Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

上戸彩


アントニオ猪木


新山千春


藤崎奈々子


朝倉未来


水道橋博士


田中裕二_(お笑い芸人)


HIKAKIN


>>もっと見る

研ナオコ かもめはかもめ

けん ナオコ
研ナオコ
研 ナオコ(けん - 、本名:野口 なを子、旧姓:浅田、1953年〈昭和28年〉7月7日 - )は、日本の歌手、タレント、女優、コメディエンヌ。田辺エージェンシー所属。 静岡県田方郡天城湯ケ島町(現・伊豆市)出身。静岡県立三島南高等学校中退。「ナオコ節」とも称される独特のアンニュイな歌声と歌唱法で、1970年代中盤から1980年代中盤にかけて数々のヒット曲を世に送り出した。代表曲には「あばよ」「かもめはかもめ」「夏をあきらめて」などが挙げられる。



静岡県田方郡天城湯ケ島町出身。
静岡県立三島南高等学校中退。
「ナオコ節」とも称される独特のアンニュイな歌声と歌唱法で、1970年代中盤から1980年代中盤にかけて数々のヒット曲を世に送り出した。
代表曲には『あばよ』『かもめはかもめ』『夏をあきらめて』などが挙げられる。
1977年9月30日、厚生省麻薬取締部に家宅捜索を受け、大麻や喫煙具などを押収される。
同日任意で取り調べを受けるが、東京地検刑事部は11月15日に事案が軽微であるとして起訴猶予処分とした。
このため、半年間の謹慎を余儀なくされる。
1978年 中島みゆき作詞、作曲による復帰作『かもめはかもめ』がヒット。
日本歌謡大賞放送音楽賞、第20回日本レコード大賞金賞を受賞。
また、同曲で第29回紅白歌合戦に2年ぶり2回目の出場。
1982年 『夏をあきらめて』(桑田佳祐作詞、作曲)で、第24回日本レコード大賞金賞、日本有線大賞有線音楽賞、全日本有線放送大賞優秀スター賞を受賞。
同曲で第33回紅白歌合戦に出場。
1993年 声帯ポリープの手術。
同年第44回紅白歌合戦に、『かもめはかもめ』で1986年の第37回紅白歌合戦以来7年ぶり11回目の出場(現在の処これが自身最後の紅白出演)。
2020/7/11(土)
静岡県田方郡天城湯ケ島町出身。静岡県立三島南高等学校中退。「ナオコ節」とも称される独特のアンニュイな歌声と歌唱法で、1970年代中盤から1980年代中盤にかけて数々のヒット曲を世に送り出した。代表曲には『あばよ』『かもめはかもめ』『夏をあきらめて』などが挙げられる。

1977年9月30日、厚生省麻薬取締部に家宅捜索を受け、大麻や喫煙具などを押収される。同日任意で取り調べを受けるが、東京地検刑事部は11月15日に事案が軽微であるとして起訴猶予処分とした。このため、半年間の謹慎を余儀なくされる。
1978年 中島みゆき作詞、作曲による復帰作『かもめはかもめ』がヒット。日本歌謡大賞放送音楽賞、第20回日本レコード大賞金賞を受賞。また、同曲で第29回紅白歌合戦に2年ぶり2回目の出場。
1982年 『夏をあきらめて』(桑田佳祐作詞、作曲)で、第24回日本レコード大賞金賞、日本有線大賞有線音楽賞、全日本有線放送大賞優秀スター賞を受賞。同曲で第33回紅白歌合戦に出場。
1993年 声帯ポリープの手術。同年第44回紅白歌合戦に、『かもめはかもめ』で1986年の第37回紅白歌合戦以来7年ぶり11回目の出場(現在の処これが自身最後の紅白出演)。
静岡県田方郡天城湯ケ島町出身。静岡県立三島南高等学校中退。「ナオコ節」とも称される独特のアンニュイな歌声と歌唱法で、1970年代中盤から1980年代中盤にかけて数々のヒット曲を世に送り出した。代表曲には『あばよ』『かもめはかもめ』『夏をあきらめて』などが挙げられる。

1977年9月30日、厚生省麻薬取締部に家宅捜索を受け、大麻や喫煙具などを押収される。同日任意で取り調べを受けるが、東京地検刑事部は11月15日に事案が軽微であるとして起訴猶予処分とした。このため、半年間の謹慎を余儀なくされる。
1978年 中島みゆき作詞、作曲による復帰作『かもめはかもめ』がヒット。日本歌謡大賞放送音楽賞、第20回日本レコード大賞金賞を受賞。また、同曲で第29回紅白歌合戦に2年ぶり2回目の出場。
1982年 『夏をあきらめて』(桑田佳祐作詞、作曲)で、第24回日本レコード大賞金賞、日本有線大賞有線音楽賞、全日本有線放送大賞優秀スター賞を受賞。同曲で第33回紅白歌合戦に出場。
1993年 声帯ポリープの手術。同年第44回紅白歌合戦に、『かもめはかもめ』で1986年の第37回紅白歌合戦以来7年ぶり11回目の出場(現在の処これが自身最後の紅白出演)。
静岡県田方郡天城湯ケ島町出身。静岡県立三島南高等学校中退。「ナオコ節」とも称される独特のアンニュイな歌声と歌唱法で、1970年代中盤から1980年代中盤にかけて数々のヒット曲を世に送り出した。代表曲には『あばよ』『かもめはかもめ』『夏をあきらめて』などが挙げられる。

1977年9月30日、厚生省麻薬取締部に家宅捜索を受け、大麻や喫煙具などを押収される。同日任意で取り調べを受けるが、東京地検刑事部は11月15日に事案が軽微であるとして起訴猶予処分とした。このため、半年間の謹慎を余儀なくされる。
1978年 中島みゆき作詞、作曲による復帰作『かもめはかもめ』がヒット。日本歌謡大賞放送音楽賞、第20回日本レコード大賞金賞を受賞。また、同曲で第29回紅白歌合戦に2年ぶり2回目の出場。
1982年 『夏をあきらめて』(桑田佳祐作詞、作曲)で、第24回日本レコード大賞金賞、日本有線大賞有線音楽賞、全日本有線放送大賞優秀スター賞を受賞。同曲で第33回紅白歌合戦に出場。
1993年 声帯ポリープの手術。同年第44回紅白歌合戦に、『かもめはかもめ』で1986年の第37回紅白歌合戦以来7年ぶり11回目の出場(現在の処これが自身最後の紅白出演)。
研ナオコのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
研ナオコ 森茉莉
研ナオコ 殺虫剤
研ナオコ コーセー
研ナオコ 恋愛論
研ナオコ かもめのように
研ナオコ 泣き笑い
研ナオコ つんく♂
研ナオコ 高橋ジョージ
研ナオコ 小椋佳
研ナオコ クニ河内
研ナオコのつながりをもっと見る