Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

菅原文太 関東テキヤ一家

すがわら ぶんた
菅原文太
菅原 文太(すがわら ぶんた、1933年〈昭和8年〉8月16日 - 2014年〈平成26年〉11月28日)は、日本の俳優・声優・ラジオパーソナリティ・農業従事者である。 キャリアを始めた時は、その身長(174cm)を活かしファッションモデルとして活躍。その後の俳優としての出演作品は非常に多く()、映画のシリーズものとしては具体的には『現代やくざ』シリーズ、『関東テキヤ一家』シリーズ、『まむしの兄弟』シリーズ、『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズなどがある。俳優としていわゆる「下積み」の時代が長かったが、39歳の時に公開された映画『仁義なき戦い』の大ヒットで有名になり、俳優としての地位を確立した。特に『仁義なき戦い』シリーズと『トラック野郎』シリーズは大人気シリーズとなり一世を風靡した。『太陽を盗んだ男』の演技により、1980年、第3回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞。テレビドラマでも活躍し、NHKの大河ドラマにも複数出演()、『獅子の時代』では主人公の平沼銑次を演じた。劇場版アニメ『千と千尋の神隠し』や『ゲド戦記』にも声で出演。 60代に入ると田舎暮らしや農業へと関心が向かい、1998年には岐阜県大野郡清見村(現・高山市)に移住、2009年から山梨県へ移り農業生産法人「竜土自然農園おひさまの里」を設立し、農産物の生産に従事。有機農業に取り組み、食の安全や命の大切さを人々に訴えた。 愛称は文ちゃん・文太兄い。



キャリアを始めた時は、その身長(174cm)を活かしファッションモデルとして活躍。
その後の俳優としての出演作品は非常に多く(#出演作品)、映画のシリーズものとしては具体的には「現代やくざシリーズ」、『関東テキヤ一家』シリーズ、『まむしの兄弟』シリーズ、『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズなどがある。
俳優としていわゆる「下積み」の時代が長かったが、39歳の時に公開された映画『仁義なき戦い』の大ヒットで有名になり、俳優としての地位を確立した。
特に『仁義なき戦い』シリーズと『トラック野郎』シリーズは大人気シリーズとなり一世を風靡した。
『太陽を盗んだ男』の演技により、1980年、第3回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞 テレビドラマでも活躍し、NHKの大河ドラマにも複数出演(#テレビドラマ)、『獅子の時代』では主人公の平沼銑次を演じた。
劇場版アニメ『千と千尋の神隠し』や『ゲド戦記』にも声で出演。
東映に移籍はしたものの、ほとんどセリフの付かない役ばかりで、役を貰えないかと新東宝仲間である石川義寛監督の下宿を訪ねることもあったといい、東映京都撮影所作品『怪猫呪いの沼』(1968年)での端役も、石川監督が気の毒がって起用したものだったという 翌1969年(昭和44年)の『現代やくざ 与太者の掟』が、東映での初主役作となる。
この「現代やくざシリーズ」は1972年(昭和47年)まで続く作品群で、ヤクザを美化した従来の任侠映画ではなく、現実的な「ワル」を主人公にしたものであり、後の実録映画の先駆けとなった。
また、同年には『関東テキヤ一家』シリーズ、1971年(昭和46年)からは『まむしの兄弟』シリーズに主演。
2022/11/21(月)
キャリアを始めた時は、その身長(174cm)を活かしファッションモデルとして活躍。
その後の俳優としての出演作品は非常に多く(#出演作品)、映画のシリーズものとしては具体的には「現代やくざシリーズ」、『関東テキヤ一家』シリーズ、『まむしの兄弟』シリーズ、『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズなどがある 俳優としていわゆる「下積み」の時代が長かったが、39歳の時に公開された映画『仁義なき戦い』の大ヒットで有名になり、俳優としての地位を確立した 特に『仁義なき戦い』シリーズと『トラック野郎』シリーズは大人気シリーズとなり一世を風靡した 『太陽を盗んだ男』の演技により、1980年、第3回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞 テレビドラマでも活躍し、NHKの大河ドラマにも複数出演(#テレビドラマ)、『獅子の時代』では主人公の平沼銑次を演じた 劇場版アニメ『千と千尋の神隠し』や『ゲド戦記』にも声で出演。

