Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

上戸彩


アントニオ猪木


新山千春


藤崎奈々子


朝倉未来


水道橋博士


田中裕二_(お笑い芸人)


HIKAKIN


>>もっと見る

遠藤舞 バカリズム

えんどう まい
遠藤舞
遠藤 舞(えんどう まい、1988年7月31日 - )は、日本のボイストレーナー、ソングライター、レコーディングミュージシャン、エッセイスト、元ポップシンガーおよびタレント。東京都出身。フリーランス。元「アイドリング!!!」の創設メンバーおよびリーダー。



女優業は少ないが、2011年5月公開の映画『コネコノキモチ』では、初の単独主演となり、同作の主題歌「空の木」もソロで歌唱 また、それ以前の2010年には、韓国のロボットアニメ『テコンV』に声優として参加、バカリズム升野と2人で全役吹き替えを担当した。
涙をみせることが極端に少ないため、しばしば「全米が泣いても泣かない」「鉄の女」など、アイドリング!!!MCのバカリズムをはじめメンバーやファンからも、泣かない女のキャラ付けをされていた。
これまでに語られる泣いた場面も、「わさびイチゴを食べた際」、「斉藤舞子からのケツバットを受けた際」、映像には残っていないが「企画のリハーサルにおいて、ドラム缶を頭にぶつけられた際」と、物理的な刺激に起因するものが主である。
そのような背景があるため、稀に流す感情的な涙についてメンバーやファンは、「遠藤が泣いている」と反応を示していた。
感情的な涙の一例に、1stライブ終了後には、バックステージで涙する滝口ミラを見ていてもらい泣きし、4thライブでも小泉瑠美の卒業セレモニーで涙を流している様子が映像に収められている。
しかし、4人のメンバーが卒業となった5thライブでは泣かず、卒業する1人であった加藤沙耶香にそのことを突っ込まれていた。
また、第161・162回にて行われた「MCバカリズム降板ドッキリ」でも、他のメンバーが泣いている中、唯一全く涙を流さなかった。
2019/3/29(金)
女優業は少ないが、2011年5月公開の映画『コネコノキモチ』では、初の単独主演となり、同作の主題歌「空の木」もソロで歌唱 また、それ以前の2010年には、韓国のロボットアニメ『テコンV』に声優として参加、バカリズム升野と2人で全役吹き替えを担当した。

涙をみせることが極端に少ないため、しばしば「全米が泣いても泣かない」「鉄の女」など、アイドリング!!!MCのバカリズムをはじめメンバーやファンからも、泣かない女のキャラ付けをされていた これまでに語られる泣いた場面も、「わさびイチゴを食べた際」、「斉藤舞子からのケツバットを受けた際」、映像には残っていないが「企画のリハーサルにおいて、ドラム缶を頭にぶつけられた際」と、物理的な刺激に起因するものが主である そのような背景があるため、稀に流す感情的な涙についてメンバーやファンは、「遠藤が泣いている」と反応を示していた。

感情的な涙の一例に、1stライブ終了後には、バックステージで涙する滝口ミラを見ていてもらい泣きし、4thライブでも小泉瑠美の卒業セレモニーで涙を流している様子が映像に収められている。しかし、4人のメンバーが卒業となった5thライブでは泣かず、卒業する1人であった加藤沙耶香にそのことを突っ込まれていた。また、第161・162回にて行われた「MCバカリズム降板ドッキリ」でも、他のメンバーが泣いている中、唯一全く涙を流さなかった。
女優業は少ないが、2011年5月公開の映画『コネコノキモチ』では、初の単独主演となり、同作の主題歌「空の木」もソロで歌唱 また、それ以前の2010年には、韓国のロボットアニメ『テコンV』に声優として参加、バカリズム升野と2人で全役吹き替えを担当した。

涙をみせることが極端に少ないため、しばしば「全米が泣いても泣かない」「鉄の女」など、アイドリング!!!MCのバカリズムをはじめメンバーやファンからも、泣かない女のキャラ付けをされていた これまでに語られる泣いた場面も、「わさびイチゴを食べた際」、「斉藤舞子からのケツバットを受けた際」、映像には残っていないが「企画のリハーサルにおいて、ドラム缶を頭にぶつけられた際」と、物理的な刺激に起因するものが主である そのような背景があるため、稀に流す感情的な涙についてメンバーやファンは、「遠藤が泣いている」と反応を示していた。

感情的な涙の一例に、1stライブ終了後には、バックステージで涙する滝口ミラを見ていてもらい泣きし、4thライブでも小泉瑠美の卒業セレモニーで涙を流している様子が映像に収められている。しかし、4人のメンバーが卒業となった5thライブでは泣かず、卒業する1人であった加藤沙耶香にそのことを突っ込まれていた。また、第161・162回にて行われた「MCバカリズム降板ドッキリ」でも、他のメンバーが泣いている中、唯一全く涙を流さなかった。
女優業は少ないが、2011年5月公開の映画『コネコノキモチ』では、初の単独主演となり、同作の主題歌「空の木」もソロで歌唱 また、それ以前の2010年には、韓国のロボットアニメ『テコンV』に声優として参加、バカリズム升野と2人で全役吹き替えを担当した。

涙をみせることが極端に少ないため、しばしば「全米が泣いても泣かない」「鉄の女」など、アイドリング!!!MCのバカリズムをはじめメンバーやファンからも、泣かない女のキャラ付けをされていた これまでに語られる泣いた場面も、「わさびイチゴを食べた際」、「斉藤舞子からのケツバットを受けた際」、映像には残っていないが「企画のリハーサルにおいて、ドラム缶を頭にぶつけられた際」と、物理的な刺激に起因するものが主である そのような背景があるため、稀に流す感情的な涙についてメンバーやファンは、「遠藤が泣いている」と反応を示していた。

感情的な涙の一例に、1stライブ終了後には、バックステージで涙する滝口ミラを見ていてもらい泣きし、4thライブでも小泉瑠美の卒業セレモニーで涙を流している様子が映像に収められている。しかし、4人のメンバーが卒業となった5thライブでは泣かず、卒業する1人であった加藤沙耶香にそのことを突っ込まれていた。また、第161・162回にて行われた「MCバカリズム降板ドッキリ」でも、他のメンバーが泣いている中、唯一全く涙を流さなかった。
遠藤舞のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
遠藤舞 倉田瑠夏
遠藤舞 古橋舞悠
遠藤舞 ホクロ
遠藤舞 大川藍
遠藤舞 伊藤祐奈
遠藤舞 Zepp DiverCity Tokyo
遠藤舞 酒井瞳
遠藤舞 小泉瑠美
遠藤舞 1stライブ
遠藤舞 滝口ミラ
遠藤舞のつながりをもっと見る