Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

松本潤


的場浩司


西田ひかる


はるな愛


鈴木紗理奈


浜田雅功


長瀬智也


中山エミリ


>>もっと見る

アントニオ猪木 清沢哲夫

アントニオ いのき
アントニオ猪木
アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 - )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。日本を元気にする会所属の参議院議員(2期)、日本を元気にする会最高顧問。本名:旧リングネーム:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン」。プロレスラー現役時代は新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。

twitter.com

cinema-magazine.com

syakkinlabo.com
1998年(平成10年)、沖縄県豊見城村(現・豊見城市)内の平仲信明のジムで現役生活最後のキャンプ、3月22日愛知県体育館で角田信朗と公開スパー、4月4日東京ドームにおける引退記念イベント「ファイナルイノキトーナメント」で行われた引退試合で、小川直也らと対戦し勝ち上がってきたドン・フライと対戦、グラウンド・コブラツイストで勝利し引退した。
引退の際には「この道を行けばどうなるものか」で始まる「道」の詩を諳んじるスピーチを行った猪木は一休の言葉として紹介したが、実際には、文言に多少の相違はあるものの、もとは清沢哲夫の「道」という詩であったと見られる。
この「道」のセリフは、後に盛んに春一番らがものまねの対象にしている。
2020/8/1(土)
アントニオ猪木のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
アントニオ猪木のつながりをもっと見る