Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

新庄剛志 本拠地

しんじょう つよし
新庄剛志
新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年〈昭和47年〉1月28日 - )は、日本の野球監督、元選手(外野手、内野手・右投右打)。長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれ、福岡県福岡市南区育ち。タレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家、YouTuberなど)、地方競馬全国協会(NAR)の馬主としての側面も持つ。元妻はタレントの大河内志保。紺綬褒章受章(2007年)。2022年シーズンより北海道日本ハムファイターズの監督を務める。監督としての愛称・並びに登録名は「BIGBOSS」(ビッグボス)。



9月28日、北海道移転後の初代本拠地だった札幌ドームでの最終試合となったロッテ戦終了後のセレモニーで、シーズン最下位となったことを自ら詫び、「本当に短い1年でしたけど、今シーズンをもって"BIGBOSS"のユニフォームを脱ぎます!」と宣言し、「BIGBOSS」と書かれたユニフォームをマウンドに置き、グラウンドを後にする。
その後「SHINJO」と書かれたユニフォームをまとい再び登場すると、「今日(9月28日)、(球団)社長から、希望でしかないファイターズの指揮を来年も執ってほしいと言われました。
その返事は、まだ、してません」と述べ、「来年、新庄剛志で、エスコンフィールド(北海道)で、監督の指揮を執ってもいいですか!?」と来場したファンに問いかけ、大勢の拍手により賛同を得て、来シーズンは本名の「新庄剛志」で監督続投を正式に発表、さらに来シーズンのホーム開幕戦の先発予告も発表し、「来年(2023年)の大事な開幕戦は、左のエース、加藤投手に任せたいと思います!」と宣言した(スポーツニッポン)。
「新庄のファンサービスなくして、日本ハムの北海道での成功はなかった(かもしれない)」といった声がありnikkansports.com (2018年10月13日) 2018年10月14日閲覧、日本ハム時代に女性野球ファンの増加へも貢献したと評されている。
ヒーローインタビューなどでの質問に対して「そうですね」などと前置きしてから返答すると話が間延びしてしまうという持論から、自身は即答を心掛け、日本ハムでは一部の同僚へも即答を奨めた。
また「観客」という言葉は球場以外で観ている人間のことは指さないため「ファン」という言葉を使うこと、日本ハム時代には本拠地を札幌ではなく「北海道」と言うことに拘り、記者等に対してもそう言うよう指導していた。
日本ハム時代には試合で活躍してお立ち台の依頼を受けても、他に活躍をした後輩へ譲ることが幾度かあった。
また自身が赤色をトレードカラー(後述)とするように、後輩達へも各自の色を持つよう奨めたりnikkansports.com (2006年9月28日紙面) 2018年10月6日閲覧、かぶりものパフォーマンスに同僚も誘って実行した。
同僚も巻き込んでファンサービスに力を注ぐ狙いは、自身以外へも興味を持ってもらい新たなファン層を開拓するきっかけづくりにあり、後輩の森本稀哲は新庄の引退後もその役割を引き継いだ。
同じく後輩の稲葉篤紀も新庄の姿勢に学び、プレーとファンサービスの切り替えができるようになったという。
2023/1/23(月)
9月28日、北海道移転後の初代本拠地だった札幌ドームでの最終試合となったロッテ戦終了後のセレモニーで、シーズン最下位となったことを自ら詫び、「本当に短い1年でしたけど、今シーズンをもってBIGBOSSのユニフォームを脱ぎます!」と宣言し、「BIGBOSS」と書かれたユニフォームをマウンドに置き、グラウンドを後にする その後「SHINJO」と書かれたユニフォームをまとい再び登場すると、「今日(9月28日)、(球団)社長から、希望でしかないファイターズの指揮を来年も執ってほしいと言われました その返事は、まだ、してません」と述べ、「来年、新庄剛志で、エスコンフィールド(北海道)で、監督の指揮を執ってもいいですか!?」と来場したファンに問いかけ、大勢の拍手により賛同を得て、来シーズンは本名の「新庄剛志」で監督続投を正式に発表、さらに来シーズンのホーム開幕戦の先発予告も発表し、「来年(2023年)の大事な開幕戦は、左のエース、加藤投手に任せたいと思います!」と宣言した(スポーツニッポン)。

「新庄のファンサービスなくして、日本ハムの北海道での成功はなかった(かもしれない)」といった声がありnikkansports.com (2018年10月13日) 2018年10月14日閲覧、日本ハム時代に女性野球ファンの増加へも貢献したと評されている ヒーローインタビューなどでの質問に対して「そうですね」などと前置きしてから返答すると話が間延びしてしまうという持論から、自身は即答を心掛け、日本ハムでは一部の同僚へも即答を奨めた また「観客」という言葉は球場以外で観ている人間のことは指さないため「ファン」という言葉を使うこと、日本ハム時代には本拠地を札幌ではなく「北海道」と言うことに拘り、記者等に対してもそう言うよう指導していた。日本ハム時代には試合で活躍してお立ち台の依頼を受けても、他に活躍をした後輩へ譲ることが幾度かあった。また自身が赤色をトレードカラー(後述)とするように、後輩達へも各自の色を持つよう奨めたりnikkansports.com (2006年9月28日紙面) 2018年10月6日閲覧、かぶりものパフォーマンスに同僚も誘って実行した。同僚も巻き込んでファンサービスに力を注ぐ狙いは、自身以外へも興味を持ってもらい新たなファン層を開拓するきっかけづくりにあり、後輩の森本稀哲は新庄の引退後もその役割を引き継いだ。同じく後輩の稲葉篤紀も新庄の姿勢に学び、プレーとファンサービスの切り替えができるようになったという。
9月28日、北海道移転後の初代本拠地だった札幌ドームでの最終試合となったロッテ戦終了後のセレモニーで、シーズン最下位となったことを自ら詫び、「本当に短い1年でしたけど、今シーズンをもってBIGBOSSのユニフォームを脱ぎます!」と宣言し、「BIGBOSS」と書かれたユニフォームをマウンドに置き、グラウンドを後にする その後「SHINJO」と書かれたユニフォームをまとい再び登場すると、「今日(9月28日)、(球団)社長から、希望でしかないファイターズの指揮を来年も執ってほしいと言われました その返事は、まだ、してません」と述べ、「来年、新庄剛志で、エスコンフィールド(北海道)で、監督の指揮を執ってもいいですか!?」と来場したファンに問いかけ、大勢の拍手により賛同を得て、来シーズンは本名の「新庄剛志」で監督続投を正式に発表、さらに来シーズンのホーム開幕戦の先発予告も発表し、「来年(2023年)の大事な開幕戦は、左のエース、加藤投手に任せたいと思います!」と宣言した(スポーツニッポン)。

