Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

小林稔侍 キャプテンウルトラ

こばやし ねんじ
小林稔侍
小林 稔侍(こばやし ねんじ、1941年2月7日 - )は、日本の俳優である。身長180cm、血液型はA型。鈍牛倶楽部所属。本名は、小林 稔侍(こばやし としじ)。和歌山県伊都郡かつらぎ町出身。和歌山県立笠田高等学校卒業。



父親は洋服の仕立て職人。
母親と10歳年上の兄が居た。
猛勉強をし、国立の和歌山大学教育学部附属中学校に入り、1時間かけて通学していた(この学校を受験した理由は、当時恋愛に憧れを持っていた小林に友達が「あのな、和歌山大学(学芸学部)附属中学に通う女の子はかわいいらしいで」と耳打ちしたことにより、心底行きたいと思ったから 通学時も歩きながら勉強していたという) 中学生の頃から高倉健のファンで映画界に憧れを持っていた。
「おふくろに家を建ててやりたい」という一念で映画界を志す。
第10期東映ニューフェイスの試験日と大学の入試日が重なり迷った挙句、親には大学入試へ行くと嘘をつき、学生服姿で試験を受け合格した。
同期に池田駿介・吉田豊明がいた。
当初は本名で活動していた。
デビュー後の1960年代初めから1970年代中頃まで、主に東映東京製作による高倉健・千葉真一・梅宮辰夫ら主演のアクション映画・仁侠映画やアクションドラマ・刑事ドラマ・特撮番組などに出演。
1967年のテレビドラマ『キャプテンウルトラ』でレギュラー出演をしていたが、初めてポスターに名前が刷り込まれた映画は1970年5月23日に日本で公開された映画『やくざ刑事』である。
後に深作欣二の推薦でピラニア軍団のメンバーになり、映画『新仁義なき戦い 組長の首』では当初、バーテンダー役でワンシーンのみの端役出演だったが、監督の深作から主人公の弟分役へ抜擢された。
1978年の映画『冬の華』は忘れられない一本と述べており、「台詞が一言もない小林稔侍が抜群だ」と掲載された1978年5月24日付スポーツニッポンの映画評を宝物にしているという。
2023/2/7(火)
父親は洋服の仕立て職人。母親と10歳年上の兄が居た。猛勉強をし、国立の和歌山大学教育学部附属中学校に入り、1時間かけて通学していた(この学校を受験した理由は、当時恋愛に憧れを持っていた小林に友達が「あのな、和歌山大学(学芸学部)附属中学に通う女の子はかわいいらしいで」と耳打ちしたことにより、心底行きたいと思ったから 通学時も歩きながら勉強していたという) 中学生の頃から高倉健のファンで映画界に憧れを持っていた 「おふくろに家を建ててやりたい」という一念で映画界を志す。第10期東映ニューフェイスの試験日と大学の入試日が重なり迷った挙句、親には大学入試へ行くと嘘をつき、学生服姿で試験を受け合格した。同期に池田駿介・吉田豊明がいた。当初は本名で活動していた。
デビュー後の1960年代初めから1970年代中頃まで、主に東映東京製作による高倉健・千葉真一・梅宮辰夫ら主演のアクション映画・仁侠映画やアクションドラマ・刑事ドラマ・特撮番組などに出演。1967年のテレビドラマ『キャプテンウルトラ』でレギュラー出演をしていたが、初めてポスターに名前が刷り込まれた映画は1970年5月23日に日本で公開された映画『やくざ刑事』である 後に深作欣二の推薦でピラニア軍団のメンバーになり、映画『新仁義なき戦い 組長の首』では当初、バーテンダー役でワンシーンのみの端役出演だったが、監督の深作から主人公の弟分役へ抜擢された 1978年の映画『冬の華』は忘れられない一本と述べており、「台詞が一言もない小林稔侍が抜群だ」と掲載された1978年5月24日付スポーツニッポンの映画評を宝物にしているという。
