Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

三谷幸喜


設楽統


クロちゃん_(お笑い芸人)


くりぃむしちゅー


小林稔侍


尾野真千子


櫻井翔


日村勇紀


>>もっと見る

大山のぶ代 直腸癌

おおやま のぶよ
大山のぶ代
大山 のぶ代(おおやま のぶよ、1933年10月16日 - )は、日本の女優、声優、歌手、タレントである。本名、山下 羨代(やました のぶよ)。旧姓、大山。テレビ朝日版『ドラえもん』で、ドラえもん役を26年担当。アクターズ・セブン所属。夫はタレントで『おかあさんといっしょ』初代「体操のお兄さん」の砂川啓介。

2r.ldblog.jp

www.maniado.jp

www.actors7.jp
  2001年に直腸癌が発見され、手術で除去した際に悪性であることが発覚した。
その際に長期入院が必要となったためすべての取材と出演の仕事をセーブしたが、子供たちに夢をどうしても与えたいという強い思いからドラえもんのアフレコの仕事のみ一切休むことなく体調の様子を見ながら、退院までの間アフレコに必要な機材を病院内に持ち込んだ上で、スタッフに見守られながら病室で収録に挑み、見事にいつもどおりのドラ声を演じきったという。
またこの入院を期にドラえもんの声の勇退を決意する。
しかし長年支えてきたスタッフの慰留やドラえもんというブランドの多大なる影響もあり2001年度ですぐに降板することはできず長期的に極秘で話し合いを行った結果、最終的には退院・完治後の4年後となる2005年の降板となった。
2018/4/21(土)
   
大山のぶ代のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
大山のぶ代のつながりをもっと見る