Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

宍戸錠 台湾総督 工作機械 満州事変 温泉マーク

ししど じょう
宍戸錠
宍戸 錠(ししど じょう、(英:Joe Shishido)1933年12月6日 - 2020年1月18日)は、日本の俳優・タレント・司会者。血液型はB型。宍戸錠事務所所属。愛称は「エースのジョー」。 郷鍈治は実弟、宍戸開は長男、宍戸史絵(現・)は長女、ちあきなおみは義妹(郷鍈治の妻)。大阪府桜宮(現在の大阪市都島区)出身。宮城県白石高等学校卒業、日本大学藝術学部演劇科中退。



父親は現在の福島県伊達市の出身。
母親は神奈川県横浜市の出身と錠は話していたが、錠の母親自身の話では、父が台湾総督の副官で台湾で生まれて、父の転勤で日本に戻り、静岡県浜松市で育ったと話している。
横浜高女時代に関東大震災に遭い、一家で滋賀県大津市に逃げたが、田舎暮らしが嫌で、20歳のとき、単身大阪に行き、海上火災という会社に勤めていたとき、同じく関東大震災で大阪に居を移して、大阪の商社・アーサー・バルファーに勤めていた父が、同じビルで働いていて知り合い結婚したという。
父はその後工作機械を扱う会社を起業して独立し、満州事変の特需で250万円儲けた。
この後、「錠」は大阪で出生 「錠」という名前の由来は宍戸家が子沢山だったため、『この子を最後の子にしたい(子作りに錠前を掛ける)』という両親の思いがあったからだという。
家のあった桜宮は下請けの町工場と温泉マークがあったため、環境に悪いと3歳から5歳の頃、家族で東京滝野川へ移り住み、父は仕事を辞めその後は亡くなるまで定職に就かず、1300坪くらいの家を建て、一家は裕福な生活を送る。
当時は300円で家が一軒買えた時代だったが、滝野川の家は10万円で買った。
1970年頃持っていたら、5~6億円はしたという。
2023/1/23(月)
父親は現在の福島県伊達市の出身。母親は神奈川県横浜市の出身と錠は話していたが、錠の母親自身の話では、父が台湾総督の副官で台湾で生まれて、父の転勤で日本に戻り、静岡県浜松市で育ったと話している。横浜高女時代に関東大震災に遭い、一家で滋賀県大津市に逃げたが、田舎暮らしが嫌で、20歳のとき、単身大阪に行き、海上火災という会社に勤めていたとき、同じく関東大震災で大阪に居を移して、大阪の商社・アーサー・バルファーに勤めていた父が、同じビルで働いていて知り合い結婚したという。父はその後工作機械を扱う会社を起業して独立し、満州事変の特需で250万円儲けた。この後、「錠」は大阪で出生 「錠」という名前の由来は宍戸家が子沢山だったため、『この子を最後の子にしたい(子作りに錠前を掛ける)』という両親の思いがあったからだという。家のあった桜宮は下請けの町工場と温泉マークがあったため、環境に悪いと3歳から5歳の頃、家族で東京滝野川へ移り住み、父は仕事を辞めその後は亡くなるまで定職に就かず、1300坪くらいの家を建て、一家は裕福な生活を送る。当時は300円で家が一軒買えた時代だったが、滝野川の家は10万円で買った。1970年頃持っていたら、5~6億円はしたという。
父親は現在の福島県伊達市の出身。母親は神奈川県横浜市の出身と錠は話していたが、錠の母親自身の話では、父が台湾総督の副官で台湾で生まれて、父の転勤で日本に戻り、静岡県浜松市で育ったと話している。横浜高女時代に関東大震災に遭い、一家で滋賀県大津市に逃げたが、田舎暮らしが嫌で、20歳のとき、単身大阪に行き、海上火災という会社に勤めていたとき、同じく関東大震災で大阪に居を移して、大阪の商社・アーサー・バルファーに勤めていた父が、同じビルで働いていて知り合い結婚したという。父はその後工作機械を扱う会社を起業して独立し、満州事変の特需で250万円儲けた。この後、「錠」は大阪で出生 「錠」という名前の由来は宍戸家が子沢山だったため、『この子を最後の子にしたい(子作りに錠前を掛ける)』という両親の思いがあったからだという。家のあった桜宮は下請けの町工場と温泉マークがあったため、環境に悪いと3歳から5歳の頃、家族で東京滝野川へ移り住み、父は仕事を辞めその後は亡くなるまで定職に就かず、1300坪くらいの家を建て、一家は裕福な生活を送る。当時は300円で家が一軒買えた時代だったが、滝野川の家は10万円で買った。1970年頃持っていたら、5~6億円はしたという。
父親は現在の福島県伊達市の出身。母親は神奈川県横浜市の出身と錠は話していたが、錠の母親自身の話では、父が台湾総督の副官で台湾で生まれて、父の転勤で日本に戻り、静岡県浜松市で育ったと話している。横浜高女時代に関東大震災に遭い、一家で滋賀県大津市に逃げたが、田舎暮らしが嫌で、20歳のとき、単身大阪に行き、海上火災という会社に勤めていたとき、同じく関東大震災で大阪に居を移して、大阪の商社・アーサー・バルファーに勤めていた父が、同じビルで働いていて知り合い結婚したという。父はその後工作機械を扱う会社を起業して独立し、満州事変の特需で250万円儲けた。この後、「錠」は大阪で出生 「錠」という名前の由来は宍戸家が子沢山だったため、『この子を最後の子にしたい(子作りに錠前を掛ける)』という両親の思いがあったからだという。家のあった桜宮は下請けの町工場と温泉マークがあったため、環境に悪いと3歳から5歳の頃、家族で東京滝野川へ移り住み、父は仕事を辞めその後は亡くなるまで定職に就かず、1300坪くらいの家を建て、一家は裕福な生活を送る。当時は300円で家が一軒買えた時代だったが、滝野川の家は10万円で買った。1970年頃持っていたら、5~6億円はしたという。
宍戸錠のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
宍戸錠のつながりをもっと見る