Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

江波杏子 斎藤耕一

えなみ きょうこ
江波杏子
江波 杏子(えなみ きょうこ、本名・野平 香純〈のひら かすみ〉、1942年10月15日 - 2018年10月27日)は、日本の女優。東京都渋谷区千駄ヶ谷出身。アルファエージェンシー所属。宝仙学園高等学校出身。



大映倒産後の1973年、斎藤耕一監督の『津軽じょんがら節』に主演してキネマ旬報主演女優賞を獲得 この作品について当時の江波は、自身の持つ魔女風の顔と、優しく粘っこい日本的な女の顔、相反する二つが初めて自然に溶け合い、噛み合った作品だと自己分析し、斎藤監督の「したたかな女優分析眼の成果である」と『キネマ旬報』(1974年2月下旬号)に文章を寄せている。
斎藤耕一作品としては『津軽じょんがら節』よりも、『約束』や、江波自身も出演した『再会』の方が自分の好みであるとのこと。
東宝からデビューした田村奈巳は近所の幼馴染である。
会社の意向で出演した『女賭博師』シリーズで看板スターに祀り上げられてしまったものの、本当はフランス映画のような現代的な作品に出ることを希望していた。
気持ちの切り替えのために、休日は金髪&ミニスカートで闊歩していたという 大映倒産後の代表作となった『津軽じょんがら節』は日本土俗+モダニズムともいうべき路線だったが、「日本のクロード・ルルーシュ」の異名を取った斎藤耕一監督とのコンビはこうした彼女の近代志向からすれば必然でもあった。
斎藤は数年後に『幸福号出帆』でも主役ではないものの彼女を起用し、絢爛たる欧州趣味でその持ち味を引き出した。
井上梅次監督のテレビ映画『黒水仙の美女』(1978)も、大きなセットとスタントまで用意して破天荒なまでに派手なラストシーンが繰り広げられ、彼女ならではの非日常感を鮮明に刻みつけている。
雑誌の対談をきっかけにザ・テンプターズの萩原健一と交際したが、これは江波の方から恋愛関係に発展させたものだった。
2023/2/9(木)
大映倒産後の1973年、斎藤耕一監督の『津軽じょんがら節』に主演してキネマ旬報主演女優賞を獲得 この作品について当時の江波は、自身の持つ魔女風の顔と、優しく粘っこい日本的な女の顔、相反する二つが初めて自然に溶け合い、噛み合った作品だと自己分析し、斎藤監督の「したたかな女優分析眼の成果である」と『キネマ旬報』(1974年2月下旬号)に文章を寄せている。

斎藤耕一作品としては『津軽じょんがら節』よりも、『約束』や、江波自身も出演した『再会』の方が自分の好みであるとのこと。

東宝からデビューした田村奈巳は近所の幼馴染である。
会社の意向で出演した『女賭博師』シリーズで看板スターに祀り上げられてしまったものの、本当はフランス映画のような現代的な作品に出ることを希望していた 気持ちの切り替えのために、休日は金髪&ミニスカートで闊歩していたという 大映倒産後の代表作となった『津軽じょんがら節』は日本土俗+モダニズムともいうべき路線だったが、「日本のクロード・ルルーシュ」の異名を取った斎藤耕一監督とのコンビはこうした彼女の近代志向からすれば必然でもあった 斎藤は数年後に『幸福号出帆』でも主役ではないものの彼女を起用し、絢爛たる欧州趣味でその持ち味を引き出した 井上梅次監督のテレビ映画『黒水仙の美女』(1978)も、大きなセットとスタントまで用意して破天荒なまでに派手なラストシーンが繰り広げられ、彼女ならではの非日常感を鮮明に刻みつけている。
雑誌の対談をきっかけにザ・テンプターズの萩原健一と交際したが、これは江波の方から恋愛関係に発展させたものだった。
大映倒産後の1973年、斎藤耕一監督の『津軽じょんがら節』に主演してキネマ旬報主演女優賞を獲得 この作品について当時の江波は、自身の持つ魔女風の顔と、優しく粘っこい日本的な女の顔、相反する二つが初めて自然に溶け合い、噛み合った作品だと自己分析し、斎藤監督の「したたかな女優分析眼の成果である」と『キネマ旬報』(1974年2月下旬号)に文章を寄せている。

斎藤耕一作品としては『津軽じょんがら節』よりも、『約束』や、江波自身も出演した『再会』の方が自分の好みであるとのこと。

東宝からデビューした田村奈巳は近所の幼馴染である。
会社の意向で出演した『女賭博師』シリーズで看板スターに祀り上げられてしまったものの、本当はフランス映画のような現代的な作品に出ることを希望していた 気持ちの切り替えのために、休日は金髪&ミニスカートで闊歩していたという 大映倒産後の代表作となった『津軽じょんがら節』は日本土俗+モダニズムともいうべき路線だったが、「日本のクロード・ルルーシュ」の異名を取った斎藤耕一監督とのコンビはこうした彼女の近代志向からすれば必然でもあった 斎藤は数年後に『幸福号出帆』でも主役ではないものの彼女を起用し、絢爛たる欧州趣味でその持ち味を引き出した 井上梅次監督のテレビ映画『黒水仙の美女』(1978)も、大きなセットとスタントまで用意して破天荒なまでに派手なラストシーンが繰り広げられ、彼女ならではの非日常感を鮮明に刻みつけている。
雑誌の対談をきっかけにザ・テンプターズの萩原健一と交際したが、これは江波の方から恋愛関係に発展させたものだった。
大映倒産後の1973年、斎藤耕一監督の『津軽じょんがら節』に主演してキネマ旬報主演女優賞を獲得 この作品について当時の江波は、自身の持つ魔女風の顔と、優しく粘っこい日本的な女の顔、相反する二つが初めて自然に溶け合い、噛み合った作品だと自己分析し、斎藤監督の「したたかな女優分析眼の成果である」と『キネマ旬報』(1974年2月下旬号)に文章を寄せている。

斎藤耕一作品としては『津軽じょんがら節』よりも、『約束』や、江波自身も出演した『再会』の方が自分の好みであるとのこと。

東宝からデビューした田村奈巳は近所の幼馴染である。
会社の意向で出演した『女賭博師』シリーズで看板スターに祀り上げられてしまったものの、本当はフランス映画のような現代的な作品に出ることを希望していた 気持ちの切り替えのために、休日は金髪&ミニスカートで闊歩していたという 大映倒産後の代表作となった『津軽じょんがら節』は日本土俗+モダニズムともいうべき路線だったが、「日本のクロード・ルルーシュ」の異名を取った斎藤耕一監督とのコンビはこうした彼女の近代志向からすれば必然でもあった 斎藤は数年後に『幸福号出帆』でも主役ではないものの彼女を起用し、絢爛たる欧州趣味でその持ち味を引き出した 井上梅次監督のテレビ映画『黒水仙の美女』(1978)も、大きなセットとスタントまで用意して破天荒なまでに派手なラストシーンが繰り広げられ、彼女ならではの非日常感を鮮明に刻みつけている。
雑誌の対談をきっかけにザ・テンプターズの萩原健一と交際したが、これは江波の方から恋愛関係に発展させたものだった。
江波杏子のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
江波杏子 川島雄三 溝口健二 黒澤明 山中貞雄
江波杏子のつながりをもっと見る