東映に移籍はしたものの、ほとんどセリフの付かない役ばかりで、役を貰えないかと新東宝仲間である石川義寛監督の下宿を訪ねることもあったといい、東映京都撮影所作品『怪猫呪いの沼』(1968年)での端役も、石川監督が気の毒がって起用したものだったという 翌1969年(昭和44年)の『現代やくざ 与太者の掟』が、東映での初主役作となる この「現代やくざシリーズ」は1972年(昭和47年)まで続く作品群で、ヤクザを美化した従来の任侠映画ではなく、現実的な「ワル」を主人公にしたものであり、後の実録映画の先駆けとなった また、同年には『関東テキヤ一家』シリーズ、1971年(昭和46年)からは『まむしの兄弟』シリーズに主演。
キャリアを始めた時は、その身長(174cm)を活かしファッションモデルとして活躍。
その後の俳優としての出演作品は非常に多く(#出演作品)、映画のシリーズものとしては具体的には「現代やくざシリーズ」、『関東テキヤ一家』シリーズ、『まむしの兄弟』シリーズ、『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズなどがある 俳優としていわゆる「下積み」の時代が長かったが、39歳の時に公開された映画『仁義なき戦い』の大ヒットで有名になり、俳優としての地位を確立した 特に『仁義なき戦い』シリーズと『トラック野郎』シリーズは大人気シリーズとなり一世を風靡した 『太陽を盗んだ男』の演技により、1980年、第3回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞 テレビドラマでも活躍し、NHKの大河ドラマにも複数出演(#テレビドラマ)、『獅子の時代』では主人公の平沼銑次を演じた 劇場版アニメ『千と千尋の神隠し』や『ゲド戦記』にも声で出演。

東映に移籍はしたものの、ほとんどセリフの付かない役ばかりで、役を貰えないかと新東宝仲間である石川義寛監督の下宿を訪ねることもあったといい、東映京都撮影所作品『怪猫呪いの沼』(1968年)での端役も、石川監督が気の毒がって起用したものだったという 翌1969年(昭和44年)の『現代やくざ 与太者の掟』が、東映での初主役作となる この「現代やくざシリーズ」は1972年(昭和47年)まで続く作品群で、ヤクザを美化した従来の任侠映画ではなく、現実的な「ワル」を主人公にしたものであり、後の実録映画の先駆けとなった また、同年には『関東テキヤ一家』シリーズ、1971年(昭和46年)からは『まむしの兄弟』シリーズに主演。
キャリアを始めた時は、その身長(174cm)を活かしファッションモデルとして活躍。
その後の俳優としての出演作品は非常に多く(#出演作品)、映画のシリーズものとしては具体的には「現代やくざシリーズ」、『関東テキヤ一家』シリーズ、『まむしの兄弟』シリーズ、『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズなどがある 俳優としていわゆる「下積み」の時代が長かったが、39歳の時に公開された映画『仁義なき戦い』の大ヒットで有名になり、俳優としての地位を確立した 特に『仁義なき戦い』シリーズと『トラック野郎』シリーズは大人気シリーズとなり一世を風靡した 『太陽を盗んだ男』の演技により、1980年、第3回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞 テレビドラマでも活躍し、NHKの大河ドラマにも複数出演(#テレビドラマ)、『獅子の時代』では主人公の平沼銑次を演じた 劇場版アニメ『千と千尋の神隠し』や『ゲド戦記』にも声で出演。

東映に移籍はしたものの、ほとんどセリフの付かない役ばかりで、役を貰えないかと新東宝仲間である石川義寛監督の下宿を訪ねることもあったといい、東映京都撮影所作品『怪猫呪いの沼』(1968年)での端役も、石川監督が気の毒がって起用したものだったという 翌1969年(昭和44年)の『現代やくざ 与太者の掟』が、東映での初主役作となる この「現代やくざシリーズ」は1972年(昭和47年)まで続く作品群で、ヤクザを美化した従来の任侠映画ではなく、現実的な「ワル」を主人公にしたものであり、後の実録映画の先駆けとなった また、同年には『関東テキヤ一家』シリーズ、1971年(昭和46年)からは『まむしの兄弟』シリーズに主演。
菅原文太のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
菅原文太 ONE PIECE
菅原文太 仁義なき戦い 広島死闘篇
菅原文太のつながりをもっと見る