Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

アントニオ猪木 西口プロレス

アントニオ いのき
アントニオ猪木
アントニオ猪木(アントニオいのき、本名: 猪木 寛至〈いのき かんじ〉、1943年2月20日 - )は、日本の元プロレスラー・実業家・政治家。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。複数の結婚歴と離婚歴があり(4回結婚している)、二番目の妻は女優の倍賞美津子である。倍賞との間に娘が一人いる。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン・イノキ」である。ただし、ワシントン・ポストによると本人は仏教徒とも自認する。 プロレスラーとしては新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。政治家としては参議院議員(2期)、スポーツ平和党代表、次世代の党国民運動局長兼参議院政策調査会長、日本を元気にする会最高顧問、同代表などを歴任。



猪木死去当日、新日本プロレスはイギリス・ロンドン大会、藤波が試合を行ったプロレスリング・ヒートアップ・川崎市とどろきアリーナ大会、女子プロレスのスターダム・武蔵野の森総合スポーツプラザ大会でそれぞれ追悼の10カウントゴングが行われた。
全日本プロレスは、翌2日に追悼セレモニーを行いプロレスリング・ノアは7日の後楽園ホール大会で追悼10カウントセレモニーを行った。
新日本プロレスは、猪木の死後国内初大会となる10日の両国国技館大会でも10カウントゴングセレモニーを行い来年1月4日に東京ドームで行われる「WRESTLE KINGDOM 17」を追悼大会とし大会のサブタイトルを「闘魂よ、永遠に」とすることを発表した。
日本プロレス殿堂会は、10日の後楽園ホール大会で大会前に藤波と長州のトークショーでしのび、試合後に追悼セレモニーを行った。
西口プロレスも25日の新宿FACE大会で追悼した。
ドラディションは、10月22日の福岡大会、30日の大阪大会で10カウントゴング、猪木の音声を使った「1、2、3、ダーッ!」で興行を締め、12月1日の代々木大会では藤波が猪木と同じデザインの深紅のガウンで「炎のファイター」をテーマ曲に入場し、試合後のセレモニーではこの日も10カウントゴングを鳴らし、「師匠である猪木さん 本来ならば、猪木さんもこのリングに立ってくれる約束でした。
それが叶わぬこととなりましたが、我々レスラーはこれからも猪木さんの遺志を継いで邁進していきます どうぞ、これからもプロレスを宜しくお願いします 」と語り「1、2、3、ダーッ!」で大会を締めた。
ストロングスタイルプロレスでは、11月23日の大阪大会で佐山が30カウントゴング、12月8日の後楽園ホール大会では30カウントゴングの最後の一打で「炎のファイター」を流し、「天まで届け」と追悼した。
11月17日の新日本プロレス50周年記念ライブイベント「シンニチイズム ミュージックフェス」でも「炎のファイター」で追悼、生前の猪木の映像と共に「1!2!3!ダーッ!」を行った。
横浜DeNAベイスターズは当日の試合前、炎のファイター 〜INOKI BOM-BA-YE〜を流した。
テレビ朝日は当日、「サタデーステーション2時間SP」の番組内容を変更し1時間50分「アントニオ猪木さん死去『燃える闘魂』を緊急追悼」を放送し、7日にはBS朝日で放送の「ワールドプロレスリングリターンズ」でも追悼し、9日には「ワールドプロレスリング」で追悼特集を放送し、CSテレ朝チャンネル2では、14日から3日連続で「ありがとう! 俺たちの“燃える闘魂”ワールドプロレスリング アントニオ猪木追悼SP」を放送し、BS朝日は11月11日の金曜よる8時に「アントニオ猪木 追悼 レジェンドが語る“燃える闘魂”完全版」を放送した。
NHKはラジオ第一で23日「闘魂フォーエバーアントニオ猪木さんをしのんで」と題して生放送を行った。
