Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

那須川天心 スーパー


那須川天心
那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年8月18日 - )は、日本のキックボクサー、総合格闘家、YouTuber、歌手。千葉県松戸市出身。TARGET/Cygames所属。血液型はB型。、『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意のストレートは『ライトニング・レフト』。RISE世界フェザー級王者。ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者。ISKAフリースタイルルール世界フェザー級王者。元RISEバンタム級王者。RISE2階級制覇王者。ISKA世界2階級制覇王者。



8月1日、BLADE.2にてBLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015に参戦。
1回戦でDEEP☆KICK 55kg級王者・鈴木真彦と対戦し1RKO勝ち。
続く準決勝でREBELS NEW RAIDERSトーナメント-55kg級王者小笠原裕典と対戦し、3R失神KO勝ちすると、決勝ではシュートボクシング日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹と対戦し、1Rに左ハイキックでダウンを奪うと、さらに三日月蹴りとパンチの連打でKO勝ちで優勝した。
12月5日、KNOCK OUTの旗揚げ戦にて、ムエタイのルンピニー・スタジアムスーパーフライ級王者と55kg契約、プロキャリアで初の肘打ち有りのルールで対戦した。
本来であれば2階級下の現役チャンピオンであるワンチャローンが相手であったが、那須川に合わせる形の契約体重で行われた。
体格差で押し込む展開から、1R2分28秒にバックスピンキックでKO勝ち。
試合後に那須川は涙を浮かべ「タイの現役チャンピオンを倒すことができました。
相手がいたからこそ練習を頑張ることができました。
一つだけ言わせてください 俺が日本の那須川天心だ!」とマイクで興奮気味にアピールした。
6月17日、RISE 125にて、RISEバンタム級(-55kg)王座を返上してフェザー級(-57.15kg)に階級を上げ、初代RISE世界フェザー級王座決定戦で、ルンピニーとラジャダムナンの両スタジアムでスーパーフェザー級1位のロッタン・ジットムアンノンと対戦し、5ラウンドでは決着がつかず延長戦の結果、那須川の判定勝ちとなりバンタム級に続いて2階級制覇を達成した。
ロッタン戦の天心の勝利が疑惑のある勝利であると主張する者も多い。
例えば、K1創始者の石井和義は自らのツイッターアカウントで「天心くんファンには悪いけどアレはロッタンの勝ちだ」と述べた。
同様に、アナリストであるジャック・スラックは、「那須川天心は判定で勝利したことでジャッジの信頼性が犠牲にされた。
」と指摘した。
11月17日、RISE 129にて、1年前のRISE Dead or Alive -57kgトーナメントで優勝して那須川への挑戦権を獲得した、前シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者内藤大樹と-57kg契約で対戦。
1Rに3回のダウンを奪い1分59秒TKO勝ち。
7月21日、エディオンアリーナ大阪にてRISE WORLD SERIES 58kg世界トーナメント2019準決勝で現役ルンピニースタジアムスーパーフェザー級王者スアキム・シットソートーテーウと対戦し、3Rに胴回し回転蹴りでスアキムが額をカットしドクターストップでTKO勝ち。
9月16日の決勝に進出した。
12月31日、さいたまスーパーアリーナにて行われたRIZIN.20のメインイベントで江幡塁と対戦。
自ら「アクセルキック」と命名した回転蹴りなどを見せ、1Rに3度ダウンを奪ってKO勝ち。
2021年12月24日、都内で記者会見が行われ、2022年6月にK-1史上初の三階級王者で現スーパー・フェザー級王者の武尊と対戦することが発表された。
プロデビュー前のジュニア時代には「スーパー高校生」、「ジュニアのパウンドフォーパウンド」などと称された。
WBC世界スーパーバンタム級名誉王者西岡利晃は2011年1月15日の自身のブログにて当時まだ小学生だった那須川を「未来のチャンピオン」と紹介し、ボクシング転向と帝拳ジム入門の勧誘をしている。
WBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司は「那須川君には注目している。
パンチの技術もパワーもすごい ボクシングをやったとしても世界チャンピオンに絶対なれる。
それぐらいのパンチがある」と評価している。
西岡利晃、三浦隆司ら4人のプロボクシング世界王者を育てた元帝拳ジムの名匠トレーナー・葛西裕一は「天心の素質は西岡よりも上 ボクシング界でもそうはいない ボクシングでも短い戦績ですぐ世界王座を取る才能がある」『キック最強王者は高校生〜那須川天心・天才のひらめき〜』2015年12月13日スカイ・A sports+放送「天心は3~4回だけ練習していた技を普通に試合で出して倒してしまう非凡さがある。
教えると何でもすぐ出来てしまうので教えていて楽しい」「技術は既にほとんど理解しているので細かい指導はしていない 相手の攻撃をもらわない目、距離感、ジャブの使い方が天才的なのでジャブを打たせられる」「WBC世界ライトフライ級王者木村悠が世界戦を控えていた時、当時まだ高校生だった天心とスパーリングさせた。
天心は体格的に本来スーパーフライ級とはいえ、ライトフライ級の木村とは体格差があるので『パワーではなくテクニックで勝負しろ』と指示してやらせた。
世界戦を控えた木村の疲労なども考慮しなければいけないが、高校生の天心が世界王者とテクニックで互角以上に渡り合っていたのをこの目で見ただけに、天心への期待は大きい」と評価しているAbema TV 2018年9月8日。
2022/11/24(木)
8月1日、BLADE.2にてBLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015に参戦。1回戦でDEEP☆KICK 55kg級王者・鈴木真彦と対戦し1RKO勝ち。続く準決勝でREBELS NEW RAIDERSトーナメント-55kg級王者小笠原裕典と対戦し、3R失神KO勝ちすると、決勝ではシュートボクシング日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹と対戦し、1Rに左ハイキックでダウンを奪うと、さらに三日月蹴りとパンチの連打でKO勝ちで優勝した。

