Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

Crystal_Kay CK5

クリスタル・ケイ
Crystal_Kay
Crystal Kay(クリスタル・ケイ、1986年2月26日 - )は、主に日本で活動する女性歌手、女優。本名、Crystal Kay Williams(クリスタル・ケイ・ウイリアムズ)。略称はCK、クリケイ。 神奈川県横浜市出身。上智大学国際教養学部卒業。所属レーベルはVirgin Music、所属事務所はLDH JAPAN。



デビュー5周年を迎えた2004年、シングルでは初のバラード「Motherland」を発売。
人気アニメ『鋼の錬金術師』のエンディングテーマだった効果もあり、シングルチャートでトップ10入りを果たす そして6月には、デビュー5周年を記念し、ファン投票によって収録楽曲を決定した企画アルバム『CK5』を発売。
CK5』リリース後はボイストレーニングとダンスレッスンを受けるためニューヨークへ渡る。
再来日後、同年11月にシングル「Bye My Darling!」、2005年1月には「Kiss」をリリース そして3月に、プロデューサーに、Des'reeやCharaのプロデュースで知られるアシュリー・イングラムを筆頭にT.Kura・Nao'ymt・マボロシを迎えた5thアルバム『Crystal Style』を発表し、4作連続でオリコンWEEKLYチャート初登場2位を記録 5月には同タイトルのドラマ主題歌となった16枚目(「I LIKE IT」などを除いた場合)のシングル「恋におちたら」を発表 それまでのCrystal Kayの曲に無い、キャッチーで誰にも歌いやすい、いわゆる歌謡曲調の楽曲は、彼女の歌に今まで触れたことの無かった広い層にも知られ、商業的に最も成功する。
このころ、歌唱法で悩み、2004年頃から始めていたボイストレーニングに集中する。
幸い「恋におちたら」が比較的簡単な楽曲だったため、歌に自信を取り戻すための時間にはゆとりがあった。
同年、CHEMISTRYとのコラボレーション曲「Two As One」が発表された。
2023/1/22(日)
デビュー5周年を迎えた2004年、シングルでは初のバラード「Motherland」を発売。人気アニメ『鋼の錬金術師』のエンディングテーマだった効果もあり、シングルチャートでトップ10入りを果たす そして6月には、デビュー5周年を記念し、ファン投票によって収録楽曲を決定した企画アルバム『CK5』を発売。

『CK5』リリース後はボイストレーニングとダンスレッスンを受けるためニューヨークへ渡る 再来日後、同年11月にシングル「Bye My Darling!」、2005年1月には「Kiss」をリリース そして3月に、プロデューサーに、Des'reeやCharaのプロデュースで知られるアシュリー・イングラムを筆頭にT.Kura・Nao'ymt・マボロシを迎えた5thアルバム『Crystal Style』を発表し、4作連続でオリコンWEEKLYチャート初登場2位を記録 5月には同タイトルのドラマ主題歌となった16枚目(「I LIKE IT」などを除いた場合)のシングル「恋におちたら」を発表 それまでのCrystal Kayの曲に無い、キャッチーで誰にも歌いやすい、いわゆる歌謡曲調の楽曲は、彼女の歌に今まで触れたことの無かった広い層にも知られ、商業的に最も成功する このころ、歌唱法で悩み、2004年頃から始めていたボイストレーニングに集中する 幸い「恋におちたら」が比較的簡単な楽曲だったため、歌に自信を取り戻すための時間にはゆとりがあった 同年、CHEMISTRYとのコラボレーション曲「Two As One」が発表された。
デビュー5周年を迎えた2004年、シングルでは初のバラード「Motherland」を発売。人気アニメ『鋼の錬金術師』のエンディングテーマだった効果もあり、シングルチャートでトップ10入りを果たす そして6月には、デビュー5周年を記念し、ファン投票によって収録楽曲を決定した企画アルバム『CK5』を発売。

『CK5』リリース後はボイストレーニングとダンスレッスンを受けるためニューヨークへ渡る 再来日後、同年11月にシングル「Bye My Darling!」、2005年1月には「Kiss」をリリース そして3月に、プロデューサーに、Des'reeやCharaのプロデュースで知られるアシュリー・イングラムを筆頭にT.Kura・Nao'ymt・マボロシを迎えた5thアルバム『Crystal Style』を発表し、4作連続でオリコンWEEKLYチャート初登場2位を記録 5月には同タイトルのドラマ主題歌となった16枚目(「I LIKE IT」などを除いた場合)のシングル「恋におちたら」を発表 それまでのCrystal Kayの曲に無い、キャッチーで誰にも歌いやすい、いわゆる歌謡曲調の楽曲は、彼女の歌に今まで触れたことの無かった広い層にも知られ、商業的に最も成功する このころ、歌唱法で悩み、2004年頃から始めていたボイストレーニングに集中する 幸い「恋におちたら」が比較的簡単な楽曲だったため、歌に自信を取り戻すための時間にはゆとりがあった 同年、CHEMISTRYとのコラボレーション曲「Two As One」が発表された。
デビュー5周年を迎えた2004年、シングルでは初のバラード「Motherland」を発売。人気アニメ『鋼の錬金術師』のエンディングテーマだった効果もあり、シングルチャートでトップ10入りを果たす そして6月には、デビュー5周年を記念し、ファン投票によって収録楽曲を決定した企画アルバム『CK5』を発売。

『CK5』リリース後はボイストレーニングとダンスレッスンを受けるためニューヨークへ渡る 再来日後、同年11月にシングル「Bye My Darling!」、2005年1月には「Kiss」をリリース そして3月に、プロデューサーに、Des'reeやCharaのプロデュースで知られるアシュリー・イングラムを筆頭にT.Kura・Nao'ymt・マボロシを迎えた5thアルバム『Crystal Style』を発表し、4作連続でオリコンWEEKLYチャート初登場2位を記録 5月には同タイトルのドラマ主題歌となった16枚目(「I LIKE IT」などを除いた場合)のシングル「恋におちたら」を発表 それまでのCrystal Kayの曲に無い、キャッチーで誰にも歌いやすい、いわゆる歌謡曲調の楽曲は、彼女の歌に今まで触れたことの無かった広い層にも知られ、商業的に最も成功する このころ、歌唱法で悩み、2004年頃から始めていたボイストレーニングに集中する 幸い「恋におちたら」が比較的簡単な楽曲だったため、歌に自信を取り戻すための時間にはゆとりがあった 同年、CHEMISTRYとのコラボレーション曲「Two As One」が発表された。
Crystal_Kayのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
Crystal_Kay きっと永遠に
Crystal_Kayのつながりをもっと見る