東京・池袋に2006年(平成18年)、居酒屋「アントニオ猪木酒場」を開店した。
「午後八時のプロレスを見ながら食べたメニューを再現する」がうたい文句の居酒屋で、店内は古きよき昭和の時代をイメージし、常時プロレスが放送されており、プロレスにあやかった名がついた料理がメニューに並ぶ。
なお実際の店舗運営は、IGFのスポンサーでもあり、焼肉屋さかいなどを傘下に収める外食産業大手のジー・コミュニケーションが行っており、猪木は経営には関与していない。
ジー社は同ブランドのフランチャイズ展開を進め、沖縄・仙台・千葉・福岡・広島にも進出していたこともあるが、いずれも閉店。
2016年(平成28年)6月時点では新宿店(2008年開店)のみが営業を続けていた。
同店ではトークショーや西口プロレスの公演が行われ、猪木本人もときおりイベントで来店していた。
ジャイアント小馬場 - 西口プロレスの興行で時々披露。
猪木芸人であるアントニオ小猪木の目の前で小猪木よりも上手い物真似を披露し、小猪木の立場を奪うのが定番となっている。
2022/12/11(日)
猪木死去当日、新日本プロレスはイギリス・ロンドン大会、藤波が試合を行ったプロレスリング・ヒートアップ・川崎市とどろきアリーナ大会、女子プロレスのスターダム・武蔵野の森総合スポーツプラザ大会でそれぞれ追悼の10カウントゴングが行われた。全日本プロレスは、翌2日に追悼セレモニーを行いプロレスリング・ノアは7日の後楽園ホール大会で追悼10カウントセレモニーを行った。新日本プロレスは、猪木の死後国内初大会となる10日の両国国技館大会でも10カウントゴングセレモニーを行い来年1月4日に東京ドームで行われる「WRESTLE KINGDOM 17」を追悼大会とし大会のサブタイトルを「闘魂よ、永遠に」とすることを発表した 日本プロレス殿堂会は、10日の後楽園ホール大会で大会前に藤波と長州のトークショーでしのび、試合後に追悼セレモニーを行った 西口プロレスも25日の新宿FACE大会で追悼した ドラディションは、10月22日の福岡大会、30日の大阪大会で10カウントゴング、猪木の音声を使った「1、2、3、ダーッ!」で興行を締め、12月1日の代々木大会では藤波が猪木と同じデザインの深紅のガウンで「炎のファイター」をテーマ曲に入場し、試合後のセレモニーではこの日も10カウントゴングを鳴らし、「師匠である猪木さん 本来ならば、猪木さんもこのリングに立ってくれる約束でした それが叶わぬこととなりましたが、我々レスラーはこれからも猪木さんの遺志を継いで邁進していきます どうぞ、これからもプロレスを宜しくお願いします 」と語り「1、2、3、ダーッ!」で大会を締めた ストロングスタイルプロレスでは、11月23日の大阪大会で佐山が30カウントゴング、12月8日の後楽園ホール大会では30カウントゴングの最後の一打で「炎のファイター」を流し、「天まで届け」と追悼した 11月17日の新日本プロレス50周年記念ライブイベント「シンニチイズム ミュージックフェス」でも「炎のファイター」で追悼、生前の猪木の映像と共に「1!2!3!ダーッ!」を行った 横浜DeNAベイスターズは当日の試合前、炎のファイター 〜INOKI BOM-BA-YE〜を流した テレビ朝日は当日、「サタデーステーション2時間SP」の番組内容を変更し1時間50分「アントニオ猪木さん死去『燃える闘魂』を緊急追悼」を放送し、7日にはBS朝日で放送の「ワールドプロレスリングリターンズ」でも追悼し、9日には「ワールドプロレスリング」で追悼特集を放送し、CSテレ朝チャンネル2では、14日から3日連続で「ありがとう! 俺たちの“燃える闘魂”ワールドプロレスリング アントニオ猪木追悼SP」を放送し、BS朝日は11月11日の金曜よる8時に「アントニオ猪木 追悼 レジェンドが語る“燃える闘魂”完全版」を放送した NHKはラジオ第一で23日「闘魂フォーエバーアントニオ猪木さんをしのんで」と題して生放送を行った。

