Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

滝沢秀明 Snow Man Travis Japan

たきざわ ひであき
滝沢秀明
滝沢 秀明(たきざわ ひであき、1982年(昭和57年)3月29日 - )は東京都八王子市出身の演出家・会社役員であり、ジャニーズ事務所副社長・ジャニーズアイランド社長。愛称は「タッキー」。 2018年12月31日以前は芸能界にて歌手・俳優・タレントとして活動しており、男性デュオ タッキー&翼の全活動期(2002年 - 2018年)のメンバー。



プロデューサーや演出家としても頭角を現し、2020年にSnow ManとSixTONESをデビューさせ、2022年にTravis Japanをジャニーズ事務所初配信デビュー・世界デビューさせた(Travis Japanは2012年結成以来、10年間デビューすることができなく、ジャニーズ事務所のグループでジャニーズJr.期間最長を記録) 滝沢はTravis Japanについて「今までのグループとは違う」といった趣旨を語っている。
貧困の何もない状況から立ち上がり、自ら人生を開いていったことや、ジャニーズJr.時代には頼れる先輩がいなかったこともあり、後輩に対して面倒見が良いとされており、ジャニーズJr.の出演動画をプロデュースしたり、演出を手掛ける自らの舞台ではジャニーズJr.の見せ場も作るなどしている。
まずは話を聞くということを大事にしており、ジャニーズJr.加入直後だった八乙女光は学校帰りに「ヒマなんだけど」と滝沢に電話をしてもきちんと応対してくれたと証言している。
一人一人に男として接し、良い部分を伸ばすために助言を行い、逆に「オレのときはこうだったんだよ」と言ったりして絶対に自分の考えを押し付けないようにする一方、自分の見た美しい景色を後輩にも見せようとしているとされている。
人と接する時の究極の形を「決して怒らない姿勢」としており、感情をバーッと出すことはなく、感情をパーッと出したら負けであり、仕事だろうとプライベートだろうと感情的になった時点で負け・ほえたら負けと説いている。
* グループ内で仲が悪い2人がいる場合、その2人を仲直りさせ、キスまでさせるという独自の教育論を用いており、Kis-My-Ft2・A.B.C-Z・Snow Man・SixTONES・Travis Japanの面倒を特によく見ており、これらのグループはメジャーデビュー後に2022年11月時点で脱退者が1人も発生していない。
2022/11/18(金)
プロデューサーや演出家としても頭角を現し、2020年にSnow ManとSixTONESをデビューさせ、2022年にTravis Japanをジャニーズ事務所初配信デビュー・世界デビューさせた(Travis Japanは2012年結成以来、10年間デビューすることができなく、ジャニーズ事務所のグループでジャニーズJr.期間最長を記録) 滝沢はTravis Japanについて「今までのグループとは違う」といった趣旨を語っている。

貧困の何もない状況から立ち上がり、自ら人生を開いていったことや、ジャニーズJr.時代には頼れる先輩がいなかったこともあり、後輩に対して面倒見が良いとされており、ジャニーズJr.の出演動画をプロデュースしたり、演出を手掛ける自らの舞台ではジャニーズJr.の見せ場も作るなどしている。まずは話を聞くということを大事にしており、ジャニーズJr.加入直後だった八乙女光は学校帰りに「ヒマなんだけど」と滝沢に電話をしてもきちんと応対してくれたと証言している 一人一人に男として接し、良い部分を伸ばすために助言を行い、逆に「オレのときはこうだったんだよ」と言ったりして絶対に自分の考えを押し付けないようにする一方、自分の見た美しい景色を後輩にも見せようとしているとされている 人と接する時の究極の形を「決して怒らない姿勢」としており、感情をバーッと出すことはなく、感情をパーッと出したら負けであり、仕事だろうとプライベートだろうと感情的になった時点で負け・ほえたら負けと説いている。
* グループ内で仲が悪い2人がいる場合、その2人を仲直りさせ、キスまでさせるという独自の教育論を用いており、Kis-My-Ft2・A.B.C-Z・Snow Man・SixTONES・Travis Japanの面倒を特によく見ており、これらのグループはメジャーデビュー後に2022年11月時点で脱退者が1人も発生していない。
プロデューサーや演出家としても頭角を現し、2020年にSnow ManとSixTONESをデビューさせ、2022年にTravis Japanをジャニーズ事務所初配信デビュー・世界デビューさせた(Travis Japanは2012年結成以来、10年間デビューすることができなく、ジャニーズ事務所のグループでジャニーズJr.期間最長を記録) 滝沢はTravis Japanについて「今までのグループとは違う」といった趣旨を語っている。

