Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

はんにゃ アルバイト


はんにゃ
はんにゃは、吉本興業(東京吉本)に所属する日本のお笑いコンビ。NSC東京校10期出身。出囃子はMe&Myの「Dub-I-Dub」。また、コンビ揃って吉本坂46のメンバーでもある。



父親は剣道の先生、母親は書道を嗜む家庭に育つ。
姉、弟の三兄弟。
剣道の腕前は三段。
神社仏閣、歴史好き。
尊敬する人物は徳川家康、鳥居強右衛門(小学五年生の自由研究で長篠の戦いを特集した際に感銘を受ける)。
小学生の時に志村けん、岡村隆史(ナインティナイン)を敬愛しておりこの頃から芸人を志す。
当時の担任も通知表で「ひょうきん者」と評している。
中学へ入学してから同級生とコンビ『モンデー』を結成 中1〜3までの文化祭でコントや漫才を披露していたが、ほぼ下ネタだったという 高校の進路は、勉強は苦手だったため当時地元で有名な不良高校であった豊橋工業高校繊維工学科に入学 本人曰く「偏差値は15くらいだった」とのこと。
その代わりに運動神経は非常に良く、小学校から高校まで成績表は全て5。
高校からは剣道を辞め、サッカー部に所属。
ナメられたくないという理由で中学の頃は県選抜だったと嘘をついてまで入部するも、あっさりバレた。
高3時にはレギュラーになるが、この頃はスケートボードも本気でやっており、ジャンプ台から転倒し右足首靱帯を切ってしまったためギプス姿で3年最後の試合を応援した。
2002年、高校2年生の時に映画や洋楽の影響で海外に興味を抱く。
特にナタリー・ポートマンやアヴリル・ラヴィーンに興味を持ち、アルバイトでお金を貯めて夏休みに人生初となるアメリカのシアトルへ友達と共に3人で10日間の旅行をした。
キャンプやスケートボードを楽しむ中、当時所属していたシアトル・マリナーズのイチローを目撃して感銘を受ける。
高校卒業時に単位が足りず、留年になる予定が繊維工学科はその年で廃止になることによって自動的に退学にまで追い詰められる。
そんな中で金田は校長や学年主任の下へ嘆願書を持って土下座しに行った結果、全校舎の掃除と筆記テストを受けさせてもらえた。
そして合格を果たし無事に卒業できた。
2004年18歳で単身上京、NSCに入学する。
すぐに後の相方となる川島と意気投合、現在のコンビを結成した。
寿司屋、警備員、新聞配達、引越し屋などでアルバイトをしていた。
2005年プロデビュー。
2007年に金田だけ吉本からオーディションに参加するよう勧められ現場に行ってみると、それは新垣結衣主演の映画『フレフレ少女』のオーディションであった。
何の説明も聞かされていなかった金田は台本も覚えていなかったため、その場でアドリブでやるように言われ訳も分からず演じてみると合格。
吉本に入って最初に決まった仕事が映画であった。
2022/11/27(日)
父親は剣道の先生、母親は書道を嗜む家庭に育つ。姉、弟の三兄弟。剣道の腕前は三段。神社仏閣、歴史好き。尊敬する人物は徳川家康、鳥居強右衛門(小学五年生の自由研究で長篠の戦いを特集した際に感銘を受ける)。小学生の時に志村けん、岡村隆史(ナインティナイン)を敬愛しておりこの頃から芸人を志す。当時の担任も通知表で「ひょうきん者」と評している 中学へ入学してから同級生とコンビ『モンデー』を結成 中1〜3までの文化祭でコントや漫才を披露していたが、ほぼ下ネタだったという 高校の進路は、勉強は苦手だったため当時地元で有名な不良高校であった豊橋工業高校繊維工学科に入学 本人曰く「偏差値は15くらいだった」とのこと。その代わりに運動神経は非常に良く、小学校から高校まで成績表は全て5。高校からは剣道を辞め、サッカー部に所属。ナメられたくないという理由で中学の頃は県選抜だったと嘘をついてまで入部するも、あっさりバレた。高3時にはレギュラーになるが、この頃はスケートボードも本気でやっており、ジャンプ台から転倒し右足首靱帯を切ってしまったためギプス姿で3年最後の試合を応援した。
2002年、高校2年生の時に映画や洋楽の影響で海外に興味を抱く。特にナタリー・ポートマンやアヴリル・ラヴィーンに興味を持ち、アルバイトでお金を貯めて夏休みに人生初となるアメリカのシアトルへ友達と共に3人で10日間の旅行をした。キャンプやスケートボードを楽しむ中、当時所属していたシアトル・マリナーズのイチローを目撃して感銘を受ける。
高校卒業時に単位が足りず、留年になる予定が繊維工学科はその年で廃止になることによって自動的に退学にまで追い詰められる。そんな中で金田は校長や学年主任の下へ嘆願書を持って土下座しに行った結果、全校舎の掃除と筆記テストを受けさせてもらえた。そして合格を果たし無事に卒業できた。
2004年18歳で単身上京、NSCに入学する。すぐに後の相方となる川島と意気投合、現在のコンビを結成した。
寿司屋、警備員、新聞配達、引越し屋などでアルバイトをしていた。
2005年プロデビュー。2007年に金田だけ吉本からオーディションに参加するよう勧められ現場に行ってみると、それは新垣結衣主演の映画『フレフレ少女』のオーディションであった。何の説明も聞かされていなかった金田は台本も覚えていなかったため、その場でアドリブでやるように言われ訳も分からず演じてみると合格。吉本に入って最初に決まった仕事が映画であった。