東京・池袋に2006年(平成18年)、居酒屋「アントニオ猪木酒場」を開店した 「午後八時のプロレスを見ながら食べたメニューを再現する」がうたい文句の居酒屋で、店内は古きよき昭和の時代をイメージし、常時プロレスが放送されており、プロレスにあやかった名がついた料理がメニューに並ぶ。なお実際の店舗運営は、IGFのスポンサーでもあり、焼肉屋さかいなどを傘下に収める外食産業大手のジー・コミュニケーションが行っており、猪木は経営には関与していない。ジー社は同ブランドのフランチャイズ展開を進め、沖縄・仙台・千葉・福岡・広島にも進出していたこともあるが、いずれも閉店。2016年(平成28年)6月時点では新宿店(2008年開店)のみが営業を続けていた。同店ではトークショーや西口プロレスの公演が行われ、猪木本人もときおりイベントで来店していた。

ジャイアント小馬場 - 西口プロレスの興行で時々披露。猪木芸人であるアントニオ小猪木の目の前で小猪木よりも上手い物真似を披露し、小猪木の立場を奪うのが定番となっている。
猪木死去当日、新日本プロレスはイギリス・ロンドン大会、藤波が試合を行ったプロレスリング・ヒートアップ・川崎市とどろきアリーナ大会、女子プロレスのスターダム・武蔵野の森総合スポーツプラザ大会でそれぞれ追悼の10カウントゴングが行われた。全日本プロレスは、翌2日に追悼セレモニーを行いプロレスリング・ノアは7日の後楽園ホール大会で追悼10カウントセレモニーを行った。新日本プロレスは、猪木の死後国内初大会となる10日の両国国技館大会でも10カウントゴングセレモニーを行い来年1月4日に東京ドームで行われる「WRESTLE KINGDOM 17」を追悼大会とし大会のサブタイトルを「闘魂よ、永遠に」とすることを発表した 日本プロレス殿堂会は、10日の後楽園ホール大会で大会前に藤波と長州のトークショーでしのび、試合後に追悼セレモニーを行った 西口プロレスも25日の新宿FACE大会で追悼した ドラディションは、10月22日の福岡大会、30日の大阪大会で10カウントゴング、猪木の音声を使った「1、2、3、ダーッ!」で興行を締め、12月1日の代々木大会では藤波が猪木と同じデザインの深紅のガウンで「炎のファイター」をテーマ曲に入場し、試合後のセレモニーではこの日も10カウントゴングを鳴らし、「師匠である猪木さん 本来ならば、猪木さんもこのリングに立ってくれる約束でした それが叶わぬこととなりましたが、我々レスラーはこれからも猪木さんの遺志を継いで邁進していきます どうぞ、これからもプロレスを宜しくお願いします 」と語り「1、2、3、ダーッ!」で大会を締めた ストロングスタイルプロレスでは、11月23日の大阪大会で佐山が30カウントゴング、12月8日の後楽園ホール大会では30カウントゴングの最後の一打で「炎のファイター」を流し、「天まで届け」と追悼した 11月17日の新日本プロレス50周年記念ライブイベント「シンニチイズム ミュージックフェス」でも「炎のファイター」で追悼、生前の猪木の映像と共に「1!2!3!ダーッ!」を行った 横浜DeNAベイスターズは当日の試合前、炎のファイター 〜INOKI BOM-BA-YE〜を流した テレビ朝日は当日、「サタデーステーション2時間SP」の番組内容を変更し1時間50分「アントニオ猪木さん死去『燃える闘魂』を緊急追悼」を放送し、7日にはBS朝日で放送の「ワールドプロレスリングリターンズ」でも追悼し、9日には「ワールドプロレスリング」で追悼特集を放送し、CSテレ朝チャンネル2では、14日から3日連続で「ありがとう! 俺たちの“燃える闘魂”ワールドプロレスリング アントニオ猪木追悼SP」を放送し、BS朝日は11月11日の金曜よる8時に「アントニオ猪木 追悼 レジェンドが語る“燃える闘魂”完全版」を放送した NHKはラジオ第一で23日「闘魂フォーエバーアントニオ猪木さんをしのんで」と題して生放送を行った。

東京・池袋に2006年(平成18年)、居酒屋「アントニオ猪木酒場」を開店した 「午後八時のプロレスを見ながら食べたメニューを再現する」がうたい文句の居酒屋で、店内は古きよき昭和の時代をイメージし、常時プロレスが放送されており、プロレスにあやかった名がついた料理がメニューに並ぶ。なお実際の店舗運営は、IGFのスポンサーでもあり、焼肉屋さかいなどを傘下に収める外食産業大手のジー・コミュニケーションが行っており、猪木は経営には関与していない。ジー社は同ブランドのフランチャイズ展開を進め、沖縄・仙台・千葉・福岡・広島にも進出していたこともあるが、いずれも閉店。2016年(平成28年)6月時点では新宿店(2008年開店)のみが営業を続けていた。同店ではトークショーや西口プロレスの公演が行われ、猪木本人もときおりイベントで来店していた。

