Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

勝野洋 松田優作 竜雷太 露口茂

かつの ひろし
勝野洋
勝野 洋(かつの ひろし、1949年7月27日 - )は、日本の俳優。熊本県阿蘇郡出身。株式会社ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。妻はキャシー中島。長女は勝野七奈美、次女は勝野雅奈恵、長男は勝野洋輔。



特技は柔道(三段を取得)、詩吟、乗馬。
趣味はスキー。
静岡県御殿場市で自然に囲まれた暮らしを営んでいた。
大学在学中のモデル活動では生活費稼ぎが目的であって、元々役者になろうとは考えておらず、一年だけ劇団にいたら大学に戻るつもりでいた。
そのころ、松田優作演じるジーパン刑事の後任として、大人からも快く受け入れられる若者を探していた岡田晋吉が、劇団「雲」のマネージャーの推薦で会うと、長髪が多い当時の若者とは違って、髪の毛をスポーツ刈りにして清潔に整え誠実そうな勝野を一目で気に入る。
勝野は持ち掛けられた『太陽にほえろ!』 の話を断るつもりでいたが、石原裕次郎に会えるということで、記念として太陽にゲスト出演、石原裕次郎に挨拶に行き、『太陽にほえろ!』 に出るしかならない状況になり、出演した。
撮影現場では竜雷太に一から指導を受けた。
余裕が出てくると露口茂の演技に感銘を受けたという。
『太陽にほえろ!』の新人刑事の殉職劇をファンを招いて上映するイベントが終了し、勝野は一度会場を出たが急に引き返し、置いてあった花束の山を引っ掻き回し始めた。
花束を持ってきてくれたファンが、イベントに参加できず、3時間も会場前で待っていたことに気づいた勝野は、その花束を探し出すと、それを持って、さりげなくその花束をくれたファンの前を通り抜けて精一杯の誠意を示した。
この時、勝野は何十という花束をもらったが、そのひとつひとつの花束を誰からもらったか覚えていて、岡田晋吉らスタッフを感心させた。
2023/1/30(月)
特技は柔道(三段を取得)、詩吟、乗馬。趣味はスキー。静岡県御殿場市で自然に囲まれた暮らしを営んでいた。
大学在学中のモデル活動では生活費稼ぎが目的であって、元々役者になろうとは考えておらず、一年だけ劇団にいたら大学に戻るつもりでいた。そのころ、松田優作演じるジーパン刑事の後任として、大人からも快く受け入れられる若者を探していた岡田晋吉が、劇団「雲」のマネージャーの推薦で会うと、長髪が多い当時の若者とは違って、髪の毛をスポーツ刈りにして清潔に整え誠実そうな勝野を一目で気に入る。勝野は持ち掛けられた『太陽にほえろ!』 の話を断るつもりでいたが、石原裕次郎に会えるということで、記念として太陽にゲスト出演、石原裕次郎に挨拶に行き、『太陽にほえろ!』 に出るしかならない状況になり、出演した。撮影現場では竜雷太に一から指導を受けた。余裕が出てくると露口茂の演技に感銘を受けたという。
『太陽にほえろ!』の新人刑事の殉職劇をファンを招いて上映するイベントが終了し、勝野は一度会場を出たが急に引き返し、置いてあった花束の山を引っ掻き回し始めた。花束を持ってきてくれたファンが、イベントに参加できず、3時間も会場前で待っていたことに気づいた勝野は、その花束を探し出すと、それを持って、さりげなくその花束をくれたファンの前を通り抜けて精一杯の誠意を示した。この時、勝野は何十という花束をもらったが、そのひとつひとつの花束を誰からもらったか覚えていて、岡田晋吉らスタッフを感心させた。
特技は柔道(三段を取得)、詩吟、乗馬。趣味はスキー。静岡県御殿場市で自然に囲まれた暮らしを営んでいた。
大学在学中のモデル活動では生活費稼ぎが目的であって、元々役者になろうとは考えておらず、一年だけ劇団にいたら大学に戻るつもりでいた。そのころ、松田優作演じるジーパン刑事の後任として、大人からも快く受け入れられる若者を探していた岡田晋吉が、劇団「雲」のマネージャーの推薦で会うと、長髪が多い当時の若者とは違って、髪の毛をスポーツ刈りにして清潔に整え誠実そうな勝野を一目で気に入る。勝野は持ち掛けられた『太陽にほえろ!』 の話を断るつもりでいたが、石原裕次郎に会えるということで、記念として太陽にゲスト出演、石原裕次郎に挨拶に行き、『太陽にほえろ!』 に出るしかならない状況になり、出演した。撮影現場では竜雷太に一から指導を受けた。余裕が出てくると露口茂の演技に感銘を受けたという。
『太陽にほえろ!』の新人刑事の殉職劇をファンを招いて上映するイベントが終了し、勝野は一度会場を出たが急に引き返し、置いてあった花束の山を引っ掻き回し始めた。花束を持ってきてくれたファンが、イベントに参加できず、3時間も会場前で待っていたことに気づいた勝野は、その花束を探し出すと、それを持って、さりげなくその花束をくれたファンの前を通り抜けて精一杯の誠意を示した。この時、勝野は何十という花束をもらったが、そのひとつひとつの花束を誰からもらったか覚えていて、岡田晋吉らスタッフを感心させた。
特技は柔道(三段を取得)、詩吟、乗馬。趣味はスキー。静岡県御殿場市で自然に囲まれた暮らしを営んでいた。
大学在学中のモデル活動では生活費稼ぎが目的であって、元々役者になろうとは考えておらず、一年だけ劇団にいたら大学に戻るつもりでいた。そのころ、松田優作演じるジーパン刑事の後任として、大人からも快く受け入れられる若者を探していた岡田晋吉が、劇団「雲」のマネージャーの推薦で会うと、長髪が多い当時の若者とは違って、髪の毛をスポーツ刈りにして清潔に整え誠実そうな勝野を一目で気に入る。勝野は持ち掛けられた『太陽にほえろ!』 の話を断るつもりでいたが、石原裕次郎に会えるということで、記念として太陽にゲスト出演、石原裕次郎に挨拶に行き、『太陽にほえろ!』 に出るしかならない状況になり、出演した。撮影現場では竜雷太に一から指導を受けた。余裕が出てくると露口茂の演技に感銘を受けたという。
『太陽にほえろ!』の新人刑事の殉職劇をファンを招いて上映するイベントが終了し、勝野は一度会場を出たが急に引き返し、置いてあった花束の山を引っ掻き回し始めた。花束を持ってきてくれたファンが、イベントに参加できず、3時間も会場前で待っていたことに気づいた勝野は、その花束を探し出すと、それを持って、さりげなくその花束をくれたファンの前を通り抜けて精一杯の誠意を示した。この時、勝野は何十という花束をもらったが、そのひとつひとつの花束を誰からもらったか覚えていて、岡田晋吉らスタッフを感心させた。
勝野洋のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
勝野洋 太陽にほえろ!
勝野洋のつながりをもっと見る