Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


横山由依


志村喬


爆笑問題


滝沢秀明


有野晋哉


羽生結弦


ブラックマヨネーズ


>>もっと見る

清水ミチコ ピアノ 弾き語り

しみず ミチコ
清水ミチコ
清水 ミチコ(しみず ミチコ、1960年1月27日 - )は、日本のものまねタレント、ナレーター、女優、ラジオパーソナリティ、歌手、エッセイスト。ジャムハウス所属。 モノマネを得意とする。「隣人は芸のこやし」を座右の銘としている。 本名は坂田 美智子。旧姓、清水。岐阜県高山市出身。高山西高等学校、文教大学女子短期大学部家政科卒業。血液型B型。 愛称は「(清水の)ミッちゃん」「シミチコ」。



マスコミから「ものまねの女王」と称され、ピアノ弾き語りモノマネ(声・歌・ピアノのタッチを真似る)・様々な芸能人の顔マネ・扮装などで知られる。
モノマネを集めたCDや顔マネや溶け込みを載せた書籍も発売している)。
Steinway & Sonsのグランドピアノを自宅に所有しており、矢野顕子などのピアノ弾き語りの物真似では、歌だけでなくピアノ演奏の物真似も自らの手で行う。
ピアノ演奏は独学で習得した。
また家庭科教諭免許状を取得している。
ピアノ弾き語りと物まねを掛け合わせるなど、音楽と笑いから成る芸のスタイルは、タモリからヒントを得た。
また人気ミュージシャンの歌の世界を要約して、自ら作詞、作曲して歌うネタ「作曲法」は、吉田拓郎をモチーフにする。
「裏テーマ」は、敬愛する松任谷由実。
1986年、渋谷ジァン・ジァンで初ライブ。
モノマネなどの芸が認められ、1987年に新人発掘番組『冗談画報』(フジテレビ)でテレビ初出演したのちに、『森田一義アワー 笑っていいとも!』に出演して知名度を上げる。
ラジオ番組の台本・構成をともに手掛けていたディレクターの坂田幸臣(ゆきのぶ)とこの年に結婚して1988年に長女を出産した。
2022/11/24(木)
マスコミから「ものまねの女王」と称され、ピアノの弾き語りモノマネ(声・歌・ピアノのタッチを真似る)・様々な芸能人の顔マネ・扮装などで知られる。モノマネを集めたCDや顔マネや溶け込みを載せた書籍も発売している)。

Steinway & Sonsのグランドピアノを自宅に所有しており、矢野顕子などのピアノ弾き語りの物真似では、歌だけでなくピアノ演奏の物真似も自らの手で行う。ピアノ演奏は独学で習得した。また家庭科教諭免許状を取得している。

ピアノの弾き語りと物まねを掛け合わせるなど、音楽と笑いから成る芸のスタイルは、タモリからヒントを得た。また人気ミュージシャンの歌の世界を要約して、自ら作詞、作曲して歌うネタ「作曲法」は、吉田拓郎をモチーフにする 「裏テーマ」は、敬愛する松任谷由実。1986年、渋谷ジァン・ジァンで初ライブ。モノマネなどの芸が認められ、1987年に新人発掘番組『冗談画報』(フジテレビ)でテレビ初出演したのちに、『森田一義アワー 笑っていいとも!』に出演して知名度を上げる。ラジオ番組の台本・構成をともに手掛けていたディレクターの坂田幸臣(ゆきのぶ)とこの年に結婚して1988年に長女を出産した。
マスコミから「ものまねの女王」と称され、ピアノの弾き語りモノマネ(声・歌・ピアノのタッチを真似る)・様々な芸能人の顔マネ・扮装などで知られる。モノマネを集めたCDや顔マネや溶け込みを載せた書籍も発売している)。

Steinway & Sonsのグランドピアノを自宅に所有しており、矢野顕子などのピアノ弾き語りの物真似では、歌だけでなくピアノ演奏の物真似も自らの手で行う。ピアノ演奏は独学で習得した。また家庭科教諭免許状を取得している。

ピアノの弾き語りと物まねを掛け合わせるなど、音楽と笑いから成る芸のスタイルは、タモリからヒントを得た。また人気ミュージシャンの歌の世界を要約して、自ら作詞、作曲して歌うネタ「作曲法」は、吉田拓郎をモチーフにする 「裏テーマ」は、敬愛する松任谷由実。1986年、渋谷ジァン・ジァンで初ライブ。モノマネなどの芸が認められ、1987年に新人発掘番組『冗談画報』(フジテレビ)でテレビ初出演したのちに、『森田一義アワー 笑っていいとも!』に出演して知名度を上げる。ラジオ番組の台本・構成をともに手掛けていたディレクターの坂田幸臣(ゆきのぶ)とこの年に結婚して1988年に長女を出産した。
マスコミから「ものまねの女王」と称され、ピアノの弾き語りモノマネ(声・歌・ピアノのタッチを真似る)・様々な芸能人の顔マネ・扮装などで知られる。モノマネを集めたCDや顔マネや溶け込みを載せた書籍も発売している)。

Steinway & Sonsのグランドピアノを自宅に所有しており、矢野顕子などのピアノ弾き語りの物真似では、歌だけでなくピアノ演奏の物真似も自らの手で行う。ピアノ演奏は独学で習得した。また家庭科教諭免許状を取得している。

ピアノの弾き語りと物まねを掛け合わせるなど、音楽と笑いから成る芸のスタイルは、タモリからヒントを得た。また人気ミュージシャンの歌の世界を要約して、自ら作詞、作曲して歌うネタ「作曲法」は、吉田拓郎をモチーフにする 「裏テーマ」は、敬愛する松任谷由実。1986年、渋谷ジァン・ジァンで初ライブ。モノマネなどの芸が認められ、1987年に新人発掘番組『冗談画報』(フジテレビ)でテレビ初出演したのちに、『森田一義アワー 笑っていいとも!』に出演して知名度を上げる。ラジオ番組の台本・構成をともに手掛けていたディレクターの坂田幸臣(ゆきのぶ)とこの年に結婚して1988年に長女を出産した。
清水ミチコのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
清水ミチコ 平野レミ
清水ミチコ 松任谷由実
清水ミチコ 矢野顕子
清水ミチコのつながりをもっと見る