Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

玉置浩二


伊集院光


ミニモニ。


黒田アーサー


堺雅人


SKE48


前田吟


志村けん


>>もっと見る

アグネス・チャン 植田芳暁 ハイ・ファイ・セット シュガーベイブ 山下達郎 大貫妙子 村松邦男

アグネス・チャン
アグネス・チャン
アグネス・チャン(本名:陳 美齡、英語:Agnes Meiling Kaneko Chan、広東語:チャン・メイリン、北京語:チェン・メイリン、日本名:金子 陳美齢(かねこ チャンメイリン)、1955年8月20日 - )は、香港出身の日本の歌手、エッセイスト。カトリック信徒で、「アグネス」は聖アグネスにちなむ洗礼名である。 中学・高校は、(中国語:瑪利曼中學)卒業、トロント大学卒業。1992年6月スタンフォード大学大学院教育学博士課程を修了。1994年には博士号が授与された。初代日本ユニセフ協会大使(UNICEF国内大使)を経て、2016年より国際連合 (UN) の機関である国際連合児童基金 (UNICEF) の東アジア太平洋地域親善大使(UNICEF地域大使)。血液型AB型。初代「ほほえみ大使」も務める。2018年春の叙勲で旭日小綬章を受章。



1974年3月、「草原の輝き」が春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲に選ばれる。
また、ブロマイドの売上成績第1位を獲得 3月、松本隆は作詞、キャラメル・ママが演奏で参加した4thアルバム「アグネスの小さな日記」が発売された。
6月、アルバムから「ポケットいっぱいの秘密」がシングルカットされた。
8月、キャラメル・ママを中心に、高橋幸宏、矢野誠、鈴木あきこら参加でアルバム「あなたとわたしのコンサート」も発売された。
1974年、上智大学国際学部に入学。
1975年8月、20歳の記念曲として 荒井由実作詞作曲「白いくつ下は似合わない」を発売 この頃のコンサートではバックバンドに鈴木慶一とムーンライダース、司会は植田芳暁を起用していた。
7月、アルバム「ファミリーコンサート」発売 また、12月にはハイ・ファイ・セットシュガーベイブから山下達郎大貫妙子村松邦男がコーラスで参加のアルバム「はじめまして青春」が発売された。
1976年4月、ムーンライダースと一緒に作ったアルバム「MeiMei」を発売 また、シングル「恋のシーソーゲーム」ではホットケーキがバックをつとめ、さよならコンサートなどのコンサートに参加した。
同時期ラストショウもたびたび参加している。
父の勧めもあって、1976年に芸能活動を休んでカナダのトロント大学へ留学(編入学)。
社会児童心理学を専攻。
2023/1/13(金)
1974年3月、「草原の輝き」が春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲に選ばれる また、ブロマイドの売上成績第1位を獲得 3月、松本隆は作詞、キャラメル・ママが演奏で参加した4thアルバム「アグネスの小さな日記」が発売された 6月、アルバムから「ポケットいっぱいの秘密」がシングルカットされた 8月、キャラメル・ママを中心に、高橋幸宏、矢野誠、鈴木あきこら参加でアルバム「あなたとわたしのコンサート」も発売された。1974年、上智大学国際学部に入学。
1975年8月、20歳の記念曲として 荒井由実作詞作曲「白いくつ下は似合わない」を発売 この頃のコンサートではバックバンドに鈴木慶一とムーンライダース、司会は植田芳暁を起用していた 7月、アルバム「ファミリーコンサート」発売 また、12月にはハイ・ファイ・セット、シュガーベイブから山下達郎、大貫妙子、村松邦男がコーラスで参加のアルバム「はじめまして青春」が発売された。
1976年4月、ムーンライダースと一緒に作ったアルバム「MeiMei」を発売 また、シングル「恋のシーソーゲーム」ではホットケーキがバックをつとめ、さよならコンサートなどのコンサートに参加した。同時期ラストショウもたびたび参加している。父の勧めもあって、1976年に芸能活動を休んでカナダのトロント大学へ留学(編入学)。社会児童心理学を専攻。
1974年3月、「草原の輝き」が春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲に選ばれる また、ブロマイドの売上成績第1位を獲得 3月、松本隆は作詞、キャラメル・ママが演奏で参加した4thアルバム「アグネスの小さな日記」が発売された 6月、アルバムから「ポケットいっぱいの秘密」がシングルカットされた 8月、キャラメル・ママを中心に、高橋幸宏、矢野誠、鈴木あきこら参加でアルバム「あなたとわたしのコンサート」も発売された。1974年、上智大学国際学部に入学。
1975年8月、20歳の記念曲として 荒井由実作詞作曲「白いくつ下は似合わない」を発売 この頃のコンサートではバックバンドに鈴木慶一とムーンライダース、司会は植田芳暁を起用していた 7月、アルバム「ファミリーコンサート」発売 また、12月にはハイ・ファイ・セット、シュガーベイブから山下達郎、大貫妙子、村松邦男がコーラスで参加のアルバム「はじめまして青春」が発売された。
1976年4月、ムーンライダースと一緒に作ったアルバム「MeiMei」を発売 また、シングル「恋のシーソーゲーム」ではホットケーキがバックをつとめ、さよならコンサートなどのコンサートに参加した。同時期ラストショウもたびたび参加している。父の勧めもあって、1976年に芸能活動を休んでカナダのトロント大学へ留学(編入学)。社会児童心理学を専攻。
1974年3月、「草原の輝き」が春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲に選ばれる また、ブロマイドの売上成績第1位を獲得 3月、松本隆は作詞、キャラメル・ママが演奏で参加した4thアルバム「アグネスの小さな日記」が発売された 6月、アルバムから「ポケットいっぱいの秘密」がシングルカットされた 8月、キャラメル・ママを中心に、高橋幸宏、矢野誠、鈴木あきこら参加でアルバム「あなたとわたしのコンサート」も発売された。1974年、上智大学国際学部に入学。
1975年8月、20歳の記念曲として 荒井由実作詞作曲「白いくつ下は似合わない」を発売 この頃のコンサートではバックバンドに鈴木慶一とムーンライダース、司会は植田芳暁を起用していた 7月、アルバム「ファミリーコンサート」発売 また、12月にはハイ・ファイ・セット、シュガーベイブから山下達郎、大貫妙子、村松邦男がコーラスで参加のアルバム「はじめまして青春」が発売された。
1976年4月、ムーンライダースと一緒に作ったアルバム「MeiMei」を発売 また、シングル「恋のシーソーゲーム」ではホットケーキがバックをつとめ、さよならコンサートなどのコンサートに参加した。同時期ラストショウもたびたび参加している。父の勧めもあって、1976年に芸能活動を休んでカナダのトロント大学へ留学(編入学)。社会児童心理学を専攻。
アグネス・チャンのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
アグネス・チャン 日本武道館
アグネス・チャン 鈴木慶一
アグネス・チャン ニュージーランド
アグネス・チャン エッセイスト
アグネス・チャン イスラエル
アグネス・チャン ブータン
アグネス・チャン ユニセフ
アグネス・チャン ソマリア
アグネス・チャン フィリピン
アグネス・チャン スーダン
アグネス・チャンのつながりをもっと見る