Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

江口洋介


陣内智則


渋谷すばる


寺門ジモン


松村邦洋


乃木坂46


仲代達矢


草刈民代


>>もっと見る

徳光和夫 小林完吾

とくみつ かずお
徳光和夫
徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年(昭和16年)3月3日〈戸籍上は3月10日〉 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。元日本テレビアナウンサー。本名:德光 和夫(読み同じ)。 日本ドッジボール協会顧問、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ顧問、日本司会芸能協会顧問、海原会(学校法人海城学園OB会)会長等の肩書きも持つ。 オフィス ラ・メール所属で、ソニー・ミュージックアーティスツと業務提携している。 本名の「德」は徳の旧字体で初期の日本テレビ(一部の記事を除き、以下日テレと略す)『ズームイン!!朝!』のテロップでもこの表記を使っていたが、現在は通常の「徳」を使用している。愛称は、徳さん。プロ野球・読売ジャイアンツの熱烈なファンで、「巨人親父」とも称される。公の場で感涙することが多く(特に『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』)、「非常に涙もろい」キャラクターで知られる。番組開始時の挨拶ではフルネームを言わず「徳光です(でございます)。」と言っている。 東京都目黒区出身。現在は神奈川県茅ヶ崎市在住。血液型B型。1女2男があり、タレントの徳光正行は次男。ミッツ・マングローブは甥にあたる。



大学卒業後の1963年に、日本テレビへ入社。
同期入社に青尾幸、今村倫子がおり、中途入社してきた同期に小林完吾がいる他局の同期ではNHKが加賀美幸子、広瀬久美子、村田幸子、名取将、森本毅郎、吉川精一。
フジテレビが岩佐徹と露木茂と能村庸一。

著書「企業内自由人のすすめ」によれば、日テレを受験した際、最終選考に残った2人が学生運動に関与していたことが判明し日テレはアメリカ中央情報局(CIA)の手先として、開局当初から学生運動や左翼運動を批判する立場を取っていた(詳細は中央情報局、正力マイクロ波事件も参照)。
、選考を辞退した影響で徳光が採用された。
1980年にスタートした『NNSアナウンス大賞』の第1回最優秀賞受賞者である。
1983年2月から1985年6月まで、日テレのキャッチフレーズ「おもしろまじめに4チャンネル」のイメージキャラクターを、小林完吾とともに務めた(自身が「おもしろ」、小林が「まじめ」として) このコンビで局の垣根を超えて『笑っていいとも』の「テレフォンショッキング」に出演しており(1983年4月5日)、ドラマでも『太陽にほえろ!』の550話「俺はプロだ!」にて出演している(1983年4月1日)。
日テレ時代の同僚である福留功男とは50年以上の親友関係にあるが、『アメリカ横断ウルトラクイズ』での役回りから一時期テレビで「犬猿の仲」を演じていたことがあった現在でも時折テレビ番組の企画などで(時にはさらに後輩でともに『ウルトラクイズ』に関わった小倉淳も巻き込む形で)福留への口撃を展開することがある。
ただし、あくまでも本人たちはしゃれとして行っている(いわば『笑点』における「罵倒合戦」)ことが視聴者にはきちんと伝わっておらず、結果として徳光、福留両名に対する根拠のない誹謗中傷につながっている一面があることは否定できない事実である。
しかし、徳光はアナウンサーとプロデューサーを合体させた造語を用いて「トメはアナデューサーだ」と福留の放送人としての才能を評価している実際、1991年の『24時間テレビ』、1993年の『ズームイン!!夜!』、1998年の『今世紀最後!!史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ』、1999年の『11PM』特番で共演している。
2023/3/5(日)
大学卒業後の1963年に、日本テレビへ入社。同期入社に青尾幸、今村倫子がおり、中途入社してきた同期に小林完吾がいる他局の同期ではNHKが加賀美幸子、広瀬久美子、村田幸子、名取将、森本毅郎、吉川精一。フジテレビが岩佐徹と露木茂と能村庸一。。著書「企業内自由人のすすめ」によれば、日テレを受験した際、最終選考に残った2人が学生運動に関与していたことが判明し日テレはアメリカ中央情報局(CIA)の手先として、開局当初から学生運動や左翼運動を批判する立場を取っていた(詳細は中央情報局、正力マイクロ波事件も参照)。、選考を辞退した影響で徳光が採用された。