父親は洋服の仕立て職人。母親と10歳年上の兄が居た。猛勉強をし、国立の和歌山大学教育学部附属中学校に入り、1時間かけて通学していた(この学校を受験した理由は、当時恋愛に憧れを持っていた小林に友達が「あのな、和歌山大学(学芸学部)附属中学に通う女の子はかわいいらしいで」と耳打ちしたことにより、心底行きたいと思ったから 通学時も歩きながら勉強していたという) 中学生の頃から高倉健のファンで映画界に憧れを持っていた 「おふくろに家を建ててやりたい」という一念で映画界を志す。第10期東映ニューフェイスの試験日と大学の入試日が重なり迷った挙句、親には大学入試へ行くと嘘をつき、学生服姿で試験を受け合格した。同期に池田駿介・吉田豊明がいた。当初は本名で活動していた。
デビュー後の1960年代初めから1970年代中頃まで、主に東映東京製作による高倉健・千葉真一・梅宮辰夫ら主演のアクション映画・仁侠映画やアクションドラマ・刑事ドラマ・特撮番組などに出演。1967年のテレビドラマ『キャプテンウルトラ』でレギュラー出演をしていたが、初めてポスターに名前が刷り込まれた映画は1970年5月23日に日本で公開された映画『やくざ刑事』である 後に深作欣二の推薦でピラニア軍団のメンバーになり、映画『新仁義なき戦い 組長の首』では当初、バーテンダー役でワンシーンのみの端役出演だったが、監督の深作から主人公の弟分役へ抜擢された 1978年の映画『冬の華』は忘れられない一本と述べており、「台詞が一言もない小林稔侍が抜群だ」と掲載された1978年5月24日付スポーツニッポンの映画評を宝物にしているという。
父親は洋服の仕立て職人。母親と10歳年上の兄が居た。猛勉強をし、国立の和歌山大学教育学部附属中学校に入り、1時間かけて通学していた(この学校を受験した理由は、当時恋愛に憧れを持っていた小林に友達が「あのな、和歌山大学(学芸学部)附属中学に通う女の子はかわいいらしいで」と耳打ちしたことにより、心底行きたいと思ったから 通学時も歩きながら勉強していたという) 中学生の頃から高倉健のファンで映画界に憧れを持っていた 「おふくろに家を建ててやりたい」という一念で映画界を志す。第10期東映ニューフェイスの試験日と大学の入試日が重なり迷った挙句、親には大学入試へ行くと嘘をつき、学生服姿で試験を受け合格した。同期に池田駿介・吉田豊明がいた。当初は本名で活動していた。
デビュー後の1960年代初めから1970年代中頃まで、主に東映東京製作による高倉健・千葉真一・梅宮辰夫ら主演のアクション映画・仁侠映画やアクションドラマ・刑事ドラマ・特撮番組などに出演。1967年のテレビドラマ『キャプテンウルトラ』でレギュラー出演をしていたが、初めてポスターに名前が刷り込まれた映画は1970年5月23日に日本で公開された映画『やくざ刑事』である 後に深作欣二の推薦でピラニア軍団のメンバーになり、映画『新仁義なき戦い 組長の首』では当初、バーテンダー役でワンシーンのみの端役出演だったが、監督の深作から主人公の弟分役へ抜擢された 1978年の映画『冬の華』は忘れられない一本と述べており、「台詞が一言もない小林稔侍が抜群だ」と掲載された1978年5月24日付スポーツニッポンの映画評を宝物にしているという。
小林稔侍のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
小林稔侍 東映ニューフェイス 池田駿介 吉田豊明
小林稔侍 第23回日本アカデミー賞
小林稔侍 なんでも屋探偵帳
小林稔侍 梅宮辰夫 やくざ刑事 深作欣二 ピラニア軍団 バーテンダー 冬の華 新仁義なき戦い
小林稔侍 高倉健
小林稔侍のつながりをもっと見る