Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

B'z


ビートたけし


えなこ


中条あやみ


柏原収史


ゴールデンボンバー_(バンド)


長嶋茂雄


香川真司


>>もっと見る

宇多田ヒカル バーナード・カレッジ

うただ ヒカル
宇多田ヒカル
宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年1月19日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。本名、宇多田 光(うただ ひかる)。愛称はヒッキー(Hikki)。ニューヨーク州出身で、デビュー当時はアメリカと日本の二重国籍だったとされるが、自身は生粋の日本人と公言している。。1996年から2002年にかけて起きた日本のR&Bの流行に対して非常に大きく寄与した。日本の音楽史上、最多の売り上げを記録した『First Love』を筆頭に、オリジナルアルバム歴代売上の上位トップ2を独占している。デビュー年の1998年から2006年まで8年近くもの間、継続的にヒット曲を連発し、バラエティ番組出演などのマスメディアを用いたプロモーション活動も頻繁に行ったため、音楽と疎遠な人々の間でもその名を知らない者は少ない。日本におけるR&Bの流行が過ぎ去った後も10年以上J-POPのカリスマとして表舞台に立ち続けており、世間からの高い注目度を保っている。

jpopcdcovers.wordpress.com

matome.naver.jp

ticketcamp.net
2000年、NHK放送文化研究所が実施した「好きなタレント調査」において調査開始以来初のケースとなる圏外からの一気に1位(女性タレント部門)を獲得した。
『第72回選抜高等学校野球大会』入場行進曲に「First Love」が使用された。
5thシングル「Wait & See 〜リスク〜」、6thシングル「For You/タイム・リミット」を発表(「タイム・リミット」はTAKURO(GLAY)との共作) 7月から8月にかけて初の全国ツアー『BOHEMIAN SUMMER 〜宇多田ヒカル Circuit Live 2000〜』を開催 9月にはコロンビア大学(バーナード・カレッジ)へ入学した。
2001年、7thシングル「Can You Keep A Secret?」を発表し、主題歌となったドラマ『HERO』にカメオ出演した。
3月28日に発売した2ndアルバム『Distance』は浜崎あゆみのベスト・アルバム『A BEST』と同日発売であったことから大きな話題を呼んだ 初週売上枚数はオリコンアルバムチャート歴代1位となる300万枚を記録した。
7月25日にはアルバム『Distance』の表題曲をアレンジした8thシングル「FINAL DISTANCE」を発売 映画『ラッシュアワー2』(Rush Hour 2)サウンドトラックに「Hikaru Utada feat. Foxy Brown」名義で「Blow My Whistle」を提供 MTVジャパン初制作となる『MTVアンプラグド』に出演した。
TezukaOsamu@Cinemaで配信されたインターネットアニメ『ブラック・ジャック』においてピノコ役に起用された。
アメリカのニュース雑誌『TIME』アメリカ版の2001年9月15日特別増刊号「Music Goes Global」でU2のボノ(Bono)、ビョーク(Björk)らとともに表紙を飾り、アジア版12月17日号では単独で表紙を飾った。
11月28日には9thシングル「traveling」とライヴDVD『Utada Hikaru Unplugged』を同時発売した。
2019/1/27(日)
宇多田ヒカルのつながりをもっと見る
スポンサードリンク
宇多田ヒカルのつながりをもっと見る