Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

夏八木勲 戦国自衛隊

なつやぎ いさお
夏八木勲
夏八木 勲 (なつやぎ いさお、1939年12月25日 - 2013年5月11日)は、日本の俳優・声優・歌手。本名同じ。1978年から1984年の間は、夏木 勲(なつき いさお)名義で活動した。愛称はなっちゃん。・パパ。 東京府東京市足立区千住(現・東京都足立区千住)出身。東京都立墨田工業高等学校卒業後、1年間の浪人生活を経て慶應義塾大学文学部仏文科中退。特技は乗馬・合気道・空手。1966年にデビューし、鍛え上げた身体で野性味あふれる男らしい演技や、晩年は円熟味と重厚さが加わり、生涯300本以上の映画・テレビドラマに出演した。身長176cm。



1977年の映画「人間の証明」で角川春樹製作に初出演し、同作のアメリカロケで角川とのやり取りの中で馬が合ったことがきっかけとなり、その後は1978年の『野性の証明』と主演映画『白昼の死角』、吹き替えなしで城の天守閣からヘリコプターで脱出するシーンを演じて周囲を驚かせた1979年の『戦国自衛隊』や、『復活の日』等、角川映画の常連俳優として数多くの同社作品に出演した。
若い頃に座間の米軍キャンプで運転手のバイトをした経験から、『白昼の死角』と『復活の日』では堪能な英語で外国人俳優との共演シーンをこなしている。
1979年の第2回日本アカデミー賞、翌年の第3回日本アカデミー賞では優秀助演男優賞にノミネート 1978年に出演した紀行番組『遠くへ行きたい』では、ランニングしてトレーニングしながら初めて訪れた街を知り、スクーバダイビングを楽しむライフスタイルが紹介されている。
俳優の基本は「健康な身体を保ち続ける」というポリシーを持ち、自らの鍛錬に熱心だった。
テレビ時代劇『水戸黄門 第5部』第25話「黄門爆殺計画・長崎」(1974年)や映画『戦国自衛隊』(1979年)で鍛え上げた身体を披露しているが、その肉体美は世界的アクションスターの千葉真一にも引けをとらないと評されている。
千葉とはお互いに「演技に必要なのは健全な肉体である」という考えで意気投合したことから親友となり、千葉が主宰するジャパンアクションクラブ (JAC ) の稽古にも通っていた。
千葉との擬斗では『子連れ殺人拳』や『影の軍団 幕末編』などで、壮絶な一騎討ちを演じている。
「監督からどんな要求をされても、それに応え、肉体で表現するのが役者だ」という価値観が一緒だった。
御殿場市で行われた1年にも及ぶ『戦国自衛隊』のロケでは、出演者が皆バスで10km離れた宿へ戻ったが、我々二人だけはロケ現場から毎日走って帰った。
彼は足腰が強く、過酷なロケも平気だった。
JAC にも出稽古にきて、一緒に汗を流しました。
僕のやってるトレーニングをいちいち「これはどうやるんだ?」と聞いてきて、懸命に鍛えていましたよ。
2023/1/17(火)
1977年の映画「人間の証明」で角川春樹製作に初出演し、同作のアメリカロケで角川とのやり取りの中で馬が合ったことがきっかけとなり、その後は1978年の『野性の証明』と主演映画『白昼の死角』、吹き替えなしで城の天守閣からヘリコプターで脱出するシーンを演じて周囲を驚かせた1979年の『戦国自衛隊』や、『復活の日』等、角川映画の常連俳優として数多くの同社作品に出演した 若い頃に座間の米軍キャンプで運転手のバイトをした経験から、『白昼の死角』と『復活の日』では堪能な英語で外国人俳優との共演シーンをこなしている 1979年の第2回日本アカデミー賞、翌年の第3回日本アカデミー賞では優秀助演男優賞にノミネート 1978年に出演した紀行番組『遠くへ行きたい』では、ランニングしてトレーニングしながら初めて訪れた街を知り、スクーバダイビングを楽しむライフスタイルが紹介されている。

俳優の基本は「健康な身体を保ち続ける」というポリシーを持ち、自らの鍛錬に熱心だった テレビ時代劇『水戸黄門 第5部』第25話「黄門爆殺計画・長崎」(1974年)や映画『戦国自衛隊』(1979年)で鍛え上げた身体を披露しているが、その肉体美は世界的アクションスターの千葉真一にも引けをとらないと評されている 千葉とはお互いに「演技に必要なのは健全な肉体である」という考えで意気投合したことから親友となり、千葉が主宰するジャパンアクションクラブ (JAC ) の稽古にも通っていた 千葉との擬斗では『子連れ殺人拳』や『影の軍団 幕末編』などで、壮絶な一騎討ちを演じている。

