Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

坂本昌行 ジャニー喜多川 旅行会社 少年隊 東山紀之 フランケンシュタイン

さかもと まさゆき
坂本昌行
坂本 昌行(さかもと まさゆき、1971年〈昭和46年〉7月24日 - )は、日本の歌手、俳優、舞台俳優、タレントであり、男性アイドルグループ・V6の元リーダー、20th Century(トニセン)のリーダーである。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。



ジュニア時代、レッスン教師から「帰れ」と言われて本当に帰る、レッスン場に車で通うなど数々のやんちゃエピソードを持つが、ファンの間でも有名な「ジャニー喜多川が唯一敬語で喋る人である」という噂については完全に否定している。
V6のメンバーとしてデビューするまでは長い下積みを要しており、ジャニーズ事務所を一度辞めて、1年弱の間、旅行会社に勤務していたことがある。
その後、自分の居場所はここ(サラリーマン生活)でいいのかと悩み始め、電車で仕事帰りのKinKi Kidsに会った時に「今、坂本くんは何してんの?」と聞かれ悔しくて答えられなかったことと、スポットライトを浴びてあの場に立ちたいという思いが明確になったのをきっかけに、同期の国分太一に「ジャニーさんに、俺が戻りたいって言ってくれないか」と頼み、国分を通じて芸能界に戻りたいとの意思をジャニー喜多川へ伝えてもらい、復帰 その後少年隊東山紀之の付き人を経験する。
その東山とは、2013年の舞台「フランケンシュタイン」にて公演ごとに役を交互に演じるW主演を果たした。
事務所からリーダーとしてV6をひっぱるように言われ、悩みながらも最年長としてデビュー当時10代だったカミセン(Coming Century)に挨拶や礼儀を教えた。
特に森田剛からは当初何を言っても反応が得られず困ることもあったが、諦めず真正面から衝突し続けたり、井ノ原快彦がカミセンとのパイプ役を務める。
などして徐々にグループとしてまとまったという。
2023/1/18(水)
ジュニア時代、レッスン教師から「帰れ」と言われて本当に帰る、レッスン場に車で通うなど数々のやんちゃエピソードを持つが、ファンの間でも有名な「ジャニー喜多川が唯一敬語で喋る人である」という噂については完全に否定している。
V6のメンバーとしてデビューするまでは長い下積みを要しており、ジャニーズ事務所を一度辞めて、1年弱の間、旅行会社に勤務していたことがある。その後、自分の居場所はここ(サラリーマン生活)でいいのかと悩み始め、電車で仕事帰りのKinKi Kidsに会った時に「今、坂本くんは何してんの?」と聞かれ悔しくて答えられなかったことと、スポットライトを浴びてあの場に立ちたいという思いが明確になったのをきっかけに、同期の国分太一に「ジャニーさんに、俺が戻りたいって言ってくれないか」と頼み、国分を通じて芸能界に戻りたいとの意思をジャニー喜多川へ伝えてもらい、復帰 その後少年隊の東山紀之の付き人を経験する その東山とは、2013年の舞台「フランケンシュタイン」にて公演ごとに役を交互に演じるW主演を果たした。
事務所からリーダーとしてV6をひっぱるように言われ、悩みながらも最年長としてデビュー当時10代だったカミセン(Coming Century)に挨拶や礼儀を教えた。特に森田剛からは当初何を言っても反応が得られず困ることもあったが、諦めず真正面から衝突し続けたり、井ノ原快彦がカミセンとのパイプ役を務める などして徐々にグループとしてまとまったという。
ジュニア時代、レッスン教師から「帰れ」と言われて本当に帰る、レッスン場に車で通うなど数々のやんちゃエピソードを持つが、ファンの間でも有名な「ジャニー喜多川が唯一敬語で喋る人である」という噂については完全に否定している。
V6のメンバーとしてデビューするまでは長い下積みを要しており、ジャニーズ事務所を一度辞めて、1年弱の間、旅行会社に勤務していたことがある。その後、自分の居場所はここ(サラリーマン生活)でいいのかと悩み始め、電車で仕事帰りのKinKi Kidsに会った時に「今、坂本くんは何してんの?」と聞かれ悔しくて答えられなかったことと、スポットライトを浴びてあの場に立ちたいという思いが明確になったのをきっかけに、同期の国分太一に「ジャニーさんに、俺が戻りたいって言ってくれないか」と頼み、国分を通じて芸能界に戻りたいとの意思をジャニー喜多川へ伝えてもらい、復帰 その後少年隊の東山紀之の付き人を経験する その東山とは、2013年の舞台「フランケンシュタイン」にて公演ごとに役を交互に演じるW主演を果たした。
事務所からリーダーとしてV6をひっぱるように言われ、悩みながらも最年長としてデビュー当時10代だったカミセン(Coming Century)に挨拶や礼儀を教えた。特に森田剛からは当初何を言っても反応が得られず困ることもあったが、諦めず真正面から衝突し続けたり、井ノ原快彦がカミセンとのパイプ役を務める などして徐々にグループとしてまとまったという。
ジュニア時代、レッスン教師から「帰れ」と言われて本当に帰る、レッスン場に車で通うなど数々のやんちゃエピソードを持つが、ファンの間でも有名な「ジャニー喜多川が唯一敬語で喋る人である」という噂については完全に否定している。
V6のメンバーとしてデビューするまでは長い下積みを要しており、ジャニーズ事務所を一度辞めて、1年弱の間、旅行会社に勤務していたことがある。その後、自分の居場所はここ(サラリーマン生活)でいいのかと悩み始め、電車で仕事帰りのKinKi Kidsに会った時に「今、坂本くんは何してんの?」と聞かれ悔しくて答えられなかったことと、スポットライトを浴びてあの場に立ちたいという思いが明確になったのをきっかけに、同期の国分太一に「ジャニーさんに、俺が戻りたいって言ってくれないか」と頼み、国分を通じて芸能界に戻りたいとの意思をジャニー喜多川へ伝えてもらい、復帰 その後少年隊の東山紀之の付き人を経験する その東山とは、2013年の舞台「フランケンシュタイン」にて公演ごとに役を交互に演じるW主演を果たした。
事務所からリーダーとしてV6をひっぱるように言われ、悩みながらも最年長としてデビュー当時10代だったカミセン(Coming Century)に挨拶や礼儀を教えた。特に森田剛からは当初何を言っても反応が得られず困ることもあったが、諦めず真正面から衝突し続けたり、井ノ原快彦がカミセンとのパイプ役を務める などして徐々にグループとしてまとまったという。
坂本昌行のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
坂本昌行 坂本昌之
坂本昌行 ジャニーズ事務所
坂本昌行 井ノ原快彦
坂本昌行 ジャニーズ
坂本昌行 履歴書
坂本昌行のつながりをもっと見る