ジャイアント小馬場 - 西口プロレスの興行で時々披露。猪木芸人であるアントニオ小猪木の目の前で小猪木よりも上手い物真似を披露し、小猪木の立場を奪うのが定番となっている。
猪木死去当日、新日本プロレスはイギリス・ロンドン大会、藤波が試合を行ったプロレスリング・ヒートアップ・川崎市とどろきアリーナ大会、女子プロレスのスターダム・武蔵野の森総合スポーツプラザ大会でそれぞれ追悼の10カウントゴングが行われた。全日本プロレスは、翌2日に追悼セレモニーを行いプロレスリング・ノアは7日の後楽園ホール大会で追悼10カウントセレモニーを行った。新日本プロレスは、猪木の死後国内初大会となる10日の両国国技館大会でも10カウントゴングセレモニーを行い来年1月4日に東京ドームで行われる「WRESTLE KINGDOM 17」を追悼大会とし大会のサブタイトルを「闘魂よ、永遠に」とすることを発表した 日本プロレス殿堂会は、10日の後楽園ホール大会で大会前に藤波と長州のトークショーでしのび、試合後に追悼セレモニーを行った 西口プロレスも25日の新宿FACE大会で追悼した ドラディションは、10月22日の福岡大会、30日の大阪大会で10カウントゴング、猪木の音声を使った「1、2、3、ダーッ!」で興行を締め、12月1日の代々木大会では藤波が猪木と同じデザインの深紅のガウンで「炎のファイター」をテーマ曲に入場し、試合後のセレモニーではこの日も10カウントゴングを鳴らし、「師匠である猪木さん 本来ならば、猪木さんもこのリングに立ってくれる約束でした それが叶わぬこととなりましたが、我々レスラーはこれからも猪木さんの遺志を継いで邁進していきます どうぞ、これからもプロレスを宜しくお願いします 」と語り「1、2、3、ダーッ!」で大会を締めた ストロングスタイルプロレスでは、11月23日の大阪大会で佐山が30カウントゴング、12月8日の後楽園ホール大会では30カウントゴングの最後の一打で「炎のファイター」を流し、「天まで届け」と追悼した 11月17日の新日本プロレス50周年記念ライブイベント「シンニチイズム ミュージックフェス」でも「炎のファイター」で追悼、生前の猪木の映像と共に「1!2!3!ダーッ!」を行った 横浜DeNAベイスターズは当日の試合前、炎のファイター 〜INOKI BOM-BA-YE〜を流した テレビ朝日は当日、「サタデーステーション2時間SP」の番組内容を変更し1時間50分「アントニオ猪木さん死去『燃える闘魂』を緊急追悼」を放送し、7日にはBS朝日で放送の「ワールドプロレスリングリターンズ」でも追悼し、9日には「ワールドプロレスリング」で追悼特集を放送し、CSテレ朝チャンネル2では、14日から3日連続で「ありがとう! 俺たちの“燃える闘魂”ワールドプロレスリング アントニオ猪木追悼SP」を放送し、BS朝日は11月11日の金曜よる8時に「アントニオ猪木 追悼 レジェンドが語る“燃える闘魂”完全版」を放送した NHKはラジオ第一で23日「闘魂フォーエバーアントニオ猪木さんをしのんで」と題して生放送を行った。

東京・池袋に2006年(平成18年)、居酒屋「アントニオ猪木酒場」を開店した 「午後八時のプロレスを見ながら食べたメニューを再現する」がうたい文句の居酒屋で、店内は古きよき昭和の時代をイメージし、常時プロレスが放送されており、プロレスにあやかった名がついた料理がメニューに並ぶ。なお実際の店舗運営は、IGFのスポンサーでもあり、焼肉屋さかいなどを傘下に収める外食産業大手のジー・コミュニケーションが行っており、猪木は経営には関与していない。ジー社は同ブランドのフランチャイズ展開を進め、沖縄・仙台・千葉・福岡・広島にも進出していたこともあるが、いずれも閉店。2016年(平成28年)6月時点では新宿店(2008年開店)のみが営業を続けていた。同店ではトークショーや西口プロレスの公演が行われ、猪木本人もときおりイベントで来店していた。

ジャイアント小馬場 - 西口プロレスの興行で時々披露。猪木芸人であるアントニオ小猪木の目の前で小猪木よりも上手い物真似を披露し、小猪木の立場を奪うのが定番となっている。
アントニオ猪木のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
アントニオ猪木 キングコング・バンディ ボディスラム
アントニオ猪木 ブラックジャック・マリガン
アントニオ猪木 ボビー・ダンカン
アントニオ猪木 重量挙げ ケン・パテラ
アントニオ猪木 ハッサン・アラブ
アントニオ猪木 ダスティ・ローデス
アントニオ猪木 マディソン・スクエア・ガーデン
アントニオ猪木 WWF世界マーシャルアーツ・ヘビー級王者 テキサス・レッド
アントニオ猪木 プレ日本選手権
アントニオ猪木 ペドロ・モラレス
アントニオ猪木のつながりをもっと見る