12月5日、KNOCK OUTの旗揚げ戦にて、ムエタイのルンピニー・スタジアムスーパーフライ級王者と55kg契約、プロキャリアで初の肘打ち有りのルールで対戦した。本来であれば2階級下の現役チャンピオンであるワンチャローンが相手であったが、那須川に合わせる形の契約体重で行われた。体格差で押し込む展開から、1R2分28秒にバックスピンキックでKO勝ち。試合後に那須川は涙を浮かべ「タイの現役チャンピオンを倒すことができました 相手がいたからこそ練習を頑張ることができました 一つだけ言わせてください 俺が日本の那須川天心だ!」とマイクで興奮気味にアピールした。

6月17日、RISE 125にて、RISEバンタム級(-55kg)王座を返上してフェザー級(-57.15kg)に階級を上げ、初代RISE世界フェザー級王座決定戦で、ルンピニーとラジャダムナンの両スタジアムでスーパーフェザー級1位のロッタン・ジットムアンノンと対戦し、5ラウンドでは決着がつかず延長戦の結果、那須川の判定勝ちとなりバンタム級に続いて2階級制覇を達成した。ロッタン戦の天心の勝利が疑惑のある勝利であると主張する者も多い。例えば、K1創始者の石井和義は自らのツイッターアカウントで「天心くんファンには悪いけどアレはロッタンの勝ちだ」と述べた 同様に、アナリストであるジャック・スラックは、「那須川天心は判定で勝利したことでジャッジの信頼性が犠牲にされた 」と指摘した。

11月17日、RISE 129にて、1年前のRISE Dead or Alive -57kgトーナメントで優勝して那須川への挑戦権を獲得した、前シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者内藤大樹と-57kg契約で対戦。1Rに3回のダウンを奪い1分59秒TKO勝ち。

7月21日、エディオンアリーナ大阪にてRISE WORLD SERIES 58kg世界トーナメント2019準決勝で現役ルンピニースタジアムスーパーフェザー級王者スアキム・シットソートーテーウと対戦し、3Rに胴回し回転蹴りでスアキムが額をカットしドクターストップでTKO勝ち。9月16日の決勝に進出した。