「監督からどんな要求をされても、それに応え、肉体で表現するのが役者だ」という価値観が一緒だった 御殿場市で行われた1年にも及ぶ『戦国自衛隊』のロケでは、出演者が皆バスで10km離れた宿へ戻ったが、我々二人だけはロケ現場から毎日走って帰った 彼は足腰が強く、過酷なロケも平気だった JAC にも出稽古にきて、一緒に汗を流しました 僕のやってるトレーニングをいちいち「これはどうやるんだ?」と聞いてきて、懸命に鍛えていましたよ。
1977年の映画「人間の証明」で角川春樹製作に初出演し、同作のアメリカロケで角川とのやり取りの中で馬が合ったことがきっかけとなり、その後は1978年の『野性の証明』と主演映画『白昼の死角』、吹き替えなしで城の天守閣からヘリコプターで脱出するシーンを演じて周囲を驚かせた1979年の『戦国自衛隊』や、『復活の日』等、角川映画の常連俳優として数多くの同社作品に出演した 若い頃に座間の米軍キャンプで運転手のバイトをした経験から、『白昼の死角』と『復活の日』では堪能な英語で外国人俳優との共演シーンをこなしている 1979年の第2回日本アカデミー賞、翌年の第3回日本アカデミー賞では優秀助演男優賞にノミネート 1978年に出演した紀行番組『遠くへ行きたい』では、ランニングしてトレーニングしながら初めて訪れた街を知り、スクーバダイビングを楽しむライフスタイルが紹介されている。

俳優の基本は「健康な身体を保ち続ける」というポリシーを持ち、自らの鍛錬に熱心だった テレビ時代劇『水戸黄門 第5部』第25話「黄門爆殺計画・長崎」(1974年)や映画『戦国自衛隊』(1979年)で鍛え上げた身体を披露しているが、その肉体美は世界的アクションスターの千葉真一にも引けをとらないと評されている 千葉とはお互いに「演技に必要なのは健全な肉体である」という考えで意気投合したことから親友となり、千葉が主宰するジャパンアクションクラブ (JAC ) の稽古にも通っていた 千葉との擬斗では『子連れ殺人拳』や『影の軍団 幕末編』などで、壮絶な一騎討ちを演じている。

「監督からどんな要求をされても、それに応え、肉体で表現するのが役者だ」という価値観が一緒だった 御殿場市で行われた1年にも及ぶ『戦国自衛隊』のロケでは、出演者が皆バスで10km離れた宿へ戻ったが、我々二人だけはロケ現場から毎日走って帰った 彼は足腰が強く、過酷なロケも平気だった JAC にも出稽古にきて、一緒に汗を流しました 僕のやってるトレーニングをいちいち「これはどうやるんだ?」と聞いてきて、懸命に鍛えていましたよ。
1977年の映画「人間の証明」で角川春樹製作に初出演し、同作のアメリカロケで角川とのやり取りの中で馬が合ったことがきっかけとなり、その後は1978年の『野性の証明』と主演映画『白昼の死角』、吹き替えなしで城の天守閣からヘリコプターで脱出するシーンを演じて周囲を驚かせた1979年の『戦国自衛隊』や、『復活の日』等、角川映画の常連俳優として数多くの同社作品に出演した 若い頃に座間の米軍キャンプで運転手のバイトをした経験から、『白昼の死角』と『復活の日』では堪能な英語で外国人俳優との共演シーンをこなしている 1979年の第2回日本アカデミー賞、翌年の第3回日本アカデミー賞では優秀助演男優賞にノミネート 1978年に出演した紀行番組『遠くへ行きたい』では、ランニングしてトレーニングしながら初めて訪れた街を知り、スクーバダイビングを楽しむライフスタイルが紹介されている。

俳優の基本は「健康な身体を保ち続ける」というポリシーを持ち、自らの鍛錬に熱心だった テレビ時代劇『水戸黄門 第5部』第25話「黄門爆殺計画・長崎」(1974年)や映画『戦国自衛隊』(1979年)で鍛え上げた身体を披露しているが、その肉体美は世界的アクションスターの千葉真一にも引けをとらないと評されている 千葉とはお互いに「演技に必要なのは健全な肉体である」という考えで意気投合したことから親友となり、千葉が主宰するジャパンアクションクラブ (JAC ) の稽古にも通っていた 千葉との擬斗では『子連れ殺人拳』や『影の軍団 幕末編』などで、壮絶な一騎討ちを演じている。

「監督からどんな要求をされても、それに応え、肉体で表現するのが役者だ」という価値観が一緒だった 御殿場市で行われた1年にも及ぶ『戦国自衛隊』のロケでは、出演者が皆バスで10km離れた宿へ戻ったが、我々二人だけはロケ現場から毎日走って帰った 彼は足腰が強く、過酷なロケも平気だった JAC にも出稽古にきて、一緒に汗を流しました 僕のやってるトレーニングをいちいち「これはどうやるんだ?」と聞いてきて、懸命に鍛えていましたよ。
夏八木勲のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
夏八木勲 加藤泰
夏八木勲のつながりをもっと見る