Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

吉田拓郎 フォーク・ビレッジ

よしだ たくろう
吉田拓郎
吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年〈昭和21年〉4月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。本名同じ。旧芸名は平仮名のよしだたくろう。鹿児島県伊佐郡大口町(現在の伊佐市)生まれ、広島県広島市育ち。



1970年4月に、インディーズレーベルのはしりであったエレックレコードに契約社員として就職した。
エレックはまともな仕事は取ってこられず、愛川欽也が司会をしていた子供番組のオーディションに参加し「イメージの詩」を歌って審査員の子供に落とされたり、NHKのオーディションで藤山一郎に落とされたりした。
6月1日、当時のシングルとしては異例の7分弱の長尺シングル「イメージの詩/マークII」で正式にデビュー 吉田拓郎と広島フォーク村は、この1曲によって世に知られるようになったとも言われる。
6月27日に『広島フォーク村アルバム発売記念コンサート』を東京厚生年金会館で開催した際、客はほとんどいなかったが、当時イベントの企画などを手がけていた後藤由多加の目にとまり、コンサートなどで起用された。
後藤はこれを機に重要なパートナーとなる。
12月15日公開の日活映画『女子学園 ヤバい卒業』(夏純子主演・沢田幸弘監督)の劇中、「青春の詩」を歌唱 1971年8月7日〜9日、『第3回全日本フォークジャンボリー』に出演 10月、後藤とともに、アーティスト主体の音楽制作プロダクション『ユイ音楽工房』を設立 同月、『バイタリス・フォーク・ビレッジ』(ニッポン放送)のパーソナリティに就任。
11月には広島フォーク村の後輩・大久保一久が組んでいたアマチュアグループのために初の楽曲提供。
1971年10月に『バイタリス・フォーク・ビレッジ』(ニッポン放送)のパーソナリティに就任したのを皮切りに、担当した多くのラジオ番組と合わせ深夜放送のミュージシャン・パーソナリティのスタイルを確立した。
当時のラジオにはまだ放送作家が付いてなく、深夜放送なのに前日の夜9時にはスタジオに入り、自分で話す内容を決めていたという。
2023/2/3(金)
1970年4月に、インディーズレーベルのはしりであったエレックレコードに契約社員として就職した。エレックはまともな仕事は取ってこられず、愛川欽也が司会をしていた子供番組のオーディションに参加し「イメージの詩」を歌って審査員の子供に落とされたり、NHKのオーディションで藤山一郎に落とされたりした 6月1日、当時のシングルとしては異例の7分弱の長尺シングル「イメージの詩/マークII」で正式にデビュー 吉田拓郎と広島フォーク村は、この1曲によって世に知られるようになったとも言われる 6月27日に『広島フォーク村アルバム発売記念コンサート』を東京厚生年金会館で開催した際、客はほとんどいなかったが、当時イベントの企画などを手がけていた後藤由多加の目にとまり、コンサートなどで起用された 後藤はこれを機に重要なパートナーとなる 12月15日公開の日活映画『女子学園 ヤバい卒業』(夏純子主演・沢田幸弘監督)の劇中、「青春の詩」を歌唱 1971年8月7日〜9日、『第3回全日本フォークジャンボリー』に出演 10月、後藤とともに、アーティスト主体の音楽制作プロダクション『ユイ音楽工房』を設立 同月、『バイタリス・フォーク・ビレッジ』(ニッポン放送)のパーソナリティに就任。11月には広島フォーク村の後輩・大久保一久が組んでいたアマチュアグループのために初の楽曲提供。

