Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

徳光和夫 船橋競馬場 南関東公営競馬

とくみつ かずお
徳光和夫
徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年(昭和16年)3月3日〈戸籍上は3月10日〉 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。元日本テレビアナウンサー。本名:德光 和夫(読み同じ)。 日本ドッジボール協会顧問、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ顧問、日本司会芸能協会顧問、海原会(学校法人海城学園OB会)会長等の肩書きも持つ。 オフィス ラ・メール所属で、ソニー・ミュージックアーティスツと業務提携している。 本名の「德」は徳の旧字体で初期の日本テレビ(一部の記事を除き、以下日テレと略す)『ズームイン!!朝!』のテロップでもこの表記を使っていたが、現在は通常の「徳」を使用している。愛称は、徳さん。プロ野球・読売ジャイアンツの熱烈なファンで、「巨人親父」とも称される。公の場で感涙することが多く(特に『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』)、「非常に涙もろい」キャラクターで知られる。番組開始時の挨拶ではフルネームを言わず「徳光です(でございます)。」と言っている。 東京都目黒区出身。現在は神奈川県茅ヶ崎市在住。血液型B型。1女2男があり、タレントの徳光正行は次男。ミッツ・マングローブは甥にあたる。



大のギャンブル好きである。
特にボートレースが大好きであり、選手の心理状況や家族構成まで調べるくらいに熱中している。
日テレ時代に『ズームイン!!朝!』を担当していた時は、番組が終わるとほぼ毎日のように平和島競艇場に直行していたと言われている。
「競馬は遊び、競艇は勝負」が口癖でもあるという『せんえつですが…徳光和夫の日常』88-90ページ。
競馬では大穴狙いが多く、負けて当然といった馬券の買い方をよくする。
ウインズ後楽園によく出没する。
1997年2月17日には、船橋競馬場で当時の南関東公営競馬史上最高配当記録となる馬複(馬連)20万馬券を的中し、約800万円の払い戻しを受け、大々的に報じられた(この時はウインズ新橋の場外発売で馬券を購入)。
その際、徳光の馬券予想コーナーを掲載していたスポーツ報知では「徳さん万馬券的中」と1面で報じたが、別のスポーツ新聞は徳光であることに気がつかず、「初老の男性が換金に来た」と報じた。
ウインズ後楽園で高額払い戻しを受けた際、一般人に発見され騒ぎになり払い戻し額含めて新聞に掲載された。
その際、家族には勝った金額を過小報告していたが、翌日の新聞の報道で妻にバレた。
2023/2/7(火)
大のギャンブル好きである。特にボートレースが大好きであり、選手の心理状況や家族構成まで調べるくらいに熱中している。日テレ時代に『ズームイン!!朝!』を担当していた時は、番組が終わるとほぼ毎日のように平和島競艇場に直行していたと言われている 「競馬は遊び、競艇は勝負」が口癖でもあるという『せんえつですが…徳光和夫の日常』88-90ページ。
競馬では大穴狙いが多く、負けて当然といった馬券の買い方をよくする。ウインズ後楽園によく出没する。1997年2月17日には、船橋競馬場で当時の南関東公営競馬史上最高配当記録となる馬複(馬連)20万馬券を的中し、約800万円の払い戻しを受け、大々的に報じられた(この時はウインズ新橋の場外発売で馬券を購入)。その際、徳光の馬券予想コーナーを掲載していたスポーツ報知では「徳さん万馬券的中」と1面で報じたが、別のスポーツ新聞は徳光であることに気がつかず、「初老の男性が換金に来た」と報じた。
ウインズ後楽園で高額払い戻しを受けた際、一般人に発見され騒ぎになり払い戻し額含めて新聞に掲載された。その際、家族には勝った金額を過小報告していたが、翌日の新聞の報道で妻にバレた。
大のギャンブル好きである。特にボートレースが大好きであり、選手の心理状況や家族構成まで調べるくらいに熱中している。日テレ時代に『ズームイン!!朝!』を担当していた時は、番組が終わるとほぼ毎日のように平和島競艇場に直行していたと言われている 「競馬は遊び、競艇は勝負」が口癖でもあるという『せんえつですが…徳光和夫の日常』88-90ページ。
競馬では大穴狙いが多く、負けて当然といった馬券の買い方をよくする。ウインズ後楽園によく出没する。1997年2月17日には、船橋競馬場で当時の南関東公営競馬史上最高配当記録となる馬複(馬連)20万馬券を的中し、約800万円の払い戻しを受け、大々的に報じられた(この時はウインズ新橋の場外発売で馬券を購入)。その際、徳光の馬券予想コーナーを掲載していたスポーツ報知では「徳さん万馬券的中」と1面で報じたが、別のスポーツ新聞は徳光であることに気がつかず、「初老の男性が換金に来た」と報じた。
ウインズ後楽園で高額払い戻しを受けた際、一般人に発見され騒ぎになり払い戻し額含めて新聞に掲載された。その際、家族には勝った金額を過小報告していたが、翌日の新聞の報道で妻にバレた。
大のギャンブル好きである。特にボートレースが大好きであり、選手の心理状況や家族構成まで調べるくらいに熱中している。日テレ時代に『ズームイン!!朝!』を担当していた時は、番組が終わるとほぼ毎日のように平和島競艇場に直行していたと言われている 「競馬は遊び、競艇は勝負」が口癖でもあるという『せんえつですが…徳光和夫の日常』88-90ページ。
競馬では大穴狙いが多く、負けて当然といった馬券の買い方をよくする。ウインズ後楽園によく出没する。1997年2月17日には、船橋競馬場で当時の南関東公営競馬史上最高配当記録となる馬複(馬連)20万馬券を的中し、約800万円の払い戻しを受け、大々的に報じられた(この時はウインズ新橋の場外発売で馬券を購入)。その際、徳光の馬券予想コーナーを掲載していたスポーツ報知では「徳さん万馬券的中」と1面で報じたが、別のスポーツ新聞は徳光であることに気がつかず、「初老の男性が換金に来た」と報じた。
ウインズ後楽園で高額払い戻しを受けた際、一般人に発見され騒ぎになり払い戻し額含めて新聞に掲載された。その際、家族には勝った金額を過小報告していたが、翌日の新聞の報道で妻にバレた。
徳光和夫のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
徳光和夫 ミッツ・マングローブ
徳光和夫 茅ヶ崎
徳光和夫 行列のできる法律相談所
徳光和夫 アメリカ横断ウルトラクイズ 福留功男 小倉淳
徳光和夫 ファミリーヒストリー 福永洋一
徳光和夫 羽鳥慎一
徳光和夫 オジサンズ11
徳光和夫 馬複(馬連)
徳光和夫 世界ウルルン滞在記
徳光和夫 小林完吾
徳光和夫のつながりをもっと見る