Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

西村博之


佐野ひなこ


木村祐一


緒形拳


浜崎あゆみ


せいや


萩本欽一


いかりや長介


>>もっと見る

アントニオ猪木 拉致問題

アントニオ いのき
アントニオ猪木
アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 - )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。日本を元気にする会所属の参議院議員(2期)、日本を元気にする会最高顧問。本名:旧リングネーム:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン」。プロレスラー現役時代は新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。

twitter.com

cinema-magazine.com

syakkinlabo.com
2013年7月に26回目の訪朝をして北朝鮮政府の要人と会談をした猪木は、帰国後に日本外国特派員協会で記者会見を開き、拉致被害者名簿の信頼性や拉致問題を国際社会に訴えて解決することについて疑問を抱いていること、「拉致が解決したら、我々は幸せになれますかね?」と発言して独自の見解を示した。
ただし、拉致問題の解決に否定的なわけではなく、SAPIO2015年2月号のインタビューでは「拉致問題担当大臣が10人以上も代わっているようでは、北朝鮮側もまともな交渉をすることはできない」「必要があるのなら、朝鮮労働党幹部と信頼関係を築いてきた私をいつでも使えば良い 選挙で拉致問題のパフォーマンスをしている議員とは違い、自分は命がけでやる」とし、2016年9月の31回目の訪朝中には現地の日本人女性3人と接触し「八十何歳とお年を召されている。
そういう方々の『故郷に帰りたい』という夢を実現させたい 帰国できるように呼びかけていきたい」とも述べているライブドアニュース。
2020/8/1(土)
アントニオ猪木のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
アントニオ猪木のつながりをもっと見る