Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

古坂大魔王


及川光博


成宮寛貴


坂上忍


松井秀喜


森本龍太郎


日村勇紀


杉本彩


>>もっと見る

ザ・ドリフターズ ブルース・リー

ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ
ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動した。現在は、グループで活動することはほとんどない。

amass.jp

live.nicovideo.jp

sp.mainichi.jp
元付き人・見習い。
幻のドリフ第六の男。
日劇でのドリフ公演では、すわを含めた6人構成のコントが披露されていた。
1970年頃、加藤の運転手として採用され、1972年頃にそれから付き人に昇格。
『(荒井時代の)全員集合』に志村より先に出演し、「奇声を上げながらやたら走りまくったあげく加藤のクシャミでズッコケるブルース・リー」役で笑いを取る。
グループ内の音楽では、ドラムを担当することもあった。
結果としては先輩に当たる志村がドリフに加入することとなった。
その後、正メンバーになることなく1985年にドリフを辞める。
いかりやは、メンバー昇格を延ばし延ばしにした結果すわを脱退に追い込んでしまったと悔やみ、その才能を惜しんでいた。
ドリフ脱退後は一時サラリーマン生活を送る。
1990年に政治風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」に参加し、中心的な存在となるが脱退 その後は、ソロライブや松崎菊也、石倉直樹とコント公演「はだかの王様」や沢田研二主演の音楽劇に出演するなど、地道ながら精力的に活動を続けている。
1969年10月4日、居作昌果の誘いにより『8時だョ!全員集合』放送開始。
コント55号を人気の面で圧倒し、ドリフは一躍お茶の間の人気者となったと同時に、全員集合は低俗番組のレッテルを貼られ、ドリフは人気と引き換えにPTAと地婦連から目の仇にされる。
この番組を見ていたお笑い好きのバンド青年、諏訪園親治が1970年に加藤の運転手として加入、2年後に見習いとして全員集合に出演。
1973年秋、荒井が体力の限界を理由に脱退宣言(綱木に次いで2人目の新生ドリフメンバーの脱退)。
志村が荒井の後釜として見習いとなる。
荒井の後釜選びのとき、加藤がいかりやに志村を推薦し、悩んでいたいかりやも付き人の中で最も才能のある志村を選んだ。
ファンは「荒井の後釜はすわである」と思っていた人が多く、当時無名の志村が後釜ということで違和感を覚えた人が多かった。
当時のすわは付き人の中で最も世間に顔が売れており、かつ全員集合ではブルース・リーのものまねにより人気が出ていた。
2018/10/31(水)
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
ザ・ドリフターズのつながりをもっと見る