Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

おさる


西村博之


きゃりーぱみゅぱみゅ


勝野洋


アントニオ猪木


横山由依


乃木坂46


渡辺徹_(俳優)


>>もっと見る

千葉真一 #空手道

ちば しんいち
千葉真一
千葉 真一(ちば しんいち、JJ Sonny Chiba, 1939年1月22日 - 2021年8月19日)は、日本の俳優・体操選手・空手家・歌手・芸能プロモーター・アクション監督・映画監督・映画プロデューサー・作詞家・作曲家・ナレーター・声優。愛称:千葉ちゃん。本名:前田 禎穂(まえだ さだほ)。 日本を代表する映画スターとして海外ではSonny Chiba(サニー ちば)の名で知られている。特技の器械体操や極真カラテ四段・少林寺拳法弐段・乗馬・スキーを活かした、アクロバティックなスタント・擬斗・殺陣には定評がある。吹き替えに任せず、自ら演じるアクションスターの元祖ともいえる存在で、これまで映画・テレビドラマ・演劇など、計1,500本以上の作品に出演。芸能生活は半世紀以上の60年を越え、ジャパンアクションクラブ (JAC) を設立して俳優・スタントマンを育成し、監督・プロデュースと幅広く活躍していた。



当時の千葉はブロマイドの売上げが俳優部門で4年連続No.1のアイドルでもあったが、過激なセリフに悩みながら「これまで良いと思ったものを全て捨てる」という姿勢で、サングラスを常時掛けて眼を隠し、唇を裏返しにして糊付けするなど、役柄にふさわしい演技・扮装を工夫した。
そして作り上げた大友勝利はシリーズ中1, 2を争う名キャラクターとして人気をつかんでおり、後のヤクザ映画でも「『仁義なき戦い』の千葉真一さんがやった大友勝利のような」と影響を与え続け、ヤクザ役のひな型となっている。
封切り公開されると千葉のイメージチェンジは話題となり、俳優座養成所1期生で千葉と何度か共演している岩崎加根子などからも絶賛され、それを聞いた千葉は「とても自信がついた。
悪役の妙味を知ることができ、実に大きなものを与えてくれた作品だった」と語っている。
大友勝利は人気キャラクターだけあって主人公にした企画が出され、『仁義なき戦い 頂上作戦』にも大友で出演する予定だったが、『広島死闘篇』と同時進行で『柔道一代シリーズ』以来、10年ぶりの格闘映画となる主演作品『ボディガード牙シリーズ』(1973年)の撮影に入り、続けて主演映画『殺人拳シリーズ』もクランクインしたため、『仁義なき戦いシリーズ』の再出演は実現しなかった。
これ以降は格闘映画で主演作品が製作されていき、学生時代から極真カラテを修行して、黒帯を允許された技量が生かされることとなった( ⇒ #空手道)。
2016/5/16(月)
当時の千葉はブロマイドの売上げが俳優部門で4年連続No.1のアイドルでもあったが、過激なセリフに悩みながら「これまで良いと思ったものを全て捨てる」という姿勢で、サングラスを常時掛けて眼を隠し、唇を裏返しにして糊付けするなど、役柄にふさわしい演技・扮装を工夫した そして作り上げた大友勝利はシリーズ中1, 2を争う名キャラクターとして人気をつかんでおり、後のヤクザ映画でも「『仁義なき戦い』の千葉真一さんがやった大友勝利のような」と影響を与え続け、ヤクザ役のひな型となっている 封切り公開されると千葉のイメージチェンジは話題となり、俳優座養成所1期生で千葉と何度か共演している岩崎加根子などからも絶賛され、それを聞いた千葉は「とても自信がついた 悪役の妙味を知ることができ、実に大きなものを与えてくれた作品だった」と語っている 大友勝利は人気キャラクターだけあって主人公にした企画が出され、『仁義なき戦い 頂上作戦』にも大友で出演する予定だったが、『広島死闘篇』と同時進行で『柔道一代シリーズ』以来、10年ぶりの格闘映画となる主演作品『ボディガード牙シリーズ』(1973年)の撮影に入り、続けて主演映画『殺人拳シリーズ』もクランクインしたため、『仁義なき戦いシリーズ』の再出演は実現しなかった。これ以降は格闘映画で主演作品が製作されていき、学生時代から極真カラテを修行して、黒帯を允許された技量が生かされることとなった( ⇒ #空手道)。
当時の千葉はブロマイドの売上げが俳優部門で4年連続No.1のアイドルでもあったが、過激なセリフに悩みながら「これまで良いと思ったものを全て捨てる」という姿勢で、サングラスを常時掛けて眼を隠し、唇を裏返しにして糊付けするなど、役柄にふさわしい演技・扮装を工夫した そして作り上げた大友勝利はシリーズ中1, 2を争う名キャラクターとして人気をつかんでおり、後のヤクザ映画でも「『仁義なき戦い』の千葉真一さんがやった大友勝利のような」と影響を与え続け、ヤクザ役のひな型となっている 封切り公開されると千葉のイメージチェンジは話題となり、俳優座養成所1期生で千葉と何度か共演している岩崎加根子などからも絶賛され、それを聞いた千葉は「とても自信がついた 悪役の妙味を知ることができ、実に大きなものを与えてくれた作品だった」と語っている 大友勝利は人気キャラクターだけあって主人公にした企画が出され、『仁義なき戦い 頂上作戦』にも大友で出演する予定だったが、『広島死闘篇』と同時進行で『柔道一代シリーズ』以来、10年ぶりの格闘映画となる主演作品『ボディガード牙シリーズ』(1973年)の撮影に入り、続けて主演映画『殺人拳シリーズ』もクランクインしたため、『仁義なき戦いシリーズ』の再出演は実現しなかった。これ以降は格闘映画で主演作品が製作されていき、学生時代から極真カラテを修行して、黒帯を允許された技量が生かされることとなった( ⇒ #空手道)。
当時の千葉はブロマイドの売上げが俳優部門で4年連続No.1のアイドルでもあったが、過激なセリフに悩みながら「これまで良いと思ったものを全て捨てる」という姿勢で、サングラスを常時掛けて眼を隠し、唇を裏返しにして糊付けするなど、役柄にふさわしい演技・扮装を工夫した そして作り上げた大友勝利はシリーズ中1, 2を争う名キャラクターとして人気をつかんでおり、後のヤクザ映画でも「『仁義なき戦い』の千葉真一さんがやった大友勝利のような」と影響を与え続け、ヤクザ役のひな型となっている 封切り公開されると千葉のイメージチェンジは話題となり、俳優座養成所1期生で千葉と何度か共演している岩崎加根子などからも絶賛され、それを聞いた千葉は「とても自信がついた 悪役の妙味を知ることができ、実に大きなものを与えてくれた作品だった」と語っている 大友勝利は人気キャラクターだけあって主人公にした企画が出され、『仁義なき戦い 頂上作戦』にも大友で出演する予定だったが、『広島死闘篇』と同時進行で『柔道一代シリーズ』以来、10年ぶりの格闘映画となる主演作品『ボディガード牙シリーズ』(1973年)の撮影に入り、続けて主演映画『殺人拳シリーズ』もクランクインしたため、『仁義なき戦いシリーズ』の再出演は実現しなかった。これ以降は格闘映画で主演作品が製作されていき、学生時代から極真カラテを修行して、黒帯を允許された技量が生かされることとなった( ⇒ #空手道)。
千葉真一のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
千葉真一 文化庁長官表彰
千葉真一 中島貞夫
千葉真一 日本刀
千葉真一 東映ニューフェイス
千葉真一 千葉真一 改め 和千永倫道
千葉真一 小林幸子
千葉真一 ハリウッド
千葉真一 堀田眞三
千葉真一 眞栄田郷敦
千葉真一 新田真剣佑
千葉真一のつながりをもっと見る