾創路(130R)とのコンビ「イタキム」として出場し、第2回からは第10回までの9回に渡り決勝戦のリポーターを務めた。また、M-1の後継大会であるTHE MANZAI 2011では審査員を務め、翌年のR-1ぐらんぷりでも審査員を務めている。
木村祐一のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
木村祐一 ダウンタウン
木村祐一のつながりをもっと見る