Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

みのもんた


西田敏行


西野カナ


乃木坂46


CHAGE_and_ASKA


中条あやみ


藤圭子


美川憲一


>>もっと見る

蛭子能収 イワモトケンチ

えびす よしかず
蛭子能収
蛭子 能収(えびす よしかず、1947年10月21日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター、タレント、エッセイスト、ギャンブラー、俳優、映画監督。ファザーズコーポレーション所属。長崎市立長崎商業高等学校卒業。主な著作に『地獄に堕ちた教師ども』『私はバカになりたい』『家族天国』『ヘタウマな愛』『こんなオレでも働けた』『ひとりぼっちを笑うな』など。

matome.naver.jp

girlschannel.net

girlschannel.net
  影響を受けた漫画家につげ義春、花輪和一、渡辺和博、平口広美、湯村輝彦、山森ススム、辰巳ヨシヒロを挙げている。
『ガロ』の後輩漫画家である平口広美とは古くから交流を持っており、かつて所沢航空記念公園で蛭子チームと平口チームに分かれて根本敬、近藤ようこ、友沢ミミヨ、杉作J太郎、原律子、イワモトケンチらと共に漫画家野球対決も行っていた。
また特殊漫画家の根本敬とは2008年に「蛭子劇画プロダクション」という漫画共作ユニットを結成し、それぞれの画風・作風を真似て競作するなど関係は深い(ただし蛭子は根本の漫画を「読んでくれてない」そうだが) ちなみに平口広美が監督したアダルトビデオ『オジさんは泣いてます』(ビップ 1992年9月)には根本敬と共に友情出演したこともある。
蛭子は根本敬の出版記念パーティーで手土産に「トランクス1枚と72分の生カセットテープ2本」を持参してきたことがある。
これについて根本は「あれは無意識の内に俺への評価をしてるんだと思うんだよ、蛭子さんにとって俺はトランクス1枚と72分の生カセットテープ2本程度の男なんだよね それ以上でも以下でもない」と分析している。
2018/2/21(水)
   
蛭子能収のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
蛭子能収のつながりをもっと見る