Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

吉田栄作 トレンディドラマ

よしだ えいさく
吉田栄作
吉田 栄作(よしだ えいさく、1969年〈昭和44年〉1月3日 - )は、日本の俳優、歌手。神奈川県出身。身長182cm、体重72kg。血液型はA型。元妻はモデルの平子理沙。現在の妻は女優の内山理名。



高校卒業後、矢沢永吉を真似て19歳で上京するが、東京が近すぎたため、敢えて実家から遠い江戸川区平井に住む。
最初は小さな俳優養成所に所属し、カラオケの映像や、テレビや映画のエキストラなどをし、夜は渋谷のカフェバーでアルバイトをする。
店は渋谷ビデオスタジオに近い場所で、業界関係者がお客としてたくさん訪れ、当時は後にトレンディドラマと呼ばれるテレビドラマが業界を席捲しはじめた頃で、陣内孝則やW浅野、三上博史、石田純一らも店に来ていて、バイト中にそれを横目に「ああ、俺も出たいな」と悔しい思いをした。
当時のトレンディドラマにも多数主演して人気を博し、1991年当時世界的に流行し始めた「クライムサスペンス」を思わせる『もう誰も愛さない』の主演は大きな反響を呼んだ 自身でも「ジェットコースターのようにどんどん展開が変わる作品で、見ているときにトイレにちょっと行って戻ったらもう3年経ってた、みたいな作品でしたね またこの作品にはすごく残虐なシーンもあり、後に流行となるドロドロ系ドラマの先駆けだったと思います」、「このドラマは22歳のときだったんですが、その時点で僕が感化された浜田省吾さんの『MONEY』の歌詞のように、僕が16歳のとき思い描いていた夢が全部叶ったんです」などと述べている。
これが後の渡米の初期衝動となる。
2023/1/30(月)
高校卒業後、矢沢永吉を真似て19歳で上京するが、東京が近すぎたため、敢えて実家から遠い江戸川区平井に住む。最初は小さな俳優養成所に所属し、カラオケの映像や、テレビや映画のエキストラなどをし、夜は渋谷のカフェバーでアルバイトをする。店は渋谷ビデオスタジオに近い場所で、業界関係者がお客としてたくさん訪れ、当時は後にトレンディドラマと呼ばれるテレビドラマが業界を席捲しはじめた頃で、陣内孝則やW浅野、三上博史、石田純一らも店に来ていて、バイト中にそれを横目に「ああ、俺も出たいな」と悔しい思いをした。

当時のトレンディドラマにも多数主演して人気を博し、1991年当時世界的に流行し始めた「クライムサスペンス」を思わせる『もう誰も愛さない』の主演は大きな反響を呼んだ 自身でも「ジェットコースターのようにどんどん展開が変わる作品で、見ているときにトイレにちょっと行って戻ったらもう3年経ってた、みたいな作品でしたね またこの作品にはすごく残虐なシーンもあり、後に流行となるドロドロ系ドラマの先駆けだったと思います」、「このドラマは22歳のときだったんですが、その時点で僕が感化された浜田省吾さんの『MONEY』の歌詞のように、僕が16歳のとき思い描いていた夢が全部叶ったんです」などと述べている。これが後の渡米の初期衝動となる。
高校卒業後、矢沢永吉を真似て19歳で上京するが、東京が近すぎたため、敢えて実家から遠い江戸川区平井に住む。最初は小さな俳優養成所に所属し、カラオケの映像や、テレビや映画のエキストラなどをし、夜は渋谷のカフェバーでアルバイトをする。店は渋谷ビデオスタジオに近い場所で、業界関係者がお客としてたくさん訪れ、当時は後にトレンディドラマと呼ばれるテレビドラマが業界を席捲しはじめた頃で、陣内孝則やW浅野、三上博史、石田純一らも店に来ていて、バイト中にそれを横目に「ああ、俺も出たいな」と悔しい思いをした。

当時のトレンディドラマにも多数主演して人気を博し、1991年当時世界的に流行し始めた「クライムサスペンス」を思わせる『もう誰も愛さない』の主演は大きな反響を呼んだ 自身でも「ジェットコースターのようにどんどん展開が変わる作品で、見ているときにトイレにちょっと行って戻ったらもう3年経ってた、みたいな作品でしたね またこの作品にはすごく残虐なシーンもあり、後に流行となるドロドロ系ドラマの先駆けだったと思います」、「このドラマは22歳のときだったんですが、その時点で僕が感化された浜田省吾さんの『MONEY』の歌詞のように、僕が16歳のとき思い描いていた夢が全部叶ったんです」などと述べている。これが後の渡米の初期衝動となる。
高校卒業後、矢沢永吉を真似て19歳で上京するが、東京が近すぎたため、敢えて実家から遠い江戸川区平井に住む。最初は小さな俳優養成所に所属し、カラオケの映像や、テレビや映画のエキストラなどをし、夜は渋谷のカフェバーでアルバイトをする。店は渋谷ビデオスタジオに近い場所で、業界関係者がお客としてたくさん訪れ、当時は後にトレンディドラマと呼ばれるテレビドラマが業界を席捲しはじめた頃で、陣内孝則やW浅野、三上博史、石田純一らも店に来ていて、バイト中にそれを横目に「ああ、俺も出たいな」と悔しい思いをした。

当時のトレンディドラマにも多数主演して人気を博し、1991年当時世界的に流行し始めた「クライムサスペンス」を思わせる『もう誰も愛さない』の主演は大きな反響を呼んだ 自身でも「ジェットコースターのようにどんどん展開が変わる作品で、見ているときにトイレにちょっと行って戻ったらもう3年経ってた、みたいな作品でしたね またこの作品にはすごく残虐なシーンもあり、後に流行となるドロドロ系ドラマの先駆けだったと思います」、「このドラマは22歳のときだったんですが、その時点で僕が感化された浜田省吾さんの『MONEY』の歌詞のように、僕が16歳のとき思い描いていた夢が全部叶ったんです」などと述べている。これが後の渡米の初期衝動となる。
吉田栄作のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
吉田栄作 彦摩呂 後藤久美子
吉田栄作 カフェバー 渋谷ビデオスタジオ 陣内孝則 W浅野 三上博史 石田純一
吉田栄作 アルバイト
吉田栄作 新宿センタービル スクランブル交差点
吉田栄作 中山秀征
吉田栄作 秦野たばこ祭
吉田栄作 矢沢永吉
吉田栄作 ワタナベエンターテインメント
吉田栄作 浜田省吾
吉田栄作 バスケットボール
吉田栄作のつながりをもっと見る