父親は剣道の先生、母親は書道を嗜む家庭に育つ。姉、弟の三兄弟。剣道の腕前は三段。神社仏閣、歴史好き。尊敬する人物は徳川家康、鳥居強右衛門(小学五年生の自由研究で長篠の戦いを特集した際に感銘を受ける)。小学生の時に志村けん、岡村隆史(ナインティナイン)を敬愛しておりこの頃から芸人を志す。当時の担任も通知表で「ひょうきん者」と評している 中学へ入学してから同級生とコンビ『モンデー』を結成 中1〜3までの文化祭でコントや漫才を披露していたが、ほぼ下ネタだったという 高校の進路は、勉強は苦手だったため当時地元で有名な不良高校であった豊橋工業高校繊維工学科に入学 本人曰く「偏差値は15くらいだった」とのこと。その代わりに運動神経は非常に良く、小学校から高校まで成績表は全て5。高校からは剣道を辞め、サッカー部に所属。ナメられたくないという理由で中学の頃は県選抜だったと嘘をついてまで入部するも、あっさりバレた。高3時にはレギュラーになるが、この頃はスケートボードも本気でやっており、ジャンプ台から転倒し右足首靱帯を切ってしまったためギプス姿で3年最後の試合を応援した。
2002年、高校2年生の時に映画や洋楽の影響で海外に興味を抱く。特にナタリー・ポートマンやアヴリル・ラヴィーンに興味を持ち、アルバイトでお金を貯めて夏休みに人生初となるアメリカのシアトルへ友達と共に3人で10日間の旅行をした。キャンプやスケートボードを楽しむ中、当時所属していたシアトル・マリナーズのイチローを目撃して感銘を受ける。
高校卒業時に単位が足りず、留年になる予定が繊維工学科はその年で廃止になることによって自動的に退学にまで追い詰められる。そんな中で金田は校長や学年主任の下へ嘆願書を持って土下座しに行った結果、全校舎の掃除と筆記テストを受けさせてもらえた。そして合格を果たし無事に卒業できた。
2004年18歳で単身上京、NSCに入学する。すぐに後の相方となる川島と意気投合、現在のコンビを結成した。
寿司屋、警備員、新聞配達、引越し屋などでアルバイトをしていた。
2005年プロデビュー。2007年に金田だけ吉本からオーディションに参加するよう勧められ現場に行ってみると、それは新垣結衣主演の映画『フレフレ少女』のオーディションであった。何の説明も聞かされていなかった金田は台本も覚えていなかったため、その場でアドリブでやるように言われ訳も分からず演じてみると合格。吉本に入って最初に決まった仕事が映画であった。
父親は剣道の先生、母親は書道を嗜む家庭に育つ。姉、弟の三兄弟。剣道の腕前は三段。神社仏閣、歴史好き。尊敬する人物は徳川家康、鳥居強右衛門(小学五年生の自由研究で長篠の戦いを特集した際に感銘を受ける)。小学生の時に志村けん、岡村隆史(ナインティナイン)を敬愛しておりこの頃から芸人を志す。当時の担任も通知表で「ひょうきん者」と評している 中学へ入学してから同級生とコンビ『モンデー』を結成 中1〜3までの文化祭でコントや漫才を披露していたが、ほぼ下ネタだったという 高校の進路は、勉強は苦手だったため当時地元で有名な不良高校であった豊橋工業高校繊維工学科に入学 本人曰く「偏差値は15くらいだった」とのこと。その代わりに運動神経は非常に良く、小学校から高校まで成績表は全て5。高校からは剣道を辞め、サッカー部に所属。ナメられたくないという理由で中学の頃は県選抜だったと嘘をついてまで入部するも、あっさりバレた。高3時にはレギュラーになるが、この頃はスケートボードも本気でやっており、ジャンプ台から転倒し右足首靱帯を切ってしまったためギプス姿で3年最後の試合を応援した。
2002年、高校2年生の時に映画や洋楽の影響で海外に興味を抱く。特にナタリー・ポートマンやアヴリル・ラヴィーンに興味を持ち、アルバイトでお金を貯めて夏休みに人生初となるアメリカのシアトルへ友達と共に3人で10日間の旅行をした。キャンプやスケートボードを楽しむ中、当時所属していたシアトル・マリナーズのイチローを目撃して感銘を受ける。
高校卒業時に単位が足りず、留年になる予定が繊維工学科はその年で廃止になることによって自動的に退学にまで追い詰められる。そんな中で金田は校長や学年主任の下へ嘆願書を持って土下座しに行った結果、全校舎の掃除と筆記テストを受けさせてもらえた。そして合格を果たし無事に卒業できた。
2004年18歳で単身上京、NSCに入学する。すぐに後の相方となる川島と意気投合、現在のコンビを結成した。
寿司屋、警備員、新聞配達、引越し屋などでアルバイトをしていた。
2005年プロデビュー。2007年に金田だけ吉本からオーディションに参加するよう勧められ現場に行ってみると、それは新垣結衣主演の映画『フレフレ少女』のオーディションであった。何の説明も聞かされていなかった金田は台本も覚えていなかったため、その場でアドリブでやるように言われ訳も分からず演じてみると合格。吉本に入って最初に決まった仕事が映画であった。
はんにゃのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
はんにゃ スケートボード
はんにゃのつながりをもっと見る