Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

志村喬 恐怖の時間 佐田豊

しむら たかし
志村喬
志村 喬(しむら たかし、1905年〈明治38年〉3月12日 - 1982年〈昭和57年〉2月11日)は、日本の俳優である。本名は島崎 捷爾(しまざき しょうじ)。身長163cm。実兄の島崎敬夫(?〜1974)は横浜ゴム社長を務めた人物。 兵庫県朝来郡生野町(現:朝来市)出身。舞台俳優を経て映画俳優となり、戦前は時代劇などで活躍したのち、戦後は東宝を中心に数多くの作品に出演。生涯で出演した本数は443本に上る。黒澤明監督作品には欠かせない俳優であった。



多くの作品で脇役を演じたが、中でも「小悪党」や「どこか憎めない男」を演じるのが好きだったという。
映画『恐怖の時間』の撮影の合間に共演者の土屋と佐田豊が志村の肩を揉んでいたところ、佐田が頸動脈を圧迫しすぎたためか志村が意識を失って倒れた。
元医学生であった土屋が医者が来るまでに応急処置をしたため大事には至らなかったが、前後不覚に陥った様子の志村に2人は困り果てて立ち尽くしていた。
翌日、志村は心配をかけまいと動揺を歌いながら現場に入ってくるなどわざと明るく振る舞っていたが、土屋と佐田はかえっておっかなくなり離れてしまい、志村は「大丈夫だから逃げないでください」と2人に怒ったという。
映画『コタンの口笛』のロケで北海道を訪れた際に、登別のホテルのレストランにて土屋と2人で毛ガニを食べていたところ、新婚客が無断で2人の写真を撮り始めた。
段々近づいて間近で撮り続けていた新婚の男に対し志村は激怒し大声で怒鳴りつけ、新婚客が退散したあとも「無断で撮るのは泥棒です 人が口を開けた時に撮るのは失礼です」と語っていたという ロケ先に戻った土屋がこのことを共演者の森雅之に語ったところ、森は「志村さんらしい」と言って大笑いしていたといい、土屋もこれを志村の一徹さを表すエピソードとして語っている。
2022/11/24(木)
多くの作品で脇役を演じたが、中でも「小悪党」や「どこか憎めない男」を演じるのが好きだったという。
映画『恐怖の時間』の撮影の合間に共演者の土屋と佐田豊が志村の肩を揉んでいたところ、佐田が頸動脈を圧迫しすぎたためか志村が意識を失って倒れた。元医学生であった土屋が医者が来るまでに応急処置をしたため大事には至らなかったが、前後不覚に陥った様子の志村に2人は困り果てて立ち尽くしていた。翌日、志村は心配をかけまいと動揺を歌いながら現場に入ってくるなどわざと明るく振る舞っていたが、土屋と佐田はかえっておっかなくなり離れてしまい、志村は「大丈夫だから逃げないでください」と2人に怒ったという。
映画『コタンの口笛』のロケで北海道を訪れた際に、登別のホテルのレストランにて土屋と2人で毛ガニを食べていたところ、新婚客が無断で2人の写真を撮り始めた。段々近づいて間近で撮り続けていた新婚の男に対し志村は激怒し大声で怒鳴りつけ、新婚客が退散したあとも「無断で撮るのは泥棒です 人が口を開けた時に撮るのは失礼です」と語っていたという ロケ先に戻った土屋がこのことを共演者の森雅之に語ったところ、森は「志村さんらしい」と言って大笑いしていたといい、土屋もこれを志村の一徹さを表すエピソードとして語っている。
多くの作品で脇役を演じたが、中でも「小悪党」や「どこか憎めない男」を演じるのが好きだったという。
映画『恐怖の時間』の撮影の合間に共演者の土屋と佐田豊が志村の肩を揉んでいたところ、佐田が頸動脈を圧迫しすぎたためか志村が意識を失って倒れた。元医学生であった土屋が医者が来るまでに応急処置をしたため大事には至らなかったが、前後不覚に陥った様子の志村に2人は困り果てて立ち尽くしていた。翌日、志村は心配をかけまいと動揺を歌いながら現場に入ってくるなどわざと明るく振る舞っていたが、土屋と佐田はかえっておっかなくなり離れてしまい、志村は「大丈夫だから逃げないでください」と2人に怒ったという。
映画『コタンの口笛』のロケで北海道を訪れた際に、登別のホテルのレストランにて土屋と2人で毛ガニを食べていたところ、新婚客が無断で2人の写真を撮り始めた。段々近づいて間近で撮り続けていた新婚の男に対し志村は激怒し大声で怒鳴りつけ、新婚客が退散したあとも「無断で撮るのは泥棒です 人が口を開けた時に撮るのは失礼です」と語っていたという ロケ先に戻った土屋がこのことを共演者の森雅之に語ったところ、森は「志村さんらしい」と言って大笑いしていたといい、土屋もこれを志村の一徹さを表すエピソードとして語っている。
多くの作品で脇役を演じたが、中でも「小悪党」や「どこか憎めない男」を演じるのが好きだったという。
映画『恐怖の時間』の撮影の合間に共演者の土屋と佐田豊が志村の肩を揉んでいたところ、佐田が頸動脈を圧迫しすぎたためか志村が意識を失って倒れた。元医学生であった土屋が医者が来るまでに応急処置をしたため大事には至らなかったが、前後不覚に陥った様子の志村に2人は困り果てて立ち尽くしていた。翌日、志村は心配をかけまいと動揺を歌いながら現場に入ってくるなどわざと明るく振る舞っていたが、土屋と佐田はかえっておっかなくなり離れてしまい、志村は「大丈夫だから逃げないでください」と2人に怒ったという。
映画『コタンの口笛』のロケで北海道を訪れた際に、登別のホテルのレストランにて土屋と2人で毛ガニを食べていたところ、新婚客が無断で2人の写真を撮り始めた。段々近づいて間近で撮り続けていた新婚の男に対し志村は激怒し大声で怒鳴りつけ、新婚客が退散したあとも「無断で撮るのは泥棒です 人が口を開けた時に撮るのは失礼です」と語っていたという ロケ先に戻った土屋がこのことを共演者の森雅之に語ったところ、森は「志村さんらしい」と言って大笑いしていたといい、土屋もこれを志村の一徹さを表すエピソードとして語っている。
志村喬のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
志村喬 三船敏郎
志村喬のつながりをもっと見る