貧困の何もない状況から立ち上がり、自ら人生を開いていったことや、ジャニーズJr.時代には頼れる先輩がいなかったこともあり、後輩に対して面倒見が良いとされており、ジャニーズJr.の出演動画をプロデュースしたり、演出を手掛ける自らの舞台ではジャニーズJr.の見せ場も作るなどしている。まずは話を聞くということを大事にしており、ジャニーズJr.加入直後だった八乙女光は学校帰りに「ヒマなんだけど」と滝沢に電話をしてもきちんと応対してくれたと証言している 一人一人に男として接し、良い部分を伸ばすために助言を行い、逆に「オレのときはこうだったんだよ」と言ったりして絶対に自分の考えを押し付けないようにする一方、自分の見た美しい景色を後輩にも見せようとしているとされている 人と接する時の究極の形を「決して怒らない姿勢」としており、感情をバーッと出すことはなく、感情をパーッと出したら負けであり、仕事だろうとプライベートだろうと感情的になった時点で負け・ほえたら負けと説いている。
* グループ内で仲が悪い2人がいる場合、その2人を仲直りさせ、キスまでさせるという独自の教育論を用いており、Kis-My-Ft2・A.B.C-Z・Snow Man・SixTONES・Travis Japanの面倒を特によく見ており、これらのグループはメジャーデビュー後に2022年11月時点で脱退者が1人も発生していない。
プロデューサーや演出家としても頭角を現し、2020年にSnow ManとSixTONESをデビューさせ、2022年にTravis Japanをジャニーズ事務所初配信デビュー・世界デビューさせた(Travis Japanは2012年結成以来、10年間デビューすることができなく、ジャニーズ事務所のグループでジャニーズJr.期間最長を記録) 滝沢はTravis Japanについて「今までのグループとは違う」といった趣旨を語っている。

貧困の何もない状況から立ち上がり、自ら人生を開いていったことや、ジャニーズJr.時代には頼れる先輩がいなかったこともあり、後輩に対して面倒見が良いとされており、ジャニーズJr.の出演動画をプロデュースしたり、演出を手掛ける自らの舞台ではジャニーズJr.の見せ場も作るなどしている。まずは話を聞くということを大事にしており、ジャニーズJr.加入直後だった八乙女光は学校帰りに「ヒマなんだけど」と滝沢に電話をしてもきちんと応対してくれたと証言している 一人一人に男として接し、良い部分を伸ばすために助言を行い、逆に「オレのときはこうだったんだよ」と言ったりして絶対に自分の考えを押し付けないようにする一方、自分の見た美しい景色を後輩にも見せようとしているとされている 人と接する時の究極の形を「決して怒らない姿勢」としており、感情をバーッと出すことはなく、感情をパーッと出したら負けであり、仕事だろうとプライベートだろうと感情的になった時点で負け・ほえたら負けと説いている。
* グループ内で仲が悪い2人がいる場合、その2人を仲直りさせ、キスまでさせるという独自の教育論を用いており、Kis-My-Ft2・A.B.C-Z・Snow Man・SixTONES・Travis Japanの面倒を特によく見ており、これらのグループはメジャーデビュー後に2022年11月時点で脱退者が1人も発生していない。
滝沢秀明のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
滝沢秀明 JAPONICA STYLE
滝沢秀明 ジャニーズ
滝沢秀明 ジャニーズJr.
滝沢秀明 今井翼
滝沢秀明 ジャニーズ事務所
滝沢秀明のつながりをもっと見る