Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

高橋克実 ドラマ新銀河

たかはし かつみ
高橋克実
高橋 克実(たかはし かつみ、1961年4月1日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者。愛称は「カッツミー」。 新潟県三条市出身。シス・カンパニー所属。



1987年、劇団離風霊船に入団。
同年、映画『ウェルター』の端役で映画デビュー。
1993年、NHKドラマ新銀河『トーキョー国盗り物語』でヒロイン(の1人)の相手役に抜擢され、ドラマ初出演。
しかし、本人曰く「あまりのNGの多さに本人の知らないところで脚本が変更され、転勤という設定で途中降板させられた」そうで、そのことをドラマを観ていて相手役の女優の台詞で初めて知ったとも語っている。
同年32歳の頃にシス・カンパニーに所属。
1998年、劇団離風霊船を退団。
同年、『ショムニ』(フジテレビ)での寺崎人事部長役でブレイクし、これが大きな転機となり様々な番組にて人気を博す 2000年代に入り同じ事務所に所属している八嶋智人と司会を務めたバラエティ番組『トリビアの泉』(フジテレビ)は高視聴率を記録し、俳優のみならずタレント・番組司会者でも活躍の幅を広げていく 一方で本業である俳優業でも並行して活躍し、主役・脇役限らず硬派や演技力の高い演技で知られる。
2006年の土曜ワイド劇場特別企画『ユニット』(テレビ朝日)では DV夫で悪徳刑事という悪役、同年のフジテレビ金曜エンタテイメント『こちら新宿駆けこみ寺』(ドラマ初主演)では主人公の型破りな助っ人役、また。
2008年のNHK土曜ドラマ『フルスイング』(連続ドラマ初主演)では生徒と同僚教師たちに力強い愛で教師の情熱を注いだ主人公の高林導宏役を演じ、ギャラクシー賞2008年2月度月間賞を受賞した。
2023/1/25(水)
1987年、劇団離風霊船に入団。同年、映画『ウェルター』の端役で映画デビュー。
1993年、NHKドラマ新銀河『トーキョー国盗り物語』でヒロイン(の1人)の相手役に抜擢され、ドラマ初出演。しかし、本人曰く「あまりのNGの多さに本人の知らないところで脚本が変更され、転勤という設定で途中降板させられた」そうで、そのことをドラマを観ていて相手役の女優の台詞で初めて知ったとも語っている。同年32歳の頃にシス・カンパニーに所属。
1998年、劇団離風霊船を退団。同年、『ショムニ』(フジテレビ)での寺崎人事部長役でブレイクし、これが大きな転機となり様々な番組にて人気を博す 2000年代に入り同じ事務所に所属している八嶋智人と司会を務めたバラエティ番組『トリビアの泉』(フジテレビ)は高視聴率を記録し、俳優のみならずタレント・番組司会者でも活躍の幅を広げていく 一方で本業である俳優業でも並行して活躍し、主役・脇役限らず硬派や演技力の高い演技で知られる 2006年の土曜ワイド劇場特別企画『ユニット』(テレビ朝日)では DV夫で悪徳刑事という悪役、同年のフジテレビ金曜エンタテイメント『こちら新宿駆けこみ寺』(ドラマ初主演)では主人公の型破りな助っ人役、また 2008年のNHK土曜ドラマ『フルスイング』(連続ドラマ初主演)では生徒と同僚教師たちに力強い愛で教師の情熱を注いだ主人公の高林導宏役を演じ、ギャラクシー賞2008年2月度月間賞を受賞した。
1987年、劇団離風霊船に入団。同年、映画『ウェルター』の端役で映画デビュー。
1993年、NHKドラマ新銀河『トーキョー国盗り物語』でヒロイン(の1人)の相手役に抜擢され、ドラマ初出演。しかし、本人曰く「あまりのNGの多さに本人の知らないところで脚本が変更され、転勤という設定で途中降板させられた」そうで、そのことをドラマを観ていて相手役の女優の台詞で初めて知ったとも語っている。同年32歳の頃にシス・カンパニーに所属。
1998年、劇団離風霊船を退団。同年、『ショムニ』(フジテレビ)での寺崎人事部長役でブレイクし、これが大きな転機となり様々な番組にて人気を博す 2000年代に入り同じ事務所に所属している八嶋智人と司会を務めたバラエティ番組『トリビアの泉』(フジテレビ)は高視聴率を記録し、俳優のみならずタレント・番組司会者でも活躍の幅を広げていく 一方で本業である俳優業でも並行して活躍し、主役・脇役限らず硬派や演技力の高い演技で知られる 2006年の土曜ワイド劇場特別企画『ユニット』(テレビ朝日)では DV夫で悪徳刑事という悪役、同年のフジテレビ金曜エンタテイメント『こちら新宿駆けこみ寺』(ドラマ初主演)では主人公の型破りな助っ人役、また 2008年のNHK土曜ドラマ『フルスイング』(連続ドラマ初主演)では生徒と同僚教師たちに力強い愛で教師の情熱を注いだ主人公の高林導宏役を演じ、ギャラクシー賞2008年2月度月間賞を受賞した。
1987年、劇団離風霊船に入団。同年、映画『ウェルター』の端役で映画デビュー。
1993年、NHKドラマ新銀河『トーキョー国盗り物語』でヒロイン(の1人)の相手役に抜擢され、ドラマ初出演。しかし、本人曰く「あまりのNGの多さに本人の知らないところで脚本が変更され、転勤という設定で途中降板させられた」そうで、そのことをドラマを観ていて相手役の女優の台詞で初めて知ったとも語っている。同年32歳の頃にシス・カンパニーに所属。
1998年、劇団離風霊船を退団。同年、『ショムニ』(フジテレビ)での寺崎人事部長役でブレイクし、これが大きな転機となり様々な番組にて人気を博す 2000年代に入り同じ事務所に所属している八嶋智人と司会を務めたバラエティ番組『トリビアの泉』(フジテレビ)は高視聴率を記録し、俳優のみならずタレント・番組司会者でも活躍の幅を広げていく 一方で本業である俳優業でも並行して活躍し、主役・脇役限らず硬派や演技力の高い演技で知られる 2006年の土曜ワイド劇場特別企画『ユニット』(テレビ朝日)では DV夫で悪徳刑事という悪役、同年のフジテレビ金曜エンタテイメント『こちら新宿駆けこみ寺』(ドラマ初主演)では主人公の型破りな助っ人役、また 2008年のNHK土曜ドラマ『フルスイング』(連続ドラマ初主演)では生徒と同僚教師たちに力強い愛で教師の情熱を注いだ主人公の高林導宏役を演じ、ギャラクシー賞2008年2月度月間賞を受賞した。
高橋克実のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
高橋克実 向田理髪店
高橋克実 八嶋智人
高橋克実 シス・カンパニー
高橋克実 チャラン・ポ・ランタン みんなのうた
高橋克実 トリビアの泉
高橋克実 フルスイング
高橋克実 トーキョー国盗り物語
高橋克実 ショムニ
高橋克実 劇団離風霊船
高橋克実のつながりをもっと見る