12月31日、さいたまスーパーアリーナにて行われたRIZIN.20のメインイベントで江幡塁と対戦。自ら「アクセルキック」と命名した回転蹴りなどを見せ、1Rに3度ダウンを奪ってKO勝ち。

2021年12月24日、都内で記者会見が行われ、2022年6月にK-1史上初の三階級王者で現スーパー・フェザー級王者の武尊と対戦することが発表された。

プロデビュー前のジュニア時代には「スーパー高校生」、「ジュニアのパウンドフォーパウンド」などと称された。

WBC世界スーパーバンタム級名誉王者西岡利晃は2011年1月15日の自身のブログにて当時まだ小学生だった那須川を「未来のチャンピオン」と紹介し、ボクシング転向と帝拳ジム入門の勧誘をしている。

WBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司は「那須川君には注目している パンチの技術もパワーもすごい ボクシングをやったとしても世界チャンピオンに絶対なれる それぐらいのパンチがある」と評価している。

西岡利晃、三浦隆司ら4人のプロボクシング世界王者を育てた元帝拳ジムの名匠トレーナー・葛西裕一は「天心の素質は西岡よりも上 ボクシング界でもそうはいない ボクシングでも短い戦績ですぐ世界王座を取る才能がある」『キック最強王者は高校生〜那須川天心・天才のひらめき〜』2015年12月13日スカイ・A sports+放送「天心は3~4回だけ練習していた技を普通に試合で出して倒してしまう非凡さがある 教えると何でもすぐ出来てしまうので教えていて楽しい」「技術は既にほとんど理解しているので細かい指導はしていない 相手の攻撃をもらわない目、距離感、ジャブの使い方が天才的なのでジャブを打たせられる」「WBC世界ライトフライ級王者木村悠が世界戦を控えていた時、当時まだ高校生だった天心とスパーリングさせた 天心は体格的に本来スーパーフライ級とはいえ、ライトフライ級の木村とは体格差があるので『パワーではなくテクニックで勝負しろ』と指示してやらせた 世界戦を控えた木村の疲労なども考慮しなければいけないが、高校生の天心が世界王者とテクニックで互角以上に渡り合っていたのをこの目で見ただけに、天心への期待は大きい」と評価しているAbema TV 2018年9月8日。
8月1日、BLADE.2にてBLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015に参戦。1回戦でDEEP☆KICK 55kg級王者・鈴木真彦と対戦し1RKO勝ち。続く準決勝でREBELS NEW RAIDERSトーナメント-55kg級王者小笠原裕典と対戦し、3R失神KO勝ちすると、決勝ではシュートボクシング日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹と対戦し、1Rに左ハイキックでダウンを奪うと、さらに三日月蹴りとパンチの連打でKO勝ちで優勝した。

12月5日、KNOCK OUTの旗揚げ戦にて、ムエタイのルンピニー・スタジアムスーパーフライ級王者と55kg契約、プロキャリアで初の肘打ち有りのルールで対戦した。本来であれば2階級下の現役チャンピオンであるワンチャローンが相手であったが、那須川に合わせる形の契約体重で行われた。体格差で押し込む展開から、1R2分28秒にバックスピンキックでKO勝ち。試合後に那須川は涙を浮かべ「タイの現役チャンピオンを倒すことができました 相手がいたからこそ練習を頑張ることができました 一つだけ言わせてください 俺が日本の那須川天心だ!」とマイクで興奮気味にアピールした。

6月17日、RISE 125にて、RISEバンタム級(-55kg)王座を返上してフェザー級(-57.15kg)に階級を上げ、初代RISE世界フェザー級王座決定戦で、ルンピニーとラジャダムナンの両スタジアムでスーパーフェザー級1位のロッタン・ジットムアンノンと対戦し、5ラウンドでは決着がつかず延長戦の結果、那須川の判定勝ちとなりバンタム級に続いて2階級制覇を達成した。ロッタン戦の天心の勝利が疑惑のある勝利であると主張する者も多い。例えば、K1創始者の石井和義は自らのツイッターアカウントで「天心くんファンには悪いけどアレはロッタンの勝ちだ」と述べた 同様に、アナリストであるジャック・スラックは、「那須川天心は判定で勝利したことでジャッジの信頼性が犠牲にされた 」と指摘した。