1971年10月に『バイタリス・フォーク・ビレッジ』(ニッポン放送)のパーソナリティに就任したのを皮切りに、担当した多くのラジオ番組と合わせ深夜放送のミュージシャン・パーソナリティのスタイルを確立した。当時のラジオにはまだ放送作家が付いてなく、深夜放送なのに前日の夜9時にはスタジオに入り、自分で話す内容を決めていたという。
1970年4月に、インディーズレーベルのはしりであったエレックレコードに契約社員として就職した。エレックはまともな仕事は取ってこられず、愛川欽也が司会をしていた子供番組のオーディションに参加し「イメージの詩」を歌って審査員の子供に落とされたり、NHKのオーディションで藤山一郎に落とされたりした 6月1日、当時のシングルとしては異例の7分弱の長尺シングル「イメージの詩/マークII」で正式にデビュー 吉田拓郎と広島フォーク村は、この1曲によって世に知られるようになったとも言われる 6月27日に『広島フォーク村アルバム発売記念コンサート』を東京厚生年金会館で開催した際、客はほとんどいなかったが、当時イベントの企画などを手がけていた後藤由多加の目にとまり、コンサートなどで起用された 後藤はこれを機に重要なパートナーとなる 12月15日公開の日活映画『女子学園 ヤバい卒業』(夏純子主演・沢田幸弘監督)の劇中、「青春の詩」を歌唱 1971年8月7日〜9日、『第3回全日本フォークジャンボリー』に出演 10月、後藤とともに、アーティスト主体の音楽制作プロダクション『ユイ音楽工房』を設立 同月、『バイタリス・フォーク・ビレッジ』(ニッポン放送)のパーソナリティに就任。11月には広島フォーク村の後輩・大久保一久が組んでいたアマチュアグループのために初の楽曲提供。

1971年10月に『バイタリス・フォーク・ビレッジ』(ニッポン放送)のパーソナリティに就任したのを皮切りに、担当した多くのラジオ番組と合わせ深夜放送のミュージシャン・パーソナリティのスタイルを確立した。当時のラジオにはまだ放送作家が付いてなく、深夜放送なのに前日の夜9時にはスタジオに入り、自分で話す内容を決めていたという。
1970年4月に、インディーズレーベルのはしりであったエレックレコードに契約社員として就職した。エレックはまともな仕事は取ってこられず、愛川欽也が司会をしていた子供番組のオーディションに参加し「イメージの詩」を歌って審査員の子供に落とされたり、NHKのオーディションで藤山一郎に落とされたりした 6月1日、当時のシングルとしては異例の7分弱の長尺シングル「イメージの詩/マークII」で正式にデビュー 吉田拓郎と広島フォーク村は、この1曲によって世に知られるようになったとも言われる 6月27日に『広島フォーク村アルバム発売記念コンサート』を東京厚生年金会館で開催した際、客はほとんどいなかったが、当時イベントの企画などを手がけていた後藤由多加の目にとまり、コンサートなどで起用された 後藤はこれを機に重要なパートナーとなる 12月15日公開の日活映画『女子学園 ヤバい卒業』(夏純子主演・沢田幸弘監督)の劇中、「青春の詩」を歌唱 1971年8月7日〜9日、『第3回全日本フォークジャンボリー』に出演 10月、後藤とともに、アーティスト主体の音楽制作プロダクション『ユイ音楽工房』を設立 同月、『バイタリス・フォーク・ビレッジ』(ニッポン放送)のパーソナリティに就任。11月には広島フォーク村の後輩・大久保一久が組んでいたアマチュアグループのために初の楽曲提供。

1971年10月に『バイタリス・フォーク・ビレッジ』(ニッポン放送)のパーソナリティに就任したのを皮切りに、担当した多くのラジオ番組と合わせ深夜放送のミュージシャン・パーソナリティのスタイルを確立した。当時のラジオにはまだ放送作家が付いてなく、深夜放送なのに前日の夜9時にはスタジオに入り、自分で話す内容を決めていたという。
吉田拓郎のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
吉田拓郎 スージー鈴木
吉田拓郎 シャウト
吉田拓郎 カレッジ・フォーク
吉田拓郎 織田哲郎
吉田拓郎 自民党
吉田拓郎 全学連
吉田拓郎 ピース
吉田拓郎 東長崎
吉田拓郎 ボトルネック奏法
吉田拓郎 篠原ともえ
吉田拓郎のつながりをもっと見る