Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

千葉真一 文化庁長官表彰

ちば しんいち
千葉真一
千葉 真一(ちば しんいち、JJ Sonny Chiba, 1939年1月22日 - 2021年8月19日)は、日本の俳優・体操選手・空手家・歌手・芸能プロモーター・アクション監督・映画監督・映画プロデューサー・作詞家・作曲家・ナレーター・声優。愛称:千葉ちゃん。本名:前田 禎穂(まえだ さだほ)。 日本を代表する映画スターとして海外ではSonny Chiba(サニー ちば)の名で知られている。特技の器械体操や極真カラテ四段・少林寺拳法弐段・乗馬・スキーを活かした、アクロバティックなスタント・擬斗・殺陣には定評がある。吹き替えに任せず、自ら演じるアクションスターの元祖ともいえる存在で、これまで映画・テレビドラマ・演劇など、計1,500本以上の作品に出演。芸能生活は半世紀以上の60年を越え、ジャパンアクションクラブ (JAC) を設立して俳優・スタントマンを育成し、監督・プロデュースと幅広く活躍していた。



2020年、文化活動に優れた成果を示し、文化振興や日本文化の海外発信・国際文化交流に貢献したとして、令和2年度文化庁長官表彰をされた。
前年に芸能生活60周年を迎えており、これまでの歩みを振り返りながら、近況や家族のことと併せて、「私にはあんまり似合わない賞をいただいちゃって… これからはこれに恥じないよう、しっかり努力して生きていきたい」と笑顔を見せた。
20代半ばの千葉と共演している小林幸子はInstagramにて、「初めて出会ったのは、私にとっては初めてのドラマ出演だった『くらやみ五段』 デビューしてまもない11歳の私を「チビ」と呼び、肩車してくれたり、一緒にキャンプファイヤーしたり、とっても優しいお兄ちゃまという印象でした。
その後も『キイハンター』など、いろんなお仕事でご一緒させて頂きました。
いつも撮影の合間には、体を鍛えたりアクション練習したり、ずっと動いていて格好いい方でした。
最後にお会いしたのは、昨年の文化庁長官表彰の時、息子さんの話を笑顔でお話していたことが印象に残っています 日本のアクションの世界を作り上げ、千葉さん自身が日本の刀のような、何にも負けないはず方なのに 悔しいです。
コロナが憎いです。
今はゆっくり休んでください。
ご冥福をお祈りします。
合掌」と思いを記した。
2022/11/26(土)
2020年、文化活動に優れた成果を示し、文化振興や日本文化の海外発信・国際文化交流に貢献したとして、令和2年度文化庁長官表彰をされた。前年に芸能生活60周年を迎えており、これまでの歩みを振り返りながら、近況や家族のことと併せて、「私にはあんまり似合わない賞をいただいちゃって… これからはこれに恥じないよう、しっかり努力して生きていきたい」と笑顔を見せた。

20代半ばの千葉と共演している小林幸子はInstagramにて、「初めて出会ったのは、私にとっては初めてのドラマ出演だった『くらやみ五段』 デビューしてまもない11歳の私を「チビ」と呼び、肩車してくれたり、一緒にキャンプファイヤーしたり、とっても優しいお兄ちゃまという印象でした その後も『キイハンター』など、いろんなお仕事でご一緒させて頂きました いつも撮影の合間には、体を鍛えたりアクション練習したり、ずっと動いていて格好いい方でした 最後にお会いしたのは、昨年の文化庁長官表彰の時、息子さんの話を笑顔でお話していたことが印象に残っています 日本のアクションの世界を作り上げ、千葉さん自身が日本の刀のような、何にも負けないはず方なのに 悔しいです。コロナが憎いです。今はゆっくり休んでください。ご冥福をお祈りします。合掌」と思いを記した。
2020年、文化活動に優れた成果を示し、文化振興や日本文化の海外発信・国際文化交流に貢献したとして、令和2年度文化庁長官表彰をされた。前年に芸能生活60周年を迎えており、これまでの歩みを振り返りながら、近況や家族のことと併せて、「私にはあんまり似合わない賞をいただいちゃって… これからはこれに恥じないよう、しっかり努力して生きていきたい」と笑顔を見せた。

20代半ばの千葉と共演している小林幸子はInstagramにて、「初めて出会ったのは、私にとっては初めてのドラマ出演だった『くらやみ五段』 デビューしてまもない11歳の私を「チビ」と呼び、肩車してくれたり、一緒にキャンプファイヤーしたり、とっても優しいお兄ちゃまという印象でした その後も『キイハンター』など、いろんなお仕事でご一緒させて頂きました いつも撮影の合間には、体を鍛えたりアクション練習したり、ずっと動いていて格好いい方でした 最後にお会いしたのは、昨年の文化庁長官表彰の時、息子さんの話を笑顔でお話していたことが印象に残っています 日本のアクションの世界を作り上げ、千葉さん自身が日本の刀のような、何にも負けないはず方なのに 悔しいです。コロナが憎いです。今はゆっくり休んでください。ご冥福をお祈りします。合掌」と思いを記した。
2020年、文化活動に優れた成果を示し、文化振興や日本文化の海外発信・国際文化交流に貢献したとして、令和2年度文化庁長官表彰をされた。前年に芸能生活60周年を迎えており、これまでの歩みを振り返りながら、近況や家族のことと併せて、「私にはあんまり似合わない賞をいただいちゃって… これからはこれに恥じないよう、しっかり努力して生きていきたい」と笑顔を見せた。

20代半ばの千葉と共演している小林幸子はInstagramにて、「初めて出会ったのは、私にとっては初めてのドラマ出演だった『くらやみ五段』 デビューしてまもない11歳の私を「チビ」と呼び、肩車してくれたり、一緒にキャンプファイヤーしたり、とっても優しいお兄ちゃまという印象でした その後も『キイハンター』など、いろんなお仕事でご一緒させて頂きました いつも撮影の合間には、体を鍛えたりアクション練習したり、ずっと動いていて格好いい方でした 最後にお会いしたのは、昨年の文化庁長官表彰の時、息子さんの話を笑顔でお話していたことが印象に残っています 日本のアクションの世界を作り上げ、千葉さん自身が日本の刀のような、何にも負けないはず方なのに 悔しいです。コロナが憎いです。今はゆっくり休んでください。ご冥福をお祈りします。合掌」と思いを記した。
千葉真一のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
千葉真一 #空手道
千葉真一 小林幸子
千葉真一 ハリウッド
千葉真一 堀田眞三
千葉真一 眞栄田郷敦
千葉真一 新田真剣佑
千葉真一 空手道
千葉真一 器械体操
千葉真一 千葉流 サムライへの道
千葉真一 真田広之
千葉真一のつながりをもっと見る