11月17日、RISE 129にて、1年前のRISE Dead or Alive -57kgトーナメントで優勝して那須川への挑戦権を獲得した、前シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者内藤大樹と-57kg契約で対戦。1Rに3回のダウンを奪い1分59秒TKO勝ち。

7月21日、エディオンアリーナ大阪にてRISE WORLD SERIES 58kg世界トーナメント2019準決勝で現役ルンピニースタジアムスーパーフェザー級王者スアキム・シットソートーテーウと対戦し、3Rに胴回し回転蹴りでスアキムが額をカットしドクターストップでTKO勝ち。9月16日の決勝に進出した。

12月31日、さいたまスーパーアリーナにて行われたRIZIN.20のメインイベントで江幡塁と対戦。自ら「アクセルキック」と命名した回転蹴りなどを見せ、1Rに3度ダウンを奪ってKO勝ち。

2021年12月24日、都内で記者会見が行われ、2022年6月にK-1史上初の三階級王者で現スーパー・フェザー級王者の武尊と対戦することが発表された。

プロデビュー前のジュニア時代には「スーパー高校生」、「ジュニアのパウンドフォーパウンド」などと称された。

WBC世界スーパーバンタム級名誉王者西岡利晃は2011年1月15日の自身のブログにて当時まだ小学生だった那須川を「未来のチャンピオン」と紹介し、ボクシング転向と帝拳ジム入門の勧誘をしている。

WBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司は「那須川君には注目している パンチの技術もパワーもすごい ボクシングをやったとしても世界チャンピオンに絶対なれる それぐらいのパンチがある」と評価している。

西岡利晃、三浦隆司ら4人のプロボクシング世界王者を育てた元帝拳ジムの名匠トレーナー・葛西裕一は「天心の素質は西岡よりも上 ボクシング界でもそうはいない ボクシングでも短い戦績ですぐ世界王座を取る才能がある」『キック最強王者は高校生〜那須川天心・天才のひらめき〜』2015年12月13日スカイ・A sports+放送「天心は3~4回だけ練習していた技を普通に試合で出して倒してしまう非凡さがある 教えると何でもすぐ出来てしまうので教えていて楽しい」「技術は既にほとんど理解しているので細かい指導はしていない 相手の攻撃をもらわない目、距離感、ジャブの使い方が天才的なのでジャブを打たせられる」「WBC世界ライトフライ級王者木村悠が世界戦を控えていた時、当時まだ高校生だった天心とスパーリングさせた 天心は体格的に本来スーパーフライ級とはいえ、ライトフライ級の木村とは体格差があるので『パワーではなくテクニックで勝負しろ』と指示してやらせた 世界戦を控えた木村の疲労なども考慮しなければいけないが、高校生の天心が世界王者とテクニックで互角以上に渡り合っていたのをこの目で見ただけに、天心への期待は大きい」と評価しているAbema TV 2018年9月8日。
8月1日、BLADE.2にてBLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015に参戦。1回戦でDEEP☆KICK 55kg級王者・鈴木真彦と対戦し1RKO勝ち。続く準決勝でREBELS NEW RAIDERSトーナメント-55kg級王者小笠原裕典と対戦し、3R失神KO勝ちすると、決勝ではシュートボクシング日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹と対戦し、1Rに左ハイキックでダウンを奪うと、さらに三日月蹴りとパンチの連打でKO勝ちで優勝した。

12月5日、KNOCK OUTの旗揚げ戦にて、ムエタイのルンピニー・スタジアムスーパーフライ級王者と55kg契約、プロキャリアで初の肘打ち有りのルールで対戦した。本来であれば2階級下の現役チャンピオンであるワンチャローンが相手であったが、那須川に合わせる形の契約体重で行われた。体格差で押し込む展開から、1R2分28秒にバックスピンキックでKO勝ち。試合後に那須川は涙を浮かべ「タイの現役チャンピオンを倒すことができました 相手がいたからこそ練習を頑張ることができました 一つだけ言わせてください 俺が日本の那須川天心だ!」とマイクで興奮気味にアピールした。