「新庄のファンサービスなくして、日本ハムの北海道での成功はなかった(かもしれない)」といった声がありnikkansports.com (2018年10月13日) 2018年10月14日閲覧、日本ハム時代に女性野球ファンの増加へも貢献したと評されている ヒーローインタビューなどでの質問に対して「そうですね」などと前置きしてから返答すると話が間延びしてしまうという持論から、自身は即答を心掛け、日本ハムでは一部の同僚へも即答を奨めた また「観客」という言葉は球場以外で観ている人間のことは指さないため「ファン」という言葉を使うこと、日本ハム時代には本拠地を札幌ではなく「北海道」と言うことに拘り、記者等に対してもそう言うよう指導していた。日本ハム時代には試合で活躍してお立ち台の依頼を受けても、他に活躍をした後輩へ譲ることが幾度かあった。また自身が赤色をトレードカラー(後述)とするように、後輩達へも各自の色を持つよう奨めたりnikkansports.com (2006年9月28日紙面) 2018年10月6日閲覧、かぶりものパフォーマンスに同僚も誘って実行した。同僚も巻き込んでファンサービスに力を注ぐ狙いは、自身以外へも興味を持ってもらい新たなファン層を開拓するきっかけづくりにあり、後輩の森本稀哲は新庄の引退後もその役割を引き継いだ。同じく後輩の稲葉篤紀も新庄の姿勢に学び、プレーとファンサービスの切り替えができるようになったという。
9月28日、北海道移転後の初代本拠地だった札幌ドームでの最終試合となったロッテ戦終了後のセレモニーで、シーズン最下位となったことを自ら詫び、「本当に短い1年でしたけど、今シーズンをもってBIGBOSSのユニフォームを脱ぎます!」と宣言し、「BIGBOSS」と書かれたユニフォームをマウンドに置き、グラウンドを後にする その後「SHINJO」と書かれたユニフォームをまとい再び登場すると、「今日(9月28日)、(球団)社長から、希望でしかないファイターズの指揮を来年も執ってほしいと言われました その返事は、まだ、してません」と述べ、「来年、新庄剛志で、エスコンフィールド(北海道)で、監督の指揮を執ってもいいですか!?」と来場したファンに問いかけ、大勢の拍手により賛同を得て、来シーズンは本名の「新庄剛志」で監督続投を正式に発表、さらに来シーズンのホーム開幕戦の先発予告も発表し、「来年(2023年)の大事な開幕戦は、左のエース、加藤投手に任せたいと思います!」と宣言した(スポーツニッポン)。

「新庄のファンサービスなくして、日本ハムの北海道での成功はなかった(かもしれない)」といった声がありnikkansports.com (2018年10月13日) 2018年10月14日閲覧、日本ハム時代に女性野球ファンの増加へも貢献したと評されている ヒーローインタビューなどでの質問に対して「そうですね」などと前置きしてから返答すると話が間延びしてしまうという持論から、自身は即答を心掛け、日本ハムでは一部の同僚へも即答を奨めた また「観客」という言葉は球場以外で観ている人間のことは指さないため「ファン」という言葉を使うこと、日本ハム時代には本拠地を札幌ではなく「北海道」と言うことに拘り、記者等に対してもそう言うよう指導していた。日本ハム時代には試合で活躍してお立ち台の依頼を受けても、他に活躍をした後輩へ譲ることが幾度かあった。また自身が赤色をトレードカラー(後述)とするように、後輩達へも各自の色を持つよう奨めたりnikkansports.com (2006年9月28日紙面) 2018年10月6日閲覧、かぶりものパフォーマンスに同僚も誘って実行した。同僚も巻き込んでファンサービスに力を注ぐ狙いは、自身以外へも興味を持ってもらい新たなファン層を開拓するきっかけづくりにあり、後輩の森本稀哲は新庄の引退後もその役割を引き継いだ。同じく後輩の稲葉篤紀も新庄の姿勢に学び、プレーとファンサービスの切り替えができるようになったという。
新庄剛志のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
新庄剛志 加藤貴之
新庄剛志 文春オンライン
新庄剛志 登録名
新庄剛志 ポストシーズン
新庄剛志 故障者リスト
新庄剛志 槙原寛己
新庄剛志 少年野球
新庄剛志 始球式
新庄剛志 長野オリンピックスタジアム
新庄剛志 かぶりものパフォーマンス
新庄剛志のつながりをもっと見る