1980年にスタートした『NNSアナウンス大賞』の第1回最優秀賞受賞者である。
1983年2月から1985年6月まで、日テレのキャッチフレーズ「おもしろまじめに4チャンネル」のイメージキャラクターを、小林完吾とともに務めた(自身が「おもしろ」、小林が「まじめ」として) このコンビで局の垣根を超えて『笑っていいとも』の「テレフォンショッキング」に出演しており(1983年4月5日)、ドラマでも『太陽にほえろ!』の550話「俺はプロだ!」にて出演している(1983年4月1日)。
 日テレ時代の同僚である福留功男とは50年以上の親友関係にあるが、『アメリカ横断ウルトラクイズ』での役回りから一時期テレビで「犬猿の仲」を演じていたことがあった現在でも時折テレビ番組の企画などで(時にはさらに後輩でともに『ウルトラクイズ』に関わった小倉淳も巻き込む形で)福留への口撃を展開することがある ただし、あくまでも本人たちはしゃれとして行っている(いわば『笑点』における「罵倒合戦」)ことが視聴者にはきちんと伝わっておらず、結果として徳光、福留両名に対する根拠のない誹謗中傷につながっている一面があることは否定できない事実である  しかし、徳光はアナウンサーとプロデューサーを合体させた造語を用いて「トメはアナデューサーだ」と福留の放送人としての才能を評価している実際、1991年の『24時間テレビ』、1993年の『ズームイン!!夜!』、1998年の『今世紀最後!!史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ』、1999年の『11PM』特番で共演している。。
大学卒業後の1963年に、日本テレビへ入社。同期入社に青尾幸、今村倫子がおり、中途入社してきた同期に小林完吾がいる他局の同期ではNHKが加賀美幸子、広瀬久美子、村田幸子、名取将、森本毅郎、吉川精一。フジテレビが岩佐徹と露木茂と能村庸一。。著書「企業内自由人のすすめ」によれば、日テレを受験した際、最終選考に残った2人が学生運動に関与していたことが判明し日テレはアメリカ中央情報局(CIA)の手先として、開局当初から学生運動や左翼運動を批判する立場を取っていた(詳細は中央情報局、正力マイクロ波事件も参照)。、選考を辞退した影響で徳光が採用された。

1980年にスタートした『NNSアナウンス大賞』の第1回最優秀賞受賞者である。
1983年2月から1985年6月まで、日テレのキャッチフレーズ「おもしろまじめに4チャンネル」のイメージキャラクターを、小林完吾とともに務めた(自身が「おもしろ」、小林が「まじめ」として) このコンビで局の垣根を超えて『笑っていいとも』の「テレフォンショッキング」に出演しており(1983年4月5日)、ドラマでも『太陽にほえろ!』の550話「俺はプロだ!」にて出演している(1983年4月1日)。
 日テレ時代の同僚である福留功男とは50年以上の親友関係にあるが、『アメリカ横断ウルトラクイズ』での役回りから一時期テレビで「犬猿の仲」を演じていたことがあった現在でも時折テレビ番組の企画などで(時にはさらに後輩でともに『ウルトラクイズ』に関わった小倉淳も巻き込む形で)福留への口撃を展開することがある ただし、あくまでも本人たちはしゃれとして行っている(いわば『笑点』における「罵倒合戦」)ことが視聴者にはきちんと伝わっておらず、結果として徳光、福留両名に対する根拠のない誹謗中傷につながっている一面があることは否定できない事実である  しかし、徳光はアナウンサーとプロデューサーを合体させた造語を用いて「トメはアナデューサーだ」と福留の放送人としての才能を評価している実際、1991年の『24時間テレビ』、1993年の『ズームイン!!夜!』、1998年の『今世紀最後!!史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ』、1999年の『11PM』特番で共演している。。
大学卒業後の1963年に、日本テレビへ入社。同期入社に青尾幸、今村倫子がおり、中途入社してきた同期に小林完吾がいる他局の同期ではNHKが加賀美幸子、広瀬久美子、村田幸子、名取将、森本毅郎、吉川精一。フジテレビが岩佐徹と露木茂と能村庸一。。著書「企業内自由人のすすめ」によれば、日テレを受験した際、最終選考に残った2人が学生運動に関与していたことが判明し日テレはアメリカ中央情報局(CIA)の手先として、開局当初から学生運動や左翼運動を批判する立場を取っていた(詳細は中央情報局、正力マイクロ波事件も参照)。、選考を辞退した影響で徳光が採用された。

1980年にスタートした『NNSアナウンス大賞』の第1回最優秀賞受賞者である。
1983年2月から1985年6月まで、日テレのキャッチフレーズ「おもしろまじめに4チャンネル」のイメージキャラクターを、小林完吾とともに務めた(自身が「おもしろ」、小林が「まじめ」として) このコンビで局の垣根を超えて『笑っていいとも』の「テレフォンショッキング」に出演しており(1983年4月5日)、ドラマでも『太陽にほえろ!』の550話「俺はプロだ!」にて出演している(1983年4月1日)。
 日テレ時代の同僚である福留功男とは50年以上の親友関係にあるが、『アメリカ横断ウルトラクイズ』での役回りから一時期テレビで「犬猿の仲」を演じていたことがあった現在でも時折テレビ番組の企画などで(時にはさらに後輩でともに『ウルトラクイズ』に関わった小倉淳も巻き込む形で)福留への口撃を展開することがある ただし、あくまでも本人たちはしゃれとして行っている(いわば『笑点』における「罵倒合戦」)ことが視聴者にはきちんと伝わっておらず、結果として徳光、福留両名に対する根拠のない誹謗中傷につながっている一面があることは否定できない事実である  しかし、徳光はアナウンサーとプロデューサーを合体させた造語を用いて「トメはアナデューサーだ」と福留の放送人としての才能を評価している実際、1991年の『24時間テレビ』、1993年の『ズームイン!!夜!』、1998年の『今世紀最後!!史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ』、1999年の『11PM』特番で共演している。。
徳光和夫のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
徳光和夫 ミッツ・マングローブ
徳光和夫 茅ヶ崎
徳光和夫 行列のできる法律相談所
徳光和夫 アメリカ横断ウルトラクイズ 福留功男 小倉淳
徳光和夫 服部誠一
徳光和夫 ファミリーヒストリー 福永洋一
徳光和夫 羽鳥慎一
徳光和夫 オジサンズ11
徳光和夫 船橋競馬場 南関東公営競馬
徳光和夫 馬複(馬連)
徳光和夫のつながりをもっと見る