Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

笑福亭鶴瓶


NGT48


爆笑問題


タモリ


真野恵里菜


KinKi_Kids


千原ジュニア


嵐_(グループ)


>>もっと見る

蛭子能収 男の墓場プロダクション

えびす よしかず
蛭子能収
蛭子 能収(えびす よしかず、1947年10月21日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター、タレント、エッセイスト、ギャンブラー、俳優、映画監督。ファザーズコーポレーション所属。長崎市立長崎商業高等学校卒業。主な著作に『地獄に堕ちた教師ども』『私はバカになりたい』『家族天国』『ヘタウマな愛』『こんなオレでも働けた』『ひとりぼっちを笑うな』など。

matome.naver.jp

girlschannel.net

girlschannel.net
寂しさのあまりマネージャーや周囲の女性に必死でアプローチをかけたが、すべて失敗したという。
その2年後の2003年4月に雑誌『女性自身』のお見合いパーティー企画で19歳年下の女性と知り合い、3年半に及ぶ交際の末、2007年1月に再婚。
再婚を機に、それまで住んでいた埼玉県所沢市を離れ新居を構えた。
この再婚相手の女性の娘は「蛭子さんの娘」としてテレビにも出演している(また後輩漫画家の杉作J太郎率いる男の墓場プロダクション製作の映画にて「希和」の芸名で女優デビューも果たしている)。
2019/8/11(日)
蛭子能収のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
蛭子能収のつながりをもっと見る