6月17日、RISE 125にて、RISEバンタム級(-55kg)王座を返上してフェザー級(-57.15kg)に階級を上げ、初代RISE世界フェザー級王座決定戦で、ルンピニーとラジャダムナンの両スタジアムでスーパーフェザー級1位のロッタン・ジットムアンノンと対戦し、5ラウンドでは決着がつかず延長戦の結果、那須川の判定勝ちとなりバンタム級に続いて2階級制覇を達成した。ロッタン戦の天心の勝利が疑惑のある勝利であると主張する者も多い。例えば、K1創始者の石井和義は自らのツイッターアカウントで「天心くんファンには悪いけどアレはロッタンの勝ちだ」と述べた 同様に、アナリストであるジャック・スラックは、「那須川天心は判定で勝利したことでジャッジの信頼性が犠牲にされた 」と指摘した。

11月17日、RISE 129にて、1年前のRISE Dead or Alive -57kgトーナメントで優勝して那須川への挑戦権を獲得した、前シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者内藤大樹と-57kg契約で対戦。1Rに3回のダウンを奪い1分59秒TKO勝ち。

7月21日、エディオンアリーナ大阪にてRISE WORLD SERIES 58kg世界トーナメント2019準決勝で現役ルンピニースタジアムスーパーフェザー級王者スアキム・シットソートーテーウと対戦し、3Rに胴回し回転蹴りでスアキムが額をカットしドクターストップでTKO勝ち。9月16日の決勝に進出した。

12月31日、さいたまスーパーアリーナにて行われたRIZIN.20のメインイベントで江幡塁と対戦。自ら「アクセルキック」と命名した回転蹴りなどを見せ、1Rに3度ダウンを奪ってKO勝ち。

2021年12月24日、都内で記者会見が行われ、2022年6月にK-1史上初の三階級王者で現スーパー・フェザー級王者の武尊と対戦することが発表された。

プロデビュー前のジュニア時代には「スーパー高校生」、「ジュニアのパウンドフォーパウンド」などと称された。

WBC世界スーパーバンタム級名誉王者西岡利晃は2011年1月15日の自身のブログにて当時まだ小学生だった那須川を「未来のチャンピオン」と紹介し、ボクシング転向と帝拳ジム入門の勧誘をしている。

WBC世界スーパーフェザー級王者三浦隆司は「那須川君には注目している パンチの技術もパワーもすごい ボクシングをやったとしても世界チャンピオンに絶対なれる それぐらいのパンチがある」と評価している。

西岡利晃、三浦隆司ら4人のプロボクシング世界王者を育てた元帝拳ジムの名匠トレーナー・葛西裕一は「天心の素質は西岡よりも上 ボクシング界でもそうはいない ボクシングでも短い戦績ですぐ世界王座を取る才能がある」『キック最強王者は高校生〜那須川天心・天才のひらめき〜』2015年12月13日スカイ・A sports+放送「天心は3~4回だけ練習していた技を普通に試合で出して倒してしまう非凡さがある 教えると何でもすぐ出来てしまうので教えていて楽しい」「技術は既にほとんど理解しているので細かい指導はしていない 相手の攻撃をもらわない目、距離感、ジャブの使い方が天才的なのでジャブを打たせられる」「WBC世界ライトフライ級王者木村悠が世界戦を控えていた時、当時まだ高校生だった天心とスパーリングさせた 天心は体格的に本来スーパーフライ級とはいえ、ライトフライ級の木村とは体格差があるので『パワーではなくテクニックで勝負しろ』と指示してやらせた 世界戦を控えた木村の疲労なども考慮しなければいけないが、高校生の天心が世界王者とテクニックで互角以上に渡り合っていたのをこの目で見ただけに、天心への期待は大きい」と評価しているAbema TV 2018年9月8日。
那須川天心のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
那須川天心 総合格闘技
那須川天心 フライ級
那須川天心 WBC
那須川天心 キックボクサー
那須川天心 RISE
那須川天心のつながりをもっと見る