Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

夏八木勲


ポルノグラフィティ


千鳥_(お笑いコンビ)


音尾琢真


中川家


Aiko


AKB48


日本エレキテル連合


>>もっと見る

アントニオ猪木 世界ヘビー級王座

アントニオ いのき
アントニオ猪木
アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio Inoki, 1943年2月20日 - )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。日本を元気にする会所属の参議院議員(2期)、日本を元気にする会最高顧問。本名:旧リングネーム:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン」。プロレスラー現役時代は新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。

twitter.com

cinema-magazine.com

syakkinlabo.com
1995年(平成7年)4月平和のための平壌国際体育・文化祝典で猪木は当初、前年46歳の誕生日数か月前にWBA・IBF世界ヘビー級王座獲得したジョージ・フォアマンとの対戦を希望したがフォアマンは「とんでもない 北朝鮮になど行かない 俺は第一に愛国者、第二にボクサーだ わが国が北朝鮮と外交関係を持っていない以上、俺がそこに行くなんてありえない」と拒否 1974年キンシャサの奇跡で最初に世界王座君臨していたフォアマンをKOして世界王座奪取し1976年猪木と対戦したアリが来賓として参加、猪木自身はシングルマッチ 20分1本勝負リック・フレアーに完勝 12月30日、大阪城ホールにて自主興行「INOKI FESTIVAL」を開催。
1996年(平成8年)11月3日には以前自身が平壌での対戦を熱望したフォアマンが来日し、東京ベイNKホールで行われたWBU世界ヘビー級王座戦で判定勝ち。
猪木は二宮清純と共にTBSテレビの解説を務めた。
* 3月6日、新日本プロレスの旗揚げ戦においてカール・ゴッチに敗退。
* 10月4日、カール・ゴッチを破り、世界ヘビー級王座を獲得。
* 10月13日、坂口征二と組み、ルー・テーズ&カール・ゴッチと90分3本勝負で対戦、2-1で勝利。
* 12月10日、ジョニー・パワーズを破り、NWF世界ヘビー級王座獲得。
ルー・テーズとのNWF世界ヘビー級王座戦でフィニッシュとして使用していた。
2021/4/30(金)
アントニオ猪木のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
アントニオ猪木のつながりをもっと見る