Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

三谷幸喜


設楽統


クロちゃん_(お笑い芸人)


くりぃむしちゅー


小林稔侍


尾野真千子


櫻井翔


日村勇紀


>>もっと見る

いかりや長介 加藤茶

いかりや ちょうすけ
いかりや長介
いかりや 長介(いかりや ちょうすけ、1931年11月1日 - 2004年3月20日)は、日本のコメディアン、俳優、ベーシスト、ミュージシャン。「ザ・ドリフターズ」(略称:ドリフ)の3代目リーダー。本名:碇矢 長一(いかりや ちょういち)。愛称は「長さん」。ドリフ時代初期は芸名をいかり矢 長介(読み同じ)としていた。ドリフ映画で使われる呼び名は「ゴリラ」「下唇」。東京府東京市本所区中之郷横川町(現在の東京都墨田区東駒形)生まれ。渡辺プロダクションを経てイザワオフィスに所属していた(他界した現在もイザワオフィス所属扱いとなっている)。身長175.2 cm。

f.hatena.ne.jp

kaijin-osuzu.blog.so-net.ne.jp

www.team-lens.com
  しかし1961年12月31日、巡業の往路で交通事故を起こし、「ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ」の所属事務所と関係が悪化する。
1962年、加藤茶と同時期に、小野ヤスシ、ジャイアント吉田らが在籍していた「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」に参加 のちに桜井が引退しリーダーがいかりやに交代し「碇矢長一とザ・ドリフターズ」にグループ名を改称。
しかしその後、諸事情から小野らは独立しドンキーカルテットを結成してしまう。
『全員集合』の打ち合わせは2日前の木曜日に行われていたが(これを木曜会議と言う)、いかりやを中心にネタが決められていて、いかりやがネタを思いつくまで皆が黙っていることが多かった。
他の作家がアイデアを出しても、「つまらねぇ」と却下することも多かった。
この事について「彼らのネタは机上でしか考えてないようだったり、面白くてもドリフではできない内容ばかりだった。
」と著書で述べており、加藤茶も後に「作家が考えたネタより、自分達で考えた方が観客には受けた。
」とコメントしている。
当時、駆け出しだった高田文夫は『全員集合』のスタッフとして参加していたが、打ち合わせ時の、あまりにも静かで重い空気に耐えられず、逃げ出した経緯をスポーツ紙の連載に記している。
2018/4/17(火)
   
いかりや長介のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
いかりや長介のつながりをもっと見る