Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

ゆず_(音楽グループ)


石倉三郎


乃木坂46


余貴美子


Dragon_Ash


橋下徹


スキマスイッチ


田村正和


>>もっと見る

寺尾聰 石原裕次郎

てらお あきら
寺尾聰
寺尾 聰(てらお あきら、1947年5月18日 - )は、日本のベーシスト・シンガーソングライター・俳優。神奈川県横浜市保土ケ谷区出身。目黒区立第十中学校、和光学園、法政大学第二高等学校、文化学院卒業。所属事務所はホリプロダクション→石原プロモーション→寺尾音楽事務所(自らの個人事務所)。父は俳優の宇野重吉。

www.universal-music.co.jp

www.red-hot.ne.jp

www.amazon.co.jp
1947年5月18日に寺尾家の末っ子として産まれる。
少年期に洋楽に憧れ、エレキギターを入手して独学で練習。
その当時影響を受けたミュージシャンの一人にリッキー・ネルソンを挙げている。
1965年に奥島吉雄らとカレッジ・フォーク・グループ「ザ・サベージ」を結成し、ベースギターを担当した。
新興の芸能事務所・ホリプロダクションに所属し、1966年に「いつまでもいつまでも」でレコードデビュー、この曲と2枚目の「この手のひらに愛を」が大ヒットするが、すぐにグループを脱退した。
1968年、三保敬太郎を中心としてザ・ホワイト・キックスというグループ・サウンズに参加、シングルを1枚出して解散した。
同年には、石原裕次郎製作・主演の映画『黒部の太陽』で俳優デビューした。
1981年には、ヨコハマタイヤのCM曲だった「SHADOW CITY」に続き「ルビーの指環」が大ヒットし、「ルビーの指環」は第23回日本レコード大賞・FNS歌謡祭'81グランプリを受賞した。
さらに、TBS『ザ・ベストテン』では、「ルビーの指環」「シャドー・シティ」「出航 SASURAI」が3曲同時にベストテンにランクインされ、「ルビーの指環」12週連続1位の栄誉を讃えた真紅の記念シートも設置された。
大ヒットした「ルビーの指環」は、石原プロの関係者に聴かせたところ、「こんなお経みたいな曲が売れるわけがない」と専務の小林正彦が難色を示したが、社長の石原裕次郎の「いいじゃないの」の一言でレコード化が決定したという逸話がある。
これを含め、全曲を自らが作曲したアルバム『Reflections』は、当時のアルバムセールスを更新する(164万枚 井上陽水の『氷の世界』の売り上げ記録を8年ぶりに更新し、以後1990年に、松任谷由実『天国のドア』に破られるまでトップであった)空前の大ヒットとなり、本格的に音楽活動を再開した。
「ルビーの指環」の大ヒットを受けて行われた、翌年の全国ツアーの序盤、「貯金箱を壊してコンサートの切符を買いに来たのに、入場できなかった子供がいた」ということを聞いた寺尾は激怒した。
これにはツアーの開始前に「今回は曲とアルバムのヒットでの、ファンに対するお礼を込めたツアーなので、マスコミ取材陣の席はない」と約束していたが、入れないファンが大勢いたにもかかわらず取材陣用の席が多く余っていたことに対するものであった。
ツアーに込めていた思いを踏みにじられた寺尾は、スタッフに対しての不信感を募らせ、以降の一切のマスコミ取材を拒否し、所属する石原プロはその対応に追われた。
興行としてのコンサートという石原プロとの考え方の相違もあり、石原プロ首脳(小林専務)と寺尾との関係が悪化した。
また同時期に、かねてから役者としての活動フィールドを、石原プロが得意とするアクション物(刑事物)から人間の内面を演じる文芸作品に移したいと考えていたこともあり、これを機に石原プロから離脱することになった。
しかし、父の宇野重吉と石原裕次郎は昵懇の仲であり、石原プロ離脱後も石原個人との感情的な溝はないという。
『西部警察』での殉職について、1981年「ルビーの指環」の大ヒットによりコンサートツアーなど歌手業が忙しくなってドラマ撮影との両立が難しくなり、石原裕次郎が「寺尾君は自由にしてあげよう」という考えから西部警察から外れることになった。
どういう形で外れるか多数の案があったが、これまで何度も怪我を負ってきた役だったからという考えから最後は華々しく殉職という形に決まったという。
後年に発売された写真集には大抵初代150型プレジデントの前で機関銃で撃たれている際の写真が掲載されている。
2018/7/14(土)
寺尾聰のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
寺尾聰